みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

明治維新から太平洋戦争ころまでの歴史小説を教えて下さい

最近、明治維新から太平洋戦争ころまでの時代にとても興味があります。
この時代が舞台のおすすめの歴史小説がありましたら教えて下さい。
特に大正時代が描かれている小説を読んでみたいのですが、
大正~昭和初期が舞台の歴史小説がみつからないのです。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-06-25 00:55:03

QNo.1471529

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 城山三郎著『男子の本懐』(新潮文庫)

 昭和5年に実施された金解禁に命をかけた時の総理大臣浜口雄幸と蔵相井上準之助を描いた作品。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101133158/249-7109800-7125154

投稿日時 - 2005-06-25 03:27:41

お礼

どうも有難うございました。
「男子の本懐」はタイトルだけ知っていたのですが、この時代が背景とは知りませんでした。
早速、読んでみたいと思います。

投稿日時 - 2005-06-25 16:35:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

有名作品過ぎるかもしれませんが、司馬遼太郎の「坂の上の雲」はいかがでしょうか。

私の偏った私見かもしれませんけど、この作品に限らず司馬遼太郎の存在は将来的にはこの日本を代表する「文豪」になっていっても別におかしくはないと思います(夏目漱石はそれなりに凄いと思うけど、その対極とされる森鴎外は世界的な視野で見た場合かなり落ちると思う)。

少子高齢化など様々な理由からおそらくこの日本の将来は(大なり小なりの)「多民族化」は避けられないと思います。あと100年もすれば(フランスなどのように)目や肌の色が違う日本人が出てきてもおかしくはないのではないでしょうか。そしてそのような状況に陥った時、「日本人とはなんなのか?…俺たちっていったい?」みたいな感じで司馬遼太郎とその作品群が再評価されると思っています(微笑)。

投稿日時 - 2005-06-25 18:20:49

お礼

どうも有難うございます。
実は「坂の上の雲」は以前に読んだことがありました。
(すみません・・・質問欄に書いておかなくって・・・)
この本は私も大好きで司馬遼太郎の作品の中でも一番好きです。
おっしゃるとおり司馬遼太郎の作品は日本人の美点を思い出させてくれるとても素晴らしい作品ばかりだと思います。

投稿日時 - 2005-06-25 22:41:02

あなたにオススメの質問