みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

修学旅行での没収品、一週間後に親が受け取りに行くって…

先日修学旅行から帰宅した中3の息子が、新幹線の中でmp3を没収されました。

先生から「迷惑をかけてごめんなさい」は!?と言われた際に「一人で静かに音楽を聴いていただけで誰にも迷惑をかけていない。もし、バスの中だったならば、ガイドさんの話を聞くのに不都合があったかもしれないが。」と謝罪を拒否したそうです。

そうしたら帰宅時に返してもらえず、一週間後に親が受け取りに行くんだそうです。

(1)
没収品を一週間も返さない権利が学校にはあるのでしょうか?
また、そんなことで親が受け取りに出向く必要もあるのでしょうか?

(2)
『持っていってはいけないもの』の基準ってどこにあるのでしょうか?

今回のmp3は“電化製品”に含まれるのでいけないそうです。
また“トランプ”はOKなのに“花札”はダメ。
「ドライヤーはOKだがヘアアイロンはダメ」とか、肩に斜めかけするタイプのリュックはダメとか、くるぶしソックスはだめ、等々理不尽なことがたくさんありました。
・斜めかけリュックで来た子は没収され、その子の荷物は班の子達のリュックに少しずつ入れたそうです。
いけない理由は「ちゃんと歩けないから」とのことでしたが、何の不都合もなく歩けますが…??
・くるぶしソックス、いけない理由は「危ないから」。履いてきた子は脱がされて裸足で歩いたそうです。こちらの方がよっぽど危ないのではないでしょうか??

まだまだ他にも日常の学校生活でも理不尽な規則で何でもかんでもギュウギュウに押さえつけられているように感じて仕方ありません。

一週間後に受け取りに行った際には謝罪するつもりは全くなく、逆に上記のように感じていることを話してこようと考えています。
(一週間取り上げられたまま、ということにも納得できませんが。)

皆さまのご意見をお聞かせ頂けますよう、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-05-30 02:39:11

QNo.1418178

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

299人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(109)

ANo.109

ダメなものはダメ
ルールがあるのだから仕方ありません

投稿日時 - 2014-01-06 06:04:56

ANo.108

そういうルールだったなら仕方がないのかと思います。

投稿日時 - 2014-01-06 05:18:55

ANo.107

学校なのでしょうがないのだと思います。

投稿日時 - 2014-01-06 05:10:08

ANo.106

ルールとして決まっていることだからしかたありません

投稿日時 - 2014-01-06 01:05:10

ANo.105

ルールが最初から決まってたならそれに従わなければならないでしょう。

投稿日時 - 2014-01-05 20:56:52

ANo.104

残念ながらルールはルールです。
これも風紀を守る為です。
真に不必要ならルールも変わるはずです。

投稿日時 - 2014-01-04 19:48:27

ANo.103

ルールはルールです

投稿日時 - 2014-01-03 00:27:53

ANo.102

よくあることです

投稿日時 - 2014-01-01 12:50:36

ANo.101

集団行動には厳格なルールが必要です。

投稿日時 - 2013-12-31 01:35:32

ANo.100

そういうことはよくありますよねー
でもしょうがないと思いますよ学校が決めた決まりなので

投稿日時 - 2013-12-29 12:06:26

ANo.99

理不尽と思うのは当然だと思います。確かにその学校のルールを拝見する限りでは到底納得は出来ないですよね。
しかし、集団生活や社会で生きていくには、万人に納得のいくルールなどは存在してないのも、残念ながら現実です。僕が中学生の時は男子が丸刈りが校則でした。理由など考える余地もなく。しかし、社会へ出れば、そういう理に叶わないと思うルールだらけです。
僕としてはやはり、。今の厳しい現代社会を生き抜く為にも規則を守り、集団生活に適応する。を学生時代に鍛えて欲しいと思います。
ありきたりな大人の考えかと思いますが、僕の生きてきた人生ではそれがベストだと思います。

校則を力で変える事が出来る位の人脈、知識、パワーがあれば学校に反旗を翻すのもありだと思います。自分の信念はまげず生き抜く事は素晴らしい思いますし。そういう資質があれば社会で活躍できます。

選択としては
1、校則に従い、ルールの範囲内で学校生活を楽しむ

2、自分の理屈で親に迷惑をかけてでも自分のやりたいように学校生活を送る。
3、不平不満をもつが、バレない程度に学校生活を送る。
4、学校に異議申し立てを行い、訴えていき、改革を促す。


選択はあなたの自由です。

投稿日時 - 2013-03-03 20:35:12

ANo.98

MP3は携帯みたいなものですなぁ~

投稿日時 - 2008-08-21 00:11:46

ANo.97

(1)については、学校に直接聞くなりしたほうがいいかと思われます。

(2)については、学校しだいでしょうね。
mp3プレイヤーは家電製品なのは明らかなのでダメでしょうね。

その他挙げられている例なんですが、それなりに理由があると思いますので、私が想像したなりの例を挙げてみました。

・トランプOK 花札NG
トランプに比べ花札のほうがギャンブル的イメージが強いからダメなのではないでしょうか?トランプもカジノ等で使われますが、イメージの強さとしてはゲームとしてのイメージのほうが強いと学校側が捉えている程度のことでしょう。
学校側の基準ということです。

・ドライヤーOK ヘアアイロンNG
ドライヤーは温風程度ですがヘアアイロンは高熱になるため火傷の可能性が高くなるからダメだったり、電池式ドライヤーは余り無いですが、ヘアアイロンは電池式のものも多くかばんの中でスイッチが入ってしまい荷物が焦げた事故があったとか・・・。(私の出身校での出来事です^^;)

・普通のリュックOK 斜め掛けNG
斜め掛けするタイプのものは荷物の重みが片側にかかるため背骨が歪む、無意識のうちに体を傾けて歩く人が居るという理由で修学旅行に限らず禁止している学校があるようです。
「ちゃんと歩けないから」というのは、おそらく後者ではないかと。

・くるぶしソックスNG
え~とこれは、普通のものに比べて肌が露出する部分が増えるので危険度は確かに増しますね。
ただ、脱がせて歩いたらかえって危険ですよねぇ・・・理由は正しいけど措置が間違っているといったところでしょうか。


大体こんな感じでしょうか。
結局は学校側が決めることなので、説明会等で疑問に感じたらPTA総会で議論し学校に訴えるなど、事前にしておくべきでしょう。
してないなら、従うしかないです。

理不尽でもルールはルールですので、破ったら謝罪が必要です。

投稿日時 - 2008-05-13 14:27:55

ANo.96

この方は、いわゆる『モンスターペアレント』ですね★

校則はルールです!
ルールは、守るものですよ。決められたものに従いましょう!

2005年の書き込みですが、2008年になった今でも、考えは変わってないのでしょうかwww
気になりますねぇ~♪♪♪

投稿日時 - 2008-04-30 23:27:43

ANo.95

「mp3を持っていかない」
あたりまえですよ!!!
中1の私でもわかりますよ!!!
遊び道具を持っていっていいなんて保護者のあなた、言われたことありますか?
教育のためにやっていることです。
理解しましょう。

投稿日時 - 2008-04-11 22:02:04

ANo.94

私は、今年高校に入学します。
高校生の立場から言わせてもらうと確かに
校則などは少し嫌な気持ちです。

しかし、校則などがあるからこそ
学校生活を楽しむことができるのではないでしょうか?

校則を破った者にはそれなりに責任をとってもらう。
それは常識です。

高校生の私から言わせてもらっても
あなたの考えはおかしい。あなたは
間違っています。

考えを改めてみてはどうでしょうか?

学生のくせに生意気な事言って申し訳ありません。

投稿日時 - 2008-03-18 19:07:08

ANo.93

失礼だと思いますが、言わせてもらいます。

正直あきれてものが言えません。現在話題になっているmonster parents、私は耳に挟んだことがあるだけで、こんな親本当にいるのか!?なんて思っていましたが、いましたね。

恥ずかしいと思わないのですか?大の大人が権利だの自由だの喚き散らすなんて。もし自分の親がこのような親なら失望を隠しきれません。

学校で決められていることに疑問を抱くことは致し方ないと思います。私も学生時代、理不尽だなぁと何度も思いました。しかし、親がそれを思ってはいけないと思います。くるぶしソックスにしろ、ポータブル音楽プレイヤーにしろ、何かしら理由があって禁止にしているはずです。

おそらく、くるぶしソックスは学校に流行のファッショングッズなどを持ち込ませないため。学校にそのようなものが氾濫すれば、やれ行儀が悪いだのみっともないだの言い出すのは結局あなたがた親なんですよ。

また、子供のミスは親が補い、責任を取るもの。いつの時代だってこれは常識です。にもかかわらず、親自ら取りに行くのがイヤ?責任は取りましょうよ。一番恥ずかしい思いをするのは子供ですよ。「先生、今日お母さんは学校に行きたくないと言っています。すいません。」とでも子供に言わせるつもりですか?どっちが子供かわかりませんね。

勉強がどうとか、受験がどうとかおっしゃる前に、まず社会の常識を親の背中を持って教えるべきではないのですか?

勉強を押し付けても子供というのは頭良くなるわけではありません。有名私立大学に入ったとしても人間的に、社会的にできた人間、仕事ができる人間にもなれません。私は自分の親を尊敬し、自分の親のようにいずれ生まれてくる子供を育てたいと思っています。あなたも子供にそう思われることを期待します。


乱文失礼しました。

投稿日時 - 2007-10-20 19:26:43

ANo.92

>まだまだ他にも日常の学校生活でも理不尽な規則で何でもかんでもギュウギュウに押さえつけられているように感じて仕方ありません。

>一週間後に受け取りに行った際には謝罪するつもりは全くなく、逆に上記のように感じていることを話してこようと考えています。
>(一週間取り上げられたまま、ということにも納得できませんが。)

親として、恥ずかしい人間だと思いなさい。
そんなことでは、子供もまともに育ちませんし、(あなたも、そうやって育てられた子供も)生きているだけで周りに迷惑を与えます。


「○○はいけない」という規則に対し、それは何故でしょうと、考えることは非常に大事です。ですから、それに疑問を持たれたあなたは、是非それを解決するよう、学校に問いかけてみてください。

ただし、規則というのは、それが存在している期間は、その理由に問われず守らなければならない事項です。それが規則です。
何故それがあるのか分からない、反対だなどと意見を述べることが出来るのは、規則を守った人間のみです。


あなたはその資格がない。まずは学校に謝罪し、子供の頭にいっぱつなぐってやらんといかん。

その後で、その規則の必要性や存在理由を納得いくまで議論すれば良い。



愚か者に何を言っても無駄だとは思いますが、まだ、こういった場所で質問するだけ救いがある。
そう思って回答していますから、真剣に読み、考えなさい。

投稿日時 - 2007-09-04 11:51:03

ANo.91

少数派の意見になると思いますが、禁止にしていること自体がおかしい。一般社会の常識では考えられません。相手を子供と見ると締め付けたくなるのでしょうかねぇ。訝しいです。

「花札=ギャンブル」ですか?なら「トランプ=ポーカー」でしょう。ヘアアイロンが危険だから禁止するなど、精神が異常としか思えません。

ところで気になるのですが、mezoforuteさん、ちゃんと読んでいますか?読んでいたらお返事お願いします。読んでいないと思うと、これ以上自分の考えを纏めて書いてみたところでむなしくなります。自分の考えには自信はあります。お返事頂けたらまた書きます。

投稿日時 - 2007-08-31 19:22:27

>没収品を一週間も返さない権利が学校にはあるのでしょうか?

私学だとしたら、学校にある程度任せるという暗黙の了解のうちに入学しているはずです。
公立には、そんな”権利”はありません。しかし、教育です。子供たちにまっすぐに育ってもらいたいと思っているのが学校です。そのためにそういう方針を採っているのでしょう。貴重品を一週間も管理するのは、学校側だって負担があるし、保護者を呼んで指導するのも教師の貴重な時間を割かれるということになります。しかし、学校として、その指導は必要だと考えているからそのような方法を取るのです。

>“トランプ”はOKなのに“花札”はダメ

現実問題としてギャンブル色が強く感じられるからです。
子供たちにそんなつもりは無くても、花札=ギャンブルと考える大人たちは少なくありません。それに伴ういろんなリスクがあります。

>ドライヤーはOKだがヘアアイロンはダメ

まず第一に危険だからでしょう。やけどの恐れが大きいです。
それと、ドライヤーがOKと言っても、それは髪の毛を乾かすのが目的であって、髪の毛のセットのためではないはずです。

>肩に斜めかけするタイプのリュックはダメ

きっと以前にトラブルがあったのでしょうね。OKにしてしまうと学校が想定している危険な形状の物を持ってくる人が出てくるのだと思います。

>くるぶしソックス、いけない理由は「危ないから」

ソックスが引っかかって危険なものに参加することがあるのでしょうか?
しかし、もし事前に禁止されていたなら、禁止されている格好をしてくるのは不注意すぎます。

>謝罪するつもりは全くなく、逆に上記のように感じていることを話してこようと考えています。

息子さんが受けた注意と、その他の規則は無関係ですよね?
ルールに柔軟性が無い部分もあるでしょうし、納得できないルールについては抗議してもいいと思いますが、
mezoforuteさんがどの部分を納得できていないのかがわかりにくいです。

息子さんは謝罪を拒否したそうですが、その拒否の理由をmezoforuteさんは納得されているのでしょうか?
息子さんがMP3プレイヤーを持っていっていた、使っていたことは叱られて当然だと思いますか?思いませんか?
その後の、返却まで時間がかかることに納得できないのですか?

と、既にご本人は見ていないのでしょうか・・・・。

投稿日時 - 2007-08-16 21:19:08

ANo.89

私が中学時代の修学旅行での話です。お小遣いが五千円と言う上限が有ったにも拘らず、守らない人が半数以上居て… その事自体もかなりショックでしたが、中には(中学生なのに)七万円以上のお小遣いを持って行った人も居たのには吃驚しました。きちんとお小遣いの上限を守った人の中には泣き出す子さえ出て来ました。相談者様は逆に此の事例を聞いてどの様に思われますか?? 二泊三日の中学生の修学旅行に○万円もの大金を持って行った事…金銭感覚正しいと思われますか?? 「だから何??」と言われても困りますが…

御免なさい…くるぶしソックスって何??(苦笑) MS3って何??(苦笑)
無知ですみません・PS2等のゲーム機みたいな物でしょうか??
私が中学時代はソックスは真っ白い三つ折用のみしか許されておりませんでした。ワンポイント柄入りすらNGです。真っ白いハイソックスも勿論NGでした。


花札って賭け事ですヨネ?? 義務教育の修学旅行で賭け事を教える学校って有るの?? 何故花札許せるの?? 倉敷市なんか場外馬券場が来る事自体大反対なのに… 賭け事の花札は良くて、ゲーム機持参が許されない事には納得行かないと言う判断基準が、私には判りませんが。修学旅行でゲーム機器必要な訳?? そんなにゲーム機器が必要なら、修学旅行よりゲーム機器を優先させれば良かった訳ですヨネ?? 親御様(貴女様)の方が大人気無い気がします。

相談者様が中学時代には当時流行っていたゲーム機器は許されていましたか?? 校則は如何でしたか?? それらを守って来た訳ですヨネ?? 何故自分が親になったら、大人気無い言い方をなさるのか… 高校生でもきちんと理念の叶った回答を書かれている方が居られます。そう言う意見を読んで何とも思いませんか?? 恥かしくなりませんか??
私が中学時代の修学旅行でのお小遣いにしても、真面目にルールを守った生徒達に対しては、どの様にお思いか?? 逆に私は相談者様に質問してみたいです。私もきちんと守った側です。ルールを守らなかった人たちと同じ空気を吸っている事に情けなく惨めでした。
校内暴力も無く、卒業式に警察も来なくて、又他校に「卒業式に警察が来ていない様な非常識中学」呼ばわれされて迄、真面目な中学校でしただけに…凄くショックでした。
判りますか?? 此の気持ち… 相談者様のしている事はきちんとルールを守っている子供達の気持ちを踏み躙(にじ)る行為です。学校に対しての反感を持つのは相談者様の自由です。どうぞ御勝手に…です。どの様な対処をしようが、私には無関係です。なので相談者様の御子様がどの様な人生を送ろうが、どの様な犯罪者になろうが、私には無関係だし無関心です。全く興味が有りません。

確かに世の中理不尽な規則が多いし、理由も理不尽な事が多いです。でも規則が無い世の中になったら、どんな世の中になるのか考えてみた事が有りますか?? 理不尽でも納得行かなくてもルールが有るから、皆様の回答でも判る様に其々の筋の通った回答が有ると言う物です。確かに修学旅行の持ち物ルールの判断基準は判りません。其々の行政(都道府県・又は市町村)での教育委員会が決めたのか… でも其の判断基準が有るからこそ賛否両論が有り、其でも其のルールに則(のっと)って物事が運ぶ事が出来るのだと思います。

我家では娘の通う小学校の教頭先生は、「世間体の為なら被害者は泣寝入りしろ!! 子供が一人位居なくなっても何とも思わない!!」と言われた事が有ります。学校のトップに経つ教育者の言う台詞です。貴方様の様な方に反乱(クーデター)起して頂きたい気分です!!(笑) 
でも最低限のルールは守りましょうよ!! して良い事と悪い事の見極め位、何故付けられない大人になってしまったのか?? 教えて下さい。

ANo.100様が答えておられましたが、既に回答者数が100人を越えています。全部お読みになっていますか?? 御礼は無しですか??(笑)

此の件で御子様が虐めの対象にならぬ事も考えてあげて下さいネ!!

投稿日時 - 2007-08-16 14:28:34

ANo.88

私も没収という事については前から疑問に思っていました。学校側には没収する権利はないと。今回のケースでは、確かにプレーヤーを持って行った息子さんは反省する必要があります。しかし、返却を拒否するのはおかしい事だと思います。警察ではないので説教する権利はあっても、没収する権利はありません。これは学校側に謝罪を求めるべきだと思いますね。いっそ、弁護士等専門家を引き連れていくのがベストでしょうがそこまでするつもりはないでしょう?^^学校に行ったときに、所有権は誰にあるのか?これを盾に攻めればいいのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-09 23:23:36

ANo.87

学校は規律を守るところなので、学校が決めた規律は守る必要があります。たとえそれが不合理なものとしてもです。
また、規律を破った生徒は罰則を与えられてもしょうがないでしょう。
お子さんに規律を守らせるのがいやなら、義務教育が終わったら、その後、あらゆる学校、社会に出させないようにすることです。

また、最近モンスターペアレンツというのが出てきています。
そのようにならないようにお気をつけください。

学校に行った時には、親としての管理責任がなってなかったと謝罪をすべきだとおもいます。
あなたのクレームに時間を割いて、ほかの生徒に迷惑がかかるのも、問題だとおもいます。

大人な対応をお願いいたします。

参考URL:http://www.ohmynews.co.jp/news/20070705/12852

投稿日時 - 2007-07-11 20:21:13

ANo.86

W_H

没収等々に関しては、帰宅時に返すものだと思います。
ただ、個人的に修学旅行は遊びじゃないので、mp3プレイヤーなどの個人の世界に入り浸る物の持込はだめかなと。
修学旅行は個人行動ではなく集団行動。集団行動に、上記のものは必要でしょうか?学校に必要なのでしょうか?
他にもいくつか。
くるぶしソックスは、一応集団行動で白いソックスをそろえるためでしょう。危険でも何でもないですが、高校や中学でも本当は禁止していると思います。
ヘアーアイロンは、カールなどをさせて、おしゃれするのを防止するためではないでしょうか?ドライヤーがOKなので。

学校側の『過度な対応』には反対ですが、禁止していることの中には、学生として当然と言うのもあります。
理不尽の中には、理不尽で無いものもあります。ぼくの体育の担任は、集団行動は個人を殺すと言いましたが、それは、社会で生きていくために、最低限身につけておかなければならない、協力して何かをすることを身につけるために必要な事だと言いました。
個人を殺すと言っても、全ての息の根を止めるほどひどいわけではありません。むしろ良識等々を養うために、あえて何かは殺さなくてはいけないと思います。(憎い相手がいる。だから相手を殺していては治安は乱れる一方。殺気はある程度殺さなくてはならない。それと同じ。)
そもそも、最近の学生は乱れすぎてます。シャツを出し、髪を染めて、平気でおしゃれして学校に来る。そんな中で、集団行動はある程度必要となってきます。
多少辛口ですが、過度に子どもを保護しすぎではないでしょうか。個性が尊重される世の中ですが、個性はその程度の理不尽さや規則で消えるものじゃありません。(なぜなら、個性は茶髪や眼鏡じゃない。息子は男だが、男はみんな息子ではない。それと同じ。男を茶髪に変えても同じ。)
本当に、学校にそういったものが必要かどうか考え、修学旅行も学校の授業の延長線上であることを自覚し、もう一度内容を考え直してはどうでしょうか?

最後に言います。
学校は集団行動の場であり、個人が多少殺されるのは当たり前。
集団行動に必要の無い物が一時的没収されるのは当たり前。
ただ、その代わりに社会で生きていくために大切な事を学ぶ。
修学旅行もその一環。
学校の過度な対応は批判されるべきですが、規則を守らない学生も許す親も、文句を言えた立場とは思えません。

とにかく、乱れた学生が大嫌いな高校生の意見です。

投稿日時 - 2007-06-11 21:51:19

ANo.85

結論・・・絶対おかしい
理由・・・矛盾が多すぎる。くるぶしソックスなどがその一例。
しかし、自分もそのような中学の時にそのようなものがあった。(ここまではいかないが、mp3player,携帯は学校に持って行けなかった)
また、没収して返さないのは窃盗罪。
学校にそんな権限はない。昔のバカな教員(体罰やえこひいきを普通にするようなクズな教員)が権力握ってた時代にはそういうのもあったかもしれないが、そういうクズな教員に育てられた人なのでは?(その時代でも苦情を言えば今のようになったのだろうが何しろ日本人は自分を主張するのがヘタクソで、昔だから、なおさら苦情を言わなかったのだろう)
だったらその教員の人間性を疑ってやった方がいい。
何しろそんなクズ教員に育てられた人がろくな教員どころか大人になるとは思えない。
解決方法・・・学校に苦情の電話を入れる、教育委員会に訴える、PTA総会でその没収した教員のことを問題にする、等々。

投稿日時 - 2007-05-28 13:45:04

ANo.84

おかしい!!絶対におかしいと思います。


どうもこんにちは、高校1年になったばかりのtsukika-v3v と申します


確かにmp3は団体行動を学校で行う際に所持するのは良い事では無いとは思います。しかしお子様の言っている事も間違ってはいません。学校側でまだ中学校ですので学級委員または学年評議委員、風紀委員など決まり事を会議する場から原案が出され、意見要望などを申請する機会があったかと思います。その時に「mp3の所持を承諾して欲しい」という申請をせずに持ち物に書いていなかったmp3を持ってきてしまったならこちらは少し不利になってしまうかも知れません。
なので没収はもしかすると問題ではないかもしれません。

 次に質問者様が(親)が取りに行くという件ですがこれも際どいところです。たぶん学校側は学校の行事で生徒が悪いことをしてそれに懲罰した。それが没収であるがそれを当日に返した事により生徒が両親に言わずその場限りの懲罰になったしまい、また今度別の機会で何も起こらない様に両親にも注意を促すため、親に伝えたくて親を呼ぶと言う形を取ったのではないでしょうか。
しかしあくまでこれは私の憶測であり、当方が直接聞いたわけではありません。もしそうだとしてもそう説明するべきですから何も言わず1週間没収するのはおかしいですよね。期間が罰の一部だとしても親が取りに行く必要はありませんよね。

次に「持ってきていけないものの基準」ですがこれはきっと遠足のしおりみたいな感じでお子様が学校側から配布されているかと思います。それもなしに勝手にその場で職員が「これは駄目」「あれは良し」なんて決めていれば統一感がなくなるのでルールがあるのにそれを示す紙や冊子が無いのは変です。確かめてみてはどうでしょうか。


カードゲームの件ですがトランプは遊び方が様々でポピュラーですが現代の子供で花札の遊び方が分からない子供がいるので仲間はずれが出ると勝手に判断したとかそんなところではないでしょうか。わたしはこれらを区別する意味が分かりませんし電池を使わないポータブルなゲームを持ってきて何が悪い??って感じがします。これは学校側におかしいのではないかとはっきり言える事だと思います。


続いてヘアセット器具の件ですが、アイロンはヤケドの恐れがあるから…とか??もうなにがなんだか分からなくなって参りました。意味が分かりません。これもおかしいところです。


肩下げバッグとくるぶしソックスですが堅物な先生方なのではないでしょうか。「だらしが無く見える。服装が変。だけどそれを言う的確な理由として『危ないから』にしよう」みたいなノリではないでしょうか。バッグを没収して他の友達に入れてもらうなんて理不尽ですね。「え!?荷物持ってくれるの?じゃぁ俺も」「私も」みたいな感じでみんなが肩下げバッグできたら先生方はどうなさるのでしょうかね。ぜひ見てみたいです。バッグ自体が駄目なのだったらそれだけ没収で荷物は持って歩きなさいとかにすれば良いのに。没収する意味も分かりませんが。





最後に謝罪無しで行くのはちょいとお勧めしません。私立の中学校で無い限りその地区が全員従わなければいけないので「息子がmp3を持ってきてしまっていた。それは学校側のルールに従っていなかった」という事に関しては謝る必要があるかもしれません。それ以外では積極的にクレーム出して良いと思いますよ☆
私は質問者様の味方ですので一緒に学校の規制緩和とお子様の生活を守りましょう!!


でも1つ忠告します。お子様があと1年間進路指導もある中でその学校に通っていくということを肝に銘じてください。もしクレームをきっかけにマークされるようなことがあると色々といづらくなるのはお子様です。変なこと言ってしまってすみません。私もつい何ヶ月かまえに高校受験があったので少し失礼させていただきました。先生に嫌われると成績に返って来る事もあるかもしれないという話です。




長々とすみません。高1の乱文ですが最後まで読んで頂けて幸いです。

投稿日時 - 2007-05-26 16:36:12

ANo.83

気になったので他の質問みました。
皆さんが回答してるのにお礼は無しですか?

この案件の自分の意見は
どっちでも良いんじゃないですか?
謝罪しなくても良いと思います。
ですけど息子さんの立場が弱くなると思います(常識に照らし合わせると)
自分なら大人の対応をします。
自分の考えや主張が全て通る社会なら楽ですが
そうじゃないのが社会です
だとすれば自分の意に反した謝罪をして
息子の立場が良くなれば良いと思いますよ。
一般的な会社に入って上司や部下にもまれてる生活をしてる方なら同じような考えが多いと思います

投稿日時 - 2007-05-20 15:56:52

ANo.82

mezoforuteさんのようなバカな親が、今の世の中の子供を駄目にしてるんでしょうね。
まず、ご子息は修学旅行にmp3を持って行く必要がありましたか?
決まりごとにわざわざ反論する理由は何ですか?嫌なら学校をお辞めになり転校すれば宜しいでしょ?
禁止されているものを持っていっておいて謝罪はしないとは、自分は狂ってと自覚して下さいね。

投稿日時 - 2007-05-11 21:05:36

ANo.81

こんにちは。
あえて何も回答しませんが・・・

来年には高校の修学旅行があると思います。
私(32才)は高2の冬でした。ですのでもう今年には修学旅行に行くかもしれません。

あれから
・親(質問者様)
・お子さん
ともに、何か変わりましたか?

投稿日時 - 2007-03-26 11:33:19

ANo.80

ちょっときびしい回答ですがご容赦ください。

(1)について
コンサート会場で読書をしている人がいたとします。
私はなんとなく楽しくない気持ちになります。
それと同じです。
小学生?中学生?段階なら、親がやるべきしつけを学校がしてくれたことに感謝すべきだと私は思います。
没収する権利は学校にはありませんし、親が受け取りに出向く必要もないでしょう。
でも、「約束」を破ったのですから、行って謝罪することが子どもを育てる親の姿勢だと思います。

(2)について
学校が決めた約束が「基準」です。それが不合理でも。
子供たちが窮屈な思いをすることは、成長段階を考えたときにムダではないと思います。

大人になって、「ったく、くだらない規則だったよなあ」「でも、まああれはあれで楽しかったよね」と語り合えればいいのだと思います。

投稿日時 - 2007-03-11 23:49:08

ANo.79

少し冷静になって見ましょう。
まずは何が一番いいかということを考えまして見ませんか。
それは『ルールを守る』だと言うことです。
不条理なルールなら変えればいいのです。
私が中学3年の時に全生徒2000人の生徒会で丸刈り(男子)から頭髪自由にするよう決め、先生方もそれを認めてくれました。35年も前のことですがよくもまあ、当時の先生方は認めてくれたものだと思います。
権利や義務や謝罪などという前に不条理と思われることについて、生徒や先生で話し合うことだと思います。
きっと良い結果が出るのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-27 21:29:06

ANo.78

ある程度の校則が無いと収拾がつかなくなります。何もかも自由だと学校の教育の意味も無いのでは。お子さんも今回は没収を覚悟で持って行かれたと思います。mp3って自分1人しか聞けないので他の生徒とコミュニケーションも取れないから禁止になっていると思います。花札は博打性が高いので認められないのは当たり前だと思います。謝罪は必要ないとは思いますが以後気を付けますくらいでいいのでそこで親が子供の前で学校に文句を言わない事が重要です。団体行動で自分だけの世界に引きこもる事は良くないと親御だっらそう思いませんか?

投稿日時 - 2007-02-27 20:56:33

ANo.77

わたしは20代前半の社会人3年生です。
社会人になって感じるのは、学校における校則は必要だ、ということです。
社会にでるということは、どんな仕事であろうと世の中を動かしていくことですよね。
その上で、一人一人が好き勝手な行動をしていたら
とても成り立ちませんよね。
でも、成長期にルールについて慣れておかないと
社会人になっていきなりできるものではないと思います。
私は、お子様がmp3プレイヤーを持っていかれたのは
お子様が規則を破ったと思いますし、
規則を破った者にはなんらかの罰があって当然と思います。
それに教育は学校だけがするものではないと思います。
学校だけを責めるのではなく、禁止されているものを
持参したお子様を叱る(怒るではなく)ことをされましたでしょうか?

理不尽な理由があるとはいえ、
基本的に「ルールを守らないと周りにも迷惑をかける」
これを教える為の規則だという風に解釈されたらいかかでしょうか?
どちらにしても、ルールを守らない人は社会に出たら嫌われますし
迷惑をかけます。
ルールを変えたければ、えらくなるしかありません。
もちろん、ルールとマナーは別ですが。

投稿日時 - 2007-02-26 13:35:04

ANo.76

窃盗や裁判をしろとアドバイスしている人もいますが…。

そもそも、学校と生徒は特別権力関係であると考えられています。
(今では、だいぶ減退していた主張ですが裁判では今だ見られます。)
学校側は、生徒に対して指導要項の範囲内で懲戒権をもっていると
いえます。

例えば、学校の授業中、授業を全く聞かずに音楽プレーヤーを
聞いている生徒がいるとしたら、教師は該当人物を注意し、
場合によっては没収する行為も妥当と考えられます。
教師も含め国民は、『教育を受けさせる義務』がある以上当然
のことです。しかし、注意だけでこれを繰り返すしていると
授業が中断し、周りの生徒に悪影響を及ぼすばかりか
生徒の『教育を受ける権利』を侵害しかねません。最悪、
学級崩壊する可能性も否定できません。

修学旅行は、貴方がかってに企画した家族旅行と異なり、教育の
一環として『校外で学習』するものです。

勿論、新幹線にのっている時間も授業と同等であり、生徒が
反省の色を見せず再犯の恐れもあることから、1週間という
期間の没収・及び三者面談などは妥当といえるでしょう。

ギュウギュウに押さえつけられるのが嫌であれば、フリースクール
などを検討してみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-17 23:09:50

ANo.75

回答が多すぎるので、ほとんど読んでません。
被っていたらご勘弁を。

まず、迷惑かけてごめんなさい、というのを求めるのは間違いである気がします。
主張通り、迷惑はかかってないと言ってもいいでしょう。
2の回答(私見)に関係することなので2で詳しく述べますが謝るべき(謝らせるべき)は「ルールの合理的理由」に対してでしょう。


親が取りに行く必要はあると思います。
どういう法律で…とかを求めるなら答えられませんが、一般に学校には、(特に義務教育ですから)素行などを指導する責任と権利があると思います。
没収が適切だったかは後で述べますが、謝罪がなかったわけですから
親同伴の場で返し、親にもそのことを伝えるというのが適切だと思います。
ただ、謝罪については少しおかしいので、取りに行くときに謝罪についてがおかしいことを主張するのはいいことでしょう。
学校側にも主張があると思うので話し合えば折衷案が見つかるかも知れません。
ただ、1週間後という時間は正直わかりません。後日というので十分だと思います。


基準ははっきり言って、「危険だから」ではありません。
一般概念で、素行不良に含まれるから、みたいな感じだと思います。
これが大学生や大人だったらそんなことはありません。
ただ、大人でも花札は賭け事という印象が強いのでだめかもしれません。
中学生ということを考えると、軍隊チックな統制のような理由で多少理不尽なくらい規則があるのは普通かつ当然だと思います。
電気製品×、斜め掛け×、くるぶしソックス×ヘアアイロン×これくらいは普通で当然かと思います。
その基準は誰が考えているの?となると、学校の先生か教育委員会に草案があるか知りませんが、基準を作った人が一般概念に照らし合わせて作っている、としか言えないと思います。
私は、今回の基準が行き過ぎであるとか、厳しすぎるとは思いません。
だた、これらを禁止する理由に「危険だから」などの合理性を持たせようとしているのは(私見ですが)間違いだと思います。
修学旅行は遊びではなく、研修であり、中学生という身分を考えると、このくらい端正の服装・持ち物が適切である、というような理由で言うべきだと思います。
そこも主張すべきだと思います。

ですが、やはり悪法も法であります。
規則が間違っていると文句を言うことはokだと思いますが、実際にその規則を破るのはいけないと思います。
破ったのなら、相応の罰を負う必要があると思います。この場合は没収+謝罪でしょう。
ただし、謝罪に関しては、あくまで「規則が存在する合理的理由」に対するのが妥当だと思います。
もしそれ以上のこと、それ以外のことを求められるなら、文句を言っていいと思います。
今回は、学校側は「危険だから」「迷惑がかかるから」と理由付けをしていますが、それは間違いだと思います。
今回の規則は「遊びではなく研修だから」もしくは「統制」というようなものだと思うので、
謝罪は「研修に遊び道具を持ってきたこと」に対するものか、または、統制の規則を破ったことそのものに対するものかだと思います。
そのことも主張すべきだと思います。

最後に直接関係ないですが、
学校の先生は、理想の生徒を求める傾向があります。
その場合に、多少求めすぎることがある場合もあります。
言葉は悪いですが、先生になめられると、いろいろ必要以上に素行良好などを求められます。
たまには、親が、先生に反抗するのもいいでしょう。
「たまに」ですよ。

投稿日時 - 2006-12-14 17:18:19

ANo.74

回答数すごいですね
たぶんもう質問者は見てないと思いますが答えます
僕は中学生でかなり自由度の高い学校にいっているのですがその学校の先生の言うこともわかります
大事なのは迷惑をかけるか、体に悪いかではなく昔からの決まりを守れるかどうかだと思います
僕にはまだわかりませんが大人になったらいちいち理由なんて考えず黙って守らなければいけないこともあるんじゃないでしょうか
そういう事を教育できない親のために学校は教育しているんだと思います

投稿日時 - 2006-10-13 10:14:23

ANo.73

続きです。
もしmp3や携帯ゲーム機などを許したら、それが無いと
仲間に入れてもらえないという人も出てくる可能性があります。
誰もが平等に楽しめることが目的の修学旅行で仲間はずれを
作る要因は排除すべきでしょう。

後、斜めバッグについてですが、これは非常に体に悪いものです。
私も経験しましたが、体が歪んできます。
成長期の子供の体は特にゆがみやすいです。
しかも一旦ゆがんだらずっとその形が治りません。
社会に出て極端に姿勢が歪んでいる人の中には小さい頃や
成長期のそういうものが影響したりしています。
これはハイヒールしかり、化粧(知識の無い子供が下手に手を出すと肌がガサガサになる)
しかりです。
学校が何かを禁止するにはそれに相応する理由があるものです。
最大の要因はそれを持っている人と持っていない(持てない)
人の差を是正するためでしょうが。

投稿日時 - 2006-10-09 05:39:57

ANo.72

私は「10代の最近の若者」ですし、あなたの意見も分かりますが、
MP3プレイヤーを認めると携帯ゲーム機は何故だめなのか?
携帯電話は何故だめなのか?となりますよね。
特に最近は機能が統合した製品も多いわけです。
ゲーム機と映像と音楽が楽しめるPSP、
映像と写真と音楽が楽しめるiPod。
こういうのまで持込を許したら旅行先でポルノが蔓延する事態だってあるわけです。
また、旅先で物を盗られたとか、無くしたとかいう事態が発生するリスクも高くなります。

何か一つ認めたら他のものも認めざるを得なくなる。
旅先の地域の人々や団体に迷惑を掛けない、何々が何々を
盗られたとか言ってスケジュールに支障が出ないようにするため、
色々学校にも事情はあるのです。
というより親なのだからそれ位は広い心で納得しましょう。
トランプが良くて花札は駄目・・・、じゃあ逆に考えましょう。
もし学校の行事で生徒が花札で遊んでいるのを公認している
学校があったとして保護者の中にはそれを不安に思う人が
いないといいきれるでしょうか?
親は安心して子供を送り出したいわけです。
だから子供の教育にふさわしくないものは極力無くすように
努力するのは義務教育を行うものの責務ではないでしょうか?
トランプも賭け事の対象になる可能性はありますが、世間的な
認知を考えると、花札よりは随分マシですし、むしろ旅先で
積極的に生徒同士の交流を深める礎として機能します。
先の話ですが、もし一人で部屋で音楽ばかり聴いていたら修学旅行の目的である「ひととひととの交流を深める。自然をいつくしむこころをはぐくむ」を阻害する要因にもなるでしょう。

投稿日時 - 2006-10-09 05:23:51

ANo.71

質問者様は誰にも迷惑をかけなければ
「売春」や「援助交際」も個人の自由とお考えですか?

多分、質問者様自身が
「個人の自由」をやたらに主張し、「私がルールよ!」
というタイプなんでしょう。

ルールが気に入らなければ、変更する用に行動すれば良いです。
しかし、ルールが変更できるまでは、そのルールに従うのは当然です。また、ルールを破った者に、罰則があるのも当然です。

投稿日時 - 2006-10-07 15:38:46

ANo.70

基本的にsisimarudawanさんの言うとおり、ルールは守るものであるが、
この親にて、子有りという感じはしますね。

この質問を見る限り、質問者は質問をした去年から一度も回答者に何の反応も示していない事からこの親にも重大な責任及び問題があるのではないでしょうか?


ただ、日本の学校の教育に関してにも問題は多々あるのは確かです。

一般的に日本にて学校の講師になる為には、大学にて講師の資格をとり、OJTみたいなことをして、学校とかに配属される感じだと理解していますが、社会に一度も出ていないような輩がいきなり教壇に立つ事ほどおかしいものは有りません。

質問者の質問に関していえば、学校側のおかしなところといえば、
(1)没収品を学校側が勝手に取り上げ、正当な手続きも得ずに「預かる」という名目で取り上げていることは窃盗にも値するかと思います。

(2)また、もって行っては行けない基準とは、一応、学校側があらかじめ生徒、及び親にこれらはこの理由からして今回の修学旅行に持ってきてはいけませんという告知をしなければなりません。

正当な納得のいく理由なしにいきなり没収するのはやはり法に触れるやり方であると認識します。

また、教員がそのものを取り上げ、1週間どこに保管していたかは分かりませんが、その間に壊れた、動作しなくなったとあれば、それは教員の責任、及び学校側の責任にも値します。


どちらにしろ、現在の日本の小中学生の親は子供のまま親になってしまったりする人も多いので問題になるのは当たり前かと思います。また、日本の教育問題にも多々疑問が有りますし、昔から納得の行かないこと多いものです。ただ、これは教育問題だけでなく、日本の法律並びにあらゆる制度にも不備及び不安、そして、意味の無い何十年も前に作られた法律が未だに有効な事もおかしなことですけどね。

投稿日時 - 2006-09-15 14:49:11

ANo.69

 お酒の強い人が(自他共に認めるくらい)
 缶ビール一つ飲んだからといってシラフと同じだ。

 と検問で捕まった人のような言い訳ですね。

 ルールは守るものです。もちろんマナーも。

 ルールが守れていない上にマナーもなっていないですよ。

 この親にしてこの子ありです。

 その学校のルールがご自分の子育てにあっていないのでしたら、あうような学校へ転校されることをオススメします。

投稿日時 - 2006-09-14 20:44:45

ANo.68

まず、教員の圧力に屈服せず、自己の意見を堂々と述べた息子さんに賞賛の拍手を送りたいと思います。

(1)
質問文中のmp3とは、携帯型シリコンorHDDオーディオプレーヤーのことだと解釈してお答えします。

学校には、教育の場に不適切な物品を持ち込ませない義務があります。目的は、教育の効果を最大限発揮するため、物品の盗難等のトラブルを防ぐため、児童生徒学生の安全を守るためです。
よって、漫画雑誌とか携帯電話とか携帯オーディオとか携帯ゲーム機とかタバコとかサバイバルナイフなどを教室に持ち込むことを禁止すること、それらを学校に持ち込んだ場合には一時的に没収することが出来ます。
しかし、没収した物品は下校時に速やかに返却する必要があります。学校外で児童生徒学生が何をしようが、それを学校が禁止することは出来ません(タバコやナイフだったら親と警察の問題になりますね)。制裁と称して物品を長期間没収するなどもってのほかです。学校が児童生徒学生の所有権を不当に侵害し得ないのは当然のことです。
私の見解としては、学校が、修学旅行に電化製品を持って行くことを禁止すること、持ってきた場合に没収することは何ら問題はないが、修学旅行が終わったときには速やかに返却すべきものと考えます。

(2)
携帯オーディオプレーヤーを禁止する理由は明らかです。小型軽量かつ高価かつ児童生徒学生が好むものなので、盗難事件が発生するのは目に見えています。よって修学旅行に持って行くことを禁止するのには学校として正当な理由があるといえます。
学校が色々な禁止事項を定めることは何の問題もありませんが、禁止事項を定める以上はその理由を論理的・合理的に児童生徒学生に説明し、理解させる必要があります。それが教育的な態度というものではないでしょうか。理由を示さず上の立場からただ禁止禁止というような抑圧的な教育態度は、教育上最も悪影響なのはいうまでもありません
息子さんは学校が定めた禁止理由に納得していないわけだから、学校側はなぜ禁止しているのかを息子さんに論理的・合理的に説明して理解を得る必要があります。それが教育者としてなすべきことです。こういった作業を怠って、生徒に謝罪せよと発言したり、謝罪しないなら制裁と称して物品を長期間没収するなどの行為は、教育者としての資質に大いに疑問を感じざるを得ません。

投稿日時 - 2006-09-10 21:12:20

ANo.67

No.80です。

転校したら一番いいんじゃないですか?
校則のゆるい学校今から探してください。
まじめにやっている奴にとってはそういう人間が一番迷惑です。

修学旅行は、「学びに行く」のと同時に「同級生との交流を深める」という目的もあるはずです。
なのに自分の世界に閉じこもっていたいという理由だけで規則を破ってるのは学校側としては問題になりますよ。

そういうものを不要だと考えるなら、転校ではなく寧ろ通信制の学校をお勧めします。

投稿日時 - 2006-08-19 13:54:11

ANo.66

(1)返してもらえるだけマシでしょう。
自分の行っていた学校は卒業時返還でした。
返還時に親に来るように言うのは、
「お宅の息子はルールすら守れないのか?」
って注意をしたいからなんじゃないでしょうか。
個人の自由も確かに大事ですが、だからと言って集団としての義務を破って良いわけでは無いでしょう?
もしその「集団としての義務」に対して疑問を抱くのならば、それが示された時点(しおり等が配られた時点)で抗議すればいいんじゃないですか?
弁明の機会が与えられただけ有難いと思った方が良いと思います。

(2)そんなもん学校に聞いてください。
自分の話をすれば、自分の学校にも理不尽なルールはありました。しかし、それに対して疑問を抱いても、それを改正する気も無かった自分は「悪法も法」として出来る限り守っていました。
因みに自分は校則を破ってウォークマンを持ち歩いていましたが、それも見つからないようにするとか、見つかった時には素直に非を認め、その上で校則に対する自分の意見を述べて更に先生の意見も聞くようにしていました。
学校だけでなく、社会においても理不尽なルールはあるのだから、それに対する身の処し方を教えてもらっている、と自分は考えるようにしていました。
ルールが守れないものに対して罰則があるのは当たり前です。
個人の権利も大事ですが、それを尊重するために集団としての義務を無視していいはずがありません。それを無視して自由な行動をとるときに、それに対する責任も取れないんじゃこの先何十年も文明社会で人間として生きていくことは不可能なんじゃないでしょうか?

理不尽なルール=要らないもの、を全て省くのならば、学校行くの止めたらどうですか?学校の勉強の殆どが社会において殆ど役立たないのですから。
目の前に見える意味だけでなく、その背後に隠された意図を少しは考えてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2006-08-19 13:49:36

ANo.65

とりあえず私はその先生の事を知らないのですが、学校の先生、特に日本の公立では教員は権威的になる事がしばしば有ります。
他人に威張る事ができないので自分より弱い存在に威張ろうとします。結果的にそれがエスカレートして三面記事になる事が有ります。
私立の場合、たとえ教員がそのような事をしても学校側が必死にそれを表ざたにしないようにしますけどね。

で、本題ですが、
(1)
>没収品を一週間も返さない権利が学校にはあるのでしょうか?
学校の規則に今回の没収に関する事が記載されてなければ学校側にその権利はまったくありません。
また、日本では個人の権利にクソも有りませんが、個人の権利の侵害で訴える事も可能です。差別の対象にもなりますしね。

>また、そんなことで親が受け取りに出向く必要もあるのでしょうか?
学校側にその規則に関する記載が無く、無理やり没収されてしまった場合、教員側が謝罪込みであなたの自宅に行かないだめでしょう。


(2)
>『持っていってはいけないもの』の基準ってどこにあるのでしょうか?
基準はその学校の規則を作る人のさじ加減です。

何がいけないかは個人によりさまざまであるが、学校とは一応勉強に勤しむところである。
そちらの修学旅行がどのような目的で行かれるものなのかはわかりませんが、
mp3プレイヤーであろうが無かろうが、誰にも迷惑をかけない程度、つまり音漏れも何もないのであればはっきりいっ問題はないはずです。

ただ、教員側の意見を考えて見ますと、mp3プレイヤーを、許可、不許可に限らず持ってきている事は、日本人が持つ他人の目を気にする卑しい行動の一つとして「あの子はもっているのにこの子はもっていないからだめ」とかになります。もともと人間とは平等ではないのですから。

「ドライヤーはOKだがヘアアイロンはダメ」とかはなぜ髪は黒髪ではなくてはいけないのか?という理不尽な考え方と同じです。日本人だから黒髪ではないといけないというのは差別の対象になります。でしたら、貴方の息子の学校に外人がいたとしたらその子も黒髪にしなければいけない事になりますが、いたとしても黒髪ではないでしょ?

>斜めかけリュックで来た子は没収され、その子の荷物は班の子達のリュックに少しずつ入れたそうです。いけない理由は「ちゃんと歩けないから」とのことでしたが、何の不都合もなく歩けますが…??
これは理由になりません。「ちゃんと歩けないから」という言葉事態「ちゃんと」してません。
どのような文章であれ、お金を払っている立場とお金を支払われて事業を行っている立場の間であれば正式な文章には正式な言語があります。この学校側の回答は正式な言語によ文章にはなりません。
ついでに、斜めかけであろうが、無かろうが、それも個人の権利を侵害するものです。

>・くるぶしソックス、いけない理由は「危ないから」。履いてきた子は脱がされて裸足で歩いたそうです。こちらの方がよっぽど危ないのではないでしょうか??
はだしの方がよっぽど危ないです。
なぜ日本の学校はこのような時代錯誤的な事をやらせるのか理解に苦しみます。


学校側にこのような旨を伝えるのであれば、息子さんが学校側から嫌がらせを受ける事を覚悟しておいて下さい。特にその担当教員から嫌がらせを受けるかもしれません。
このような事に対処する為にも、弁護士に一番易く済む方法で一筆書いてもらうのがベストでしょう。一度このような正式な文章にて学校側に文句を言えば息子さんの立ち場も楽になるでしょう。ひいては生徒の為にもなると思います。


ただし、権利の主張はできても、個人の自由とはもともと制約された環境の中での自由ですから、その権利が保障されていない限り貴方の主張は通りません。
権利の保障とは法律で保障との事です。学校側の規則よりも国の法律の方が優先されます。これは覚えていた方が良いでしょう。

投稿日時 - 2006-08-12 01:41:18

ANo.64

 学校という特異な社会だけで育った教師の皆さんが、いかにも社会の代表のように「こんなことでは社会ではやっていけないぞ」という脅し文句とともに、学校だけのルールを強要すると言うことは日常的に行われているのです。
 おおかたの社会のルールは、理由のあるルールです。そのルールは時代とともに代わってゆきます。
 社会から隔絶された学校のルールは、シーラカンスのように、正当な理由もなく残っています。
 法治国家と人治国家があります。先進国は前者で、某北○○などは後者でしょうか。学校のルールはいかにも法治のように言われますが、一般社会からはかけ離れた、「学校、教師」という人が決めたルールで、ずっと後者に近いものです。
 どんな教師の指導も、社会通念からみて妥当かどうかを客観的に判断する必要があります。自浄作用がありませんから、常に外部の眼を入れる必要があります。
 こどもを人質に取られていますから、在学中は文句が言えないところが辛いところです。文句が出ないと教師は自分のやっていることが正しいと思ってしまう。今時外部の視点を大事にするために、意見箱とか投書箱とかどんな企業でも病院でもスーパーでもおいてあるけど、学校に匿名でも受け付けるご意見箱がおいてあるのをみたことがありません。

投稿日時 - 2006-08-02 20:40:41

ANo.63

大変常識の無い親御さんのように思えます

大人の数の何倍もの生徒を引率する、教師の苦労なんて考えたこともないのでしょう

なぜ修学旅行に「MP3」が必要なのか、(迷惑をかけなていないなどという子供の理屈ではなく)きちんと納得させることができますか?

学校を代表して修学旅行に行くわけですから、学校によって差異はあるでしょうが、生徒にふさわしくない格好、言動、行動があると、次回から修学旅行として利用させてもらえない施設、ホテルなどは、いくらでもあります

理由はおかしくとも、規律を考えればそれを納得でざるを得ないでしょう
「悪法も法なり」
おかしいところは、前もって抗議をしとけば良かったんです
行ってしまってからの抗議なんて、何の感銘も受けない単なるわがままです

子供を甘やかせ過ぎじゃないですか??

投稿日時 - 2006-07-20 18:26:55

ANo.62

社会的常識のない、そしてお山の大将になっている、子供の人権というか一人の人間だなどと考えてもいない、杓子定規で現実性がない教師は多いので、そんなもんでしょう。

もし一人一人、それぞれの家庭が、子供が卒業してから(在学中だと何仕返しされるかわかりませんので)、しっかりと文句をいい、裁判も辞さないという態度をとり、教師を社会に引きずり出さなければ、現状は変わらないでしょう。

投稿日時 - 2006-07-19 11:12:26

ANo.61

こんにちは
息子さんは無事卒業されましたでしょうか?
高校生になられましたか?
中学校はなんといっても義務教育ということで指導はしていただけますが、高校となると指導に従えない方は最後には「どうぞおやめください」という回答がなされます。入学時に多分学校側から宣言されたはずです。

修学旅行は教師の側にはとても大変な事だと思います。
なにか変事があれば教師が責められるし、それこそ身を挺して命がけで守るというのがたてまえでしょう?
そういう場合にイヤホンつけて周りの状況が捕らえにくい(教師の指導の声)かもしれないようなのほほんとしたかっこうしている生徒なんて神経逆撫でもいいところです。

そういう教師の立場を少しはご理解されてはとおもいます。
ちなみにうちの子の修学旅行ではドライヤーは班にひとつという決まりでした。いちどきに使われて旅館のテンパールが落ちたことがあるんだそうです。(笑)

高校に修学旅行はあるのでしょうか?
団体行動が嫌ならばべつに行かない自由はありますよね。今度からよけいなことで周りを紛糾させるのは非常に迷惑なのだとお子さんにおしえてあげることです。

投稿日時 - 2006-07-12 18:53:44

ANo.60

社会に出れば、いろいろなルールや規制に従って生きていくことになります。
私でも自由に生きたいです。
頭を下げるのがいやなんでしょうね、たぶん。
私でもいやです。
でも恥を忍んで行くでしょう、帰ってから息子に自由気ままには生きていけないことを話します。
ここで息子さんに注意しないとルールを無視して良いと息子さんに思わせてしまうおそれがあります。
そのように勘違いしたら、ろくな人生になりません。
かなり極論でしたかね。
丁寧な表現でなく失礼しました。

それでも、昔と比べたらすごい変わりようですよ。
かなり自由だと思います。

些細なことで文句言い過ぎです。
先生が頭を悩ますのも無理はありません。

投稿日時 - 2006-07-02 09:36:35

ANo.59

もしも自分の主張が通れば、鬼の首をとったようにはしゃいでいたでしょうから、無惨な結果に終わったのだろうと思います。ここでの回答の内容を見ればわかるように、反論できないのは明かでしょう。

そして何人かの方が書かれているように、無反応なところも、まさに『この親にしてこの子あり』を地でいったよう。自分の思い通りの回答でなければ、イヤなのでしょう。違う論理、観点、感情があるのなら書けばいいのに書かないのは、よっぽどの事情なのでしょうね。

ここで事細かに説明するのは避けるけれど、こんな親と同じサイドの意見を言う人がいるからこそ、教育現場は管理主義的で、規則にたよるようになってしまうことが理解できない人がいる。困ったモノです。勿論それがすべてではないけれどね。

いちいち書くのは下らないが、この親の子どもなら、授業中にmp3聞いていても、お化粧をしても、制服を着ないで私服で登校しても、当然と思うのでしょうねぇ~。私には当然ダメな行為ですけど、何人かの方は、お洒落も何もかもOKなようだし・・・そんな人に、学校生活でやってはいけないことを聞いてみたいですね。その方にはダメな理由を書いてもらいますが、私はいいじゃないか!と屁理屈を言ってみたいです。どのように説明するか、面白そうですね。

しかし・・・ネタに書き込みするのって・・・ダメですね。

投稿日時 - 2006-06-29 00:46:21

ANo.58

私も、学校側の擁護意見が多いのに驚きました。

生徒を納得させることができない「きまり」は多いと思います。
ひとつには、「なぜそのルールはあるのか」について、指導者である先生達が明確な共通認識を持っていないことが多いことが原因と思われます。

そして、その背景にあるのは、「ルールで縛って集団を指導する」という発想です。

確かに、先進国でダントツの40人という人数をトラブルなく指導することは、今日ではとても難しいことです。
私は、ノートラブルをめざすのではなく、深刻なトラブルを回避し、深刻でないトラブルからは、教訓を学ばせることが必要だと思いますが、多くの管理職はそう思っていません。
そのため「事なかれ主義」が学校を支配することになりやすいのではないでしょうか。

「何かあったら困るから」ということで、窮屈なルールを強いるのは、指導する側は一見やりやすそうですが、理由が納得できないルールでは、一生懸命表裏のある人間を育てていることになりかねません。

社会に数ある「理不尽なルール」を民主主義の力で改善するためには、どんなルールにも盲目的に従うのではなく、ひとつひとつルールの意味を考え、自分たちの状況に合わせて調整する体験を積ませることが大切だと思います。

投稿日時 - 2006-06-18 19:35:22

(1)について

「盗難、紛失によるトラブルを避ける為(集団の法的秩序を守るため)」ということであれば、没収も仕方がないかもしれませんが、

「修学旅行は集団生活を学ぶ場だからmp3プレーヤーで音楽を聴くのは不適切、学校側の対応は至極当然」という意見の多いのに驚かされました。こういうことは強制するものではないと思いますがいかがでしょう。

「考え方が間違っているから没収」というのは、一般社会では決して考えられないルールです。中学生ともなれば、生徒を必要以上に子ども扱いせず、一人一人の考え方の違いをもっと認めるべきではないでしょうか。質問者様の感じておられた違和感もこの辺りにあったのではないかと思います。

投稿日時 - 2006-06-15 03:29:20

ANo.56

だいぶ時間がたってるみたいですけどちょっと書き込んでみたいと思います。
私は中学生です。
私の学校ではmp3も没収されます。携帯は後日親が取りにきて3者面談みたいに話し合うということになっています。
没収品を1週間返さないといってますが、私のところでは漫画は1年間返してくれません。親は取にきませんが、みんな新しく買ってしまうみたいですが。

リュックや靴下については質問者さんと同じに思います。
私の修学旅行では、宿にドライヤーがあっても使ってはいけない。トランプもだめです。リュックは弁当が入ればokでした。

投稿日時 - 2006-05-27 15:05:52

ANo.55

おもしろい息子さんですね。
最近は教員に黙って従うしか能の無い生徒が増えている中、貴重な人材です。

(1)
正直、法的なところはわかりません。
返してもらえなくなったら明らかにまずいでしょうが・・・
自分としては修学旅行が終了した時点で返して貰えても良いと思いますがね。
mp3プレーヤーは高価なものですから、無くした、壊した→諦めろ、と言うのも苦しいものがあります。
その学校の方針で完全に生徒の自己責任と言うのなら良いのでしょうが、
そうでないなら、何があっても文句は言えないという事です。
おそらく、学校は何かあって文句でも言われたら困る、
と言う理由で没収したのではないでしょうか。

(2)
正直その基準はよく解りません。
ソックスはともかくショルダーバッグは基準がよく解らないだけでなく、どちらのその後の対応も?です。
ですが、どうしても納得がいかないならば、学校と話をしてみてはどうでしょうか。
より良い環境を作りたいなら、まずは行動しましょうよ。

決められたルールを守るというのは当然でしょうが、
そこで立ち止まるのではなく、より良い方向へ改善していくことが必要なのではないでしょうか。
ただただ規則に従うよりも、今の時代、状況に合わせたものへと改善していく。
そのために息子さんが生徒総会等に積極的に参加し、頑張る意思があるのなら立派な事だと思いますよ。
その気も無いのに文句を言うだけではどうかと思いますが・・・

投稿日時 - 2006-05-24 13:36:58

ANo.54

私が感じたことは全て出ていますので、友達が一人で音楽を聴いていたらどう思うか、ということについて。

高校卒業して数年後、友達同士6名ほどで旅行に行ったことがありました。
そのうちの一人がずーっと音楽を聴いていて、会話にも混ざらず。
ものすごく不愉快で、「何でこの子は来たんだろう?」と思いました。

マナー違反だな、と思いました。

投稿日時 - 2006-05-15 23:44:49

ANo.53

myr

高校二年の男子です。
私が通ってる高校はかなり甘いので質問者様の息子さんがあったことはあまり考えられないのですが^^;

それでもmp3プレイヤーはまずいのではないか、とは思いますね。確かに迷惑は誰にも掛けていないかもしれませんが、修学旅行は「仲間との交流を深める」目的ではなかったのでしょうか?それを、一人で音楽なんか聴いていて、仲間との交流なんか深められるわけがありません。

あと学校側に対してちょっと気になったことは、「電化製品」は駄目なのに、どうして「ドライヤー」がOKなのでしょうか?立派な電化製品だと思います。
他にも斜め掛けリュック、くるぶしソックス(私は履いたことありませんが)のことについても質問者様と同様な疑問を感じました。

質問から1年が経っているようですが、結局mp3プレイヤーのことはどうなったのか個人的に気になりました^^;
もし見ていらしたら、よろしければ最終的にどうなったのか聞いてもよろしいでしょうか。

投稿日時 - 2006-05-15 23:17:34

ANo.52

私の学生時代は、取り上げられたものは返してもらえないものでしたよ。12年くらい前ですが。同じ年の子の別の学校では、規制した以上に持っていったお菓子は、取り上げられ、先生が普通にバス中とかでモリモリ食べていたそうです。返してくれるなんて良い学校ですね。

投稿日時 - 2006-05-11 13:43:09

ANo.51

たまたまこんな「質問」を見つけてしまったので,正直に「意見」を書きます。
読んでいて「この親にしてこの子」だと思いましたよ。


修学旅行が,学校行事の一環である以上,学校の決めた規則に従わなければならないのは,「理不尽でギュウギュウ押さえつけるような」規則であろうと,止むを得ないでしょう。

規則を厳しくすることによって,教師は楽になる(「規則を守らなかったからだ」と万一の際の言い逃れができる)という事実があるのも確かですが,あなたの場合はそこまで考えていないでしょう?

投稿日時 - 2006-04-10 18:49:08

ANo.50

(1)私の学校では没収されたものは自分から取りにいかない場合ずっと返してくれません。ちなみに私は学校で読んでないのに漫画を取り上げられ2ヶ月くらい経ったまま、取りに行ってません。
その場で謝罪していれば取りあげられずにすんだと考えます。私の場合、「学校では読んでいない。第一みんな持って来てるし、先生は分かってるんでしょ?」と、反抗的な対応を質問者様と同じように取ってしまったため、取り上げられたのだと思います。

(2)もって着てはいけないものの基準は、説明用紙にかかれてはいないもの、校則に反するもの。娯楽品。特別なものでも先生に許可なく持って来ている物だと思います。

余談とはなりますが、一週間後私はどんなに嫌でも、ブリっ子してでも、謝った方がいいいいと思います。その際、自分も悪かった、ということを醍醐味とし、間際間際のい、先生に対する意見を述べればきっと返してくれると思います。
相手はどんなにいけ好かなくても教師という立場です。生徒と教師という立場をよく理解してください。

投稿日時 - 2006-03-26 20:35:50

ANo.49

確かにくるぶしソックスへの対応は?ですね。

私は教員ではないけれど、質問者様には一度自分が引率教員だったらどうだろう、と考えてみてほしいです。

往々にして修学旅行では羽目をはずす生徒が出てきます。そういう生徒たちを40人、怪我やトラブルなしに、そして学校教育としての学習をさせてつれて帰らなければならないのです。

mp3を一人で聞くのは「誰にも迷惑かけていない」といえますが、40人がそれぞれ勝手に、学習に関係ない高価な機器をもって数日旅行をすれば、盗難紛失などが起こる可能性が高いです。

生徒が○○寺に忘れた、○○君に壊されたと言われても、手一杯の教員はそんなことまで対応できませんよ。かといって高額商品をあきらめろとも言いにくいですよね。

中学生3年の生徒が全員、自由である事の責任を十分自覚しているなら、好きなようにさせられますが、ありえません。ならばルールを強いるしかないではありませんか。ヘアアイロンや斜めがけバッグも私は当然のルールだと思います。

だいたいのルールには意味があるものです。意味のないものがあればきちんと改正するようPTAなどで運動してください。

学校は学業と団体生活を学ぶところです。自分さえよければいいという、小さい考え方ではいけない事を息子さんは学ぶべきです。

投稿日時 - 2006-03-15 10:06:39

ANo.48

だいぶ質問なさってから時間が経っているようですね。質問者さんが真剣だったから、親切な方々がこんなにも熱心に回答をよせてくださっているんですよ。

私は学校に勤務していますが、子供たちに「いけません」と言う場面はやはりあります。なるべく理由を述べ納得させるよう心がけていますが、全ての子供を納得させるのは難しいです。

多くの回答者さま方の回答にもありましたが、規則にいちいち細かい理由は必要ないと思います。たいていが「学生・学校生活に相応しくない物・行為」なのです。
学校は集団生活を学ぶところです。集団生活は、社会に出ていく上で必要な能力だと思います。MP3を持ってきてはいけないというのは、集団で楽しめるものではないからなのではないでしょうか?花札はみんなでできますよね。

社会にはもっともっと理不尽なルールが本当にたくさんあります。その中で、いかに自分らしさや能力を磨き高めるのが仕事をする、生きていくってことなんじゃないかと思います。

『ルールが理不尽だから、守らなくてもいい』

これで生きていける程甘くはないです。個人主義をはきちがえています。学校という小さな枠の決まりも守れないのでは困ってしまいます。
決められたルールを守る、その中で自分らしさを形成する・・・社会生活のための準備運動をお子さんにさせてあげませんか?
集団生活の修学旅行という大切なイベントで、自分勝手な行動をすることが迷惑なのですよ。自分さえ楽しめればいいではいけないのです。

まだ、このページを開くことがあったら参考になさってください。

投稿日時 - 2006-03-12 22:16:48

ANo.47

まだ締め切ってないようなので、投稿します。

(1)恐らくそれはお子様が謝罪を拒否したからだと思います。お子様は中3ですし、まだ保護者が責任を取る年齢だと思います。一週間という期間はわかりませんが。
(2)くるぶしソックスや斜めかけリュックはわかりませんが、花札は賭け事につながったりするからでは?ドライヤーは女性・男性問わず、日常生活で一般的に使いますよね。ヘアアイロンは「勉強の場」に、ふさわしくないと思ったのではないかと思います。おしゃれの分類に入るからではないでしょうか。

mp3を持っていくのは、他の方もおっしゃるようにダメだと思います。理由は盗難の恐れや、同級生が「私も持ってこよう」と思う可能性があるからだと思います。
学校の校則は理不尽なものも多く、納得がいかないものも多いかと思います。しかし、学校側の事前の連絡手段が甘かったのではないかと思います。準備の段階で禁止といわれていたのに、持ってきたというのは、生徒のほうが悪いのではと、私は思います。修学旅行は集団での行動を勉強したり、友達とのより深い交流を目的としているように思います。お子様1人だけが音楽を聴いている状態で、他の友達はどのように思うでしょうか。
私自身も校則が厳しい環境で中高時代をすごし、辛い思いもしました。しかし先生方はダメな理由を、質問をすれば丁寧に答えてくださいました。納得のいかない事にただ反発しても、何の解決にもなりません。学校側との話し合いを何度も繰り返して、納得のいく説明を求めてみるのもいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2006-02-28 23:11:31

ANo.46

共感しました。

言いたいことはいろいろあるが、返さないのなら窃盗罪で告発するぞ、位の強い態度で臨まないと、学校は変わりませんよ。

> 日常の学校生活でも理不尽な規則で何でもかんでもギュウギュウに押さえつけられて
規則で縛り付けて、規律を重んじ、その団体を一つに纏め上げようとする。
これを、「全体主義」といいます。昔のドイツのナチズムみたいなものですね。最近は、アメリカにもその傾向があるようですけど。

最近の学校は、非常に危険な思想のもとで運営されていると思います。それを変えるのはあなたがたです。がんばってください。

投稿日時 - 2006-02-27 23:24:41

ANo.45

(1)ないです。
(2)学校の見解そのものが「基準」です。

 私も質問者様の主張は一々理解できますが、悲しいかな、今もなお、日本におけるほとんどの小中高等学校では前時代的な、生徒や親の人権を無視した完全管理型教育が行われています。そしてほとんどの生徒や親がそれを当然のこととして受け入れ、それに少しでも反発しようものなら異端として排除されるようになっています。「学校」だからといって、理想化することはくれぐれも止めた方がいいと思います。学校はナチスドイツであり、戦前の日本です。学校の言うことがすべてであり、反対は許されません。

 そのことを理解された上で、今後、お子様と一緒に身の振り方を考えられたらどうですか?? 余計なお世話ですが、高校のことも考えると、内申などもありますし・・・。

 私はかつて生徒会長として生徒らの全面的支持を受け、理不尽な校則改正に取り組んだものの、教職員らに話し合いすら拒否された経験を持つ、元学生でした。

投稿日時 - 2006-02-17 00:28:12

ANo.44

この質問も長いですね。
一言アドバイスさせていただきます。
まず、ご質問者様がしなければならなかったことはお子さんの行動を肯定することではなく
なぜ「規則」を守らなかったのか聞くことだと思います。
学校には様々な「規則」がありますね。おっしゃるように
理不尽な規則も多々見受けられるのも事実です。
ですが、理不尽であろうがなかろうが「規則」は「規則」です。
そして「規則」として存在してる以上、守る義務があると思います。
斜めがけリュックやくるぶしソックスで来た子たちも、なぜいけないと言われているのに
わざわざそういう格好できたのか不思議ですね。
ご質問者様も、その子たちの親御さんも
理不尽な規則だから守らなくていいんだよ、というお考えなのでしょうか。

「悪法も法なり」という言葉がありますが、ご質問者様のお子さんだけでなく
その学校の生徒、保護者の多数が理不尽だと感じている規則はいずれ淘汰されていくと思います。

投稿日時 - 2006-02-11 10:32:15

ANo.43

無意味なルールはあります。
が、学生にとって重要なのは「ルールが適当か」ではなく、「ルールを守れるか」です。
社会に出るまでにルールを守る練習をしてください。
校則以外にも、社会に出ても理不尽なルールはありますから。
文面から質問者さんなら理解ができると思います。

投稿日時 - 2006-01-24 20:00:40

ANo.42

もっていって 没収されてた それが いまのあなたの 立場です  日本こくの 学校とゆう なかの
クラスの 中のきみです  Cドライブの
学校フォルダの クラスフォルダに いるようなものです 地球のうえに たってて いっしょにまわっているのを まわりたくないと とまりたければ
宇宙に いって宇宙人に なれば 地球の影響をうけません

ただ 大きいものは 質量がおおきく影響力が
あります 軍隊 群れ 団体 と 生命は
みんあ 役割分担して いきています
その 役割分担をするときに 脳の 結うことをきいてくれないと こまります
手がかってに ちんこかいたり
かってに うんこ もらしたら いやでしょ
だから あなたわ 上のひとの ゆこをおきいとくのが
お利巧と ゆうことだとおもます
あなたの いまの 役割は 上の ひとのゆことお
きいて みんなと協調できるかとゆうことを
ためされているのです

反発して 孤独になると いろいろとこまるとおもいます

だから あなたが 学校より 上の立場 の人になれば くるまをもっていこうが ヘリえ以降が 没収
されることはありません

投稿日時 - 2006-01-24 19:47:27

ANo.41

現役学生です。
(1)について・・・権利は無いと思います。でも学校が決めてるんだから仕方ない。それが嫌だったら辞めるしかないでしょう?
(2)について・・・理不尽だろうと何だろうとそれが学校ですよ?社会に出たらもっと理不尽な事もあると思います。
なんか、書き込みを見ていると過保護のような気がしてきます。正直、クラスメイトにあなたの子供のような子がいるととても場がしらけます。協調性に欠ける人とでも言うんでしょうかね。こういうことは権利でも規則でもない事だと思います。これは集団生活の中での最低限のマナーですよ。それを親が教えなくてどうするんですか?「謝罪するつもりは無い」とか言ってますが、親としての責任をきちんと果たせ、という感じです。あなただって、修学旅行に必要なものとそうでないものくらい分かるでしょう?ヘアアイロンなんて必要ですか?普通に考えれば誰だってわかりますよ。お願いですから、集団生活している仲間の迷惑になるような事はさせないようにして上げて下さい。

投稿日時 - 2006-01-24 15:30:04

ANo.40

ルール以前の、マナーとしての問題だと思います。
マナーがわからない子供には、ルールで押しつけなくてはダメな部分もあるのではないでしょうか。

教えてgooの規約に、「質問に答えてもらったら、
必ずお礼を書かなくてはいけない」と言うルールはないと思いますが、
沢山の人に答えてもらってほったらかし、と言うのはマナーとしては問題ありではないでしょうか。

そう言った事がわからないお子さん、親御さんのために
ルールとして規定してあるんでしょうね。

投稿日時 - 2006-01-21 14:15:08

ANo.39

(1)ない
(2)ドライヤーも家電製品ですが何か。と
それは置いておいて、先生たちの好みでしょう。

投稿日時 - 2006-01-09 05:03:08

ANo.38

書き忘れましたが、親も一緒に行く理由は、与えられた1週間の間に自分の非を認めて謝りに来れば、親も当然規則に反した自分の子が悪いと納得しているとわかるからです。
それまでに謝りに来ないということは、親も納得できていない、わかっていないから、同席することで、お子さんでの指導内容を一緒に理解してほしいからです。疑問があればその時に先生に直接ぶつけてみることが良いと思います。

投稿日時 - 2005-12-01 13:20:01

ANo.37

まだ質問が閉じられていないので、回答します。

修学旅行は学習を目的として企画されています。「家に帰るまでが旅行だ」とよく言われていますが、その通りなんです。
自分の暮らす町と異なる文化に触れ、自分の故郷の良さを感じたり、家族と離れたことで家族への思いを新たにしたりできます。また、学校でのつきあいがほとんどの友達と寝食を共にすることで、友達の新たな一面を知ったり、自分の良さを感じたりすることもできます。集団生活の中での自分の役割を感じ、それを果たそうとする、そういったことも修学旅行の目的です。
意義があるからこそ、どこの学校でもやるのです。ただ旅行するなら、家族とすればたくさんでしょう。

ですから、学習の妨げとなるようなことを規則によって禁じているのです。

MP3については他の方と重複するので、多くは省きます。20年後に思い出したときに、行きの電車で友達とワイワイ話しながら楽しく移動したことを思い出すか、友達が隣でおしゃべりしているときに自分だけMP3を聴いていたのと、どちらがいいでしょうか。

花札は博打や賭け事を連想させるからふさわしくないのです。

ヘアアイロンは髪をセットする要素が強いからダメなんです。
ドライヤーは長い髪をなるべく早く乾かして風邪をひかないようにするため許容した物です。ドライヤーだって10年くらい前は禁止でした。

リュックとくるぶしソックスは安全のためにダメなんです。

慣れない土地で長距離を歩き回るとき、うっかりつまずいたり、バランスを崩したりしたときに、リュックは手をつけるようにするためです。斜めがけのリュックは荷物が不安定になりやすく、危ないからです。
また、くるぶしソックスは、靴づれを防ぐことができないからです。靴下の役目は靴の中を快適にすることだけでなく、足首を保護する役目もありますから。

他の方は、先生がその場でどうしていけないかを納得させない、説明できないと言っていますが、そうではなく、説明しないのです。

「中学3年生なのですから、どうして自分の行った行為がいけなかったのか、十分に考えなさい」ということから、取り上げたのです。

一週間という時間を設定したのには、冷静になって、自分の行動を顧みなさいと言う意図があります。また、その間に親も子供と一緒になって考えなさいということもあります。
それを親も一緒になって、なんでそれがいけないんだなんて言っている場合じゃありません。

どうしていけないのかを、教師が説明することはとても簡単です。すぐに教えないのは、自分で深く考えもせず、集団生活を乱す行為を行ったことを自らがよく考えてほしいからです。

親の立場としてお子さんがかわいいのはよくわかります。規則があるにはそれなりに理由があるのですから、どうしてこの規則が必要なのかを1週間の間にお子さんに考えるように促すべきだったのです。

謝罪しないのも結構ですが、規則がある以上、みんなが納得できない規則は改正するなり、撤廃するように働きかければいいじゃないですか。

最近の中学生は、生徒集会で、「規約の改正をしたい」とか自分たちで自分たちの守るルールについて考えようとする子が多いです。守りたくないような理不尽な物だったら、そういう働きかけをお子さん自身がすればいいのです。

今回の場合は、修学旅行の説明を受けるときに、(しおりを作るときに)先生や友達みんなで規則について意義を唱えて、新たな規則を提案すればよかったのだと思います。


規則を破れるくらい度胸があるなら、規則の改正を提案するくらい訳ないのでは・・・と思いました。

投稿日時 - 2005-12-01 13:14:01

ANo.36

こうしたルール違反は、「『あってはならないこと』ではない」と思います。

・ルールには必要なものも理不尽なものもある
・ルールを破る生徒がいる
・教師はルールを破った生徒を罰する
・納得できない生徒と親は講義する
・本当に理不尽なものは時間がかかれど改善できる

どれもいたって自然なプロセスだと思います。
ルールも教師も生徒も親も社会も、完全であることはありえませんから、こうしたプロセスがあって、それぞれ成長していけばいいじゃないですか。

投稿日時 - 2005-12-01 12:26:40

ANo.35

皆さんの言うとおり修学旅行は学校行事の一つ集団生活を学ぶ場です。修学旅行に行ってmp3で音楽を一人で聴いていても意味がありませんよね?
それに学校側の事前指導が足りないということはないと思います。数年前に修学旅行を経験してますが、出発前日ぐらいに体育館に集められて事前指導ありますよね?普通。うかれている生徒に釘を刺す感じで修学旅行はただの旅行じゃなく勉強の一環だということも少なからず学年主任、校長にしつこいほど言われるはずです。そこでもっていっていいもの、もっていってはいけないものも確認します。そこで不満があればそこで質問すればいいのです。学年全員、校長までそろってるわけですから。知っていてわざわざ持っていって没収されて逆ギレするなんて困った話です。教師からすれば集団行動を乱すやつほどいやなものはないはずです。質問者さんは学級委員長などやったことはありますか?みんなの前に立って何か決めるときに話を聞かずうるさい人がいたら困りますよね?うるさい人がいたら”普通”注意します。注意しないとほかの人もうるさくなるからです。話を戻すと、一人規則を破った者を注意しないとほかの生徒も真似をするでしょう。それで学校の風紀が乱れていくのは放って置けないでしょう。それに規則は先生方が好き勝手に決めているのではありません。理由があるから決めているのです。理由はほかの方が散々書いてるので書きませんが規則違反のものでトラブルが起きたらあなたは先生の責任を追及するでしょう。まあかえるの子はかえるという言葉がありますがそうなんでしょう。親がしっかりしてないと子供もどうしようもない子が育ってしまいます。学校の規則が守れないような子が将来社会のルールが守れるでしょうか?絶対に無理です!
最近の若者がどうのこうの最近よく聞きますが悪いのは子供ではなくその親でしょう。子供は他人より自分の親を見てそだちます。子供がどうしようもなければ親の教育が足りなかったのです。小さいころからいい事と悪いことの区別をじっくり教えてあげるべきではないでしょうか。最後に自分がこういう親でなくて神に感謝です。

投稿日時 - 2005-11-12 04:33:09

ANo.34

♯43様のご解答を読んで、再び。
教師のほうも、きちんと事前指導を通して指導を徹底させておく必要があるでしょう。もちろん生徒たちに分かりやすい言葉で、納得できるまできちんと指導がなされているべきと思います。それでもそれに反しているのなら…、と思って書き込みました。確かに、責任転嫁することは簡単です。生徒に納得があるまでは指導が通ったとも思いません。また、教師のほうにも非があったかもしれません。
自分以外の方の意見を聞けて、私自身も考える機会が持てました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-11 20:03:43

社会人20年のおじさんです。
色々なご意見がありますね。その中で(1)に関する一部の方の御意見について少し気になりました。
「satosatokinko」さんの回答にありますように集団宿泊を通して多くのことを学ぶ機会の場に、持って行ってはいけないものを持ってきたのは良くないですね。
先生からすれば迷惑な話だと思います(個人的にはどんな、何が迷惑なのかよくわかりませんが)。
先生や教育の世界では「常識」なのだろうかとも思いますし否定はしませんしできません。

しかしこの場合はその「常識」が何故子供に理解してもらえなかったのか、何故いけないことなのか、何故先生にとっての迷惑なのか、それを教えて納得させる努力を先生はしたのでしょうか。
それを教えてあげるのも教育の一つなのではないでしょうか。
親のしつけや教育のせいにするのは簡単です。
では親にもその「常識」についての事前確認、指導あるいは周知はした上なのでしょうか。親は一般社会の常識で生きています。先生方の「常識」とは乖離があるかもしれませんよ。それを認識していたのなら仕方ありませんが、もしその過程を踏まず親のしつけや教育のせいにするのは先生方のあるいは先生を目指す方の傲慢、軽率以外のなんでもないと思いますが、それはこの場の論点から外れるのでこれ以上は言いません。
一番大事なのは子供がなぜいけないことなのかを理解することではないでしょうか。
感情的且つ短絡的に謝るまで返さないといわれても子供は反発するだけで何の効果も生まないと思います。

私事で恐縮ですが私の息子が通う公立中学は制服がブレザー・ネクタイなのですが先日の文化祭の開会式で先生がネクタイをしない子(三分の一はネクタイをしてない)に壇上から注意してました。
しかしその先生はネクタイどころかジャージにトレーナーという服装でした。
これで子供たちが納得するでしょうか。中にはタオルを首にかけている先生もいました。

今までの回答者の中には嫌なら学校を変わればいいのにという方もいらっしゃいましたが、公立で転向するということの重大さとそれに要するエネルギーの大きさを御存知なのでしょうか。
当の子供だって生身の人間です。
色々なことを考えもすれば疑問にも思います。
大人が考えるほど単純ではありませんよ。
無責任な回答はするべきではないと思います。
質問者さんも子供がしたことが学校にとって何故悪いことなのか(私個人としてはよく理解できませんが)説明してもらえれば納得できるのではないでしょうか。親が謝罪すべきかどうかも議論を呼びそうですが。
社会人の教育や人事を永年やっているとむしろ一般社会のほうが善悪がはっきりして、判りやすいような気がしてきました。
すみません、勝手なことばかり書きました。
教師の方や教師を目指す方は不愉快に思われたかもしれませんが浅学菲才なおじさんの戯言と聞き流しください。
でも子供だって考えてる、ということは気にしていてください。
失礼しました。

投稿日時 - 2005-11-11 18:16:22

ANo.32

今、教員を目指して勉強している学生です。
そもそも修学旅行は、集団宿泊を通して多くのことを学ぶべきだということで実施されています。「一人で音楽を聴いていただけで迷惑をかけていない」というのは、甚だしい話であるのではないでしょうか。教師からしてみれば、充分迷惑な行動です。集団行動を学ぶ機会にあって、お宅のお子さんだけ音楽を聴いているというのは集団から外れた行動をしているということで、ちょっと考えれば分かることでしょう。常識的に物事を判断してみて、ご自分の考えを見直されてはいかがですか。どう考えても、mp3は不必要と思いますが。お宅のお子さんが謝らずに一週間没収されているというのも私には納得できます。
修学旅行では、足場の悪いところも歩くかもしれません。そういうことも考えれば、普通のリュックで、というのは当然のことと思いますが。
学校にとやかく言う前に、色々な場面・状況を考えて子供に言って聞かせるのは親の仕事と思います。何でもかんでも学校のせいにしたりする前に、ご自分に非が無いか改めてみてください。どんな些細な事でも、教育的意義があるのです。学校で学ぶべきことを学ぶために、親御さんのほうもそれに見合った躾なり、教育を施していただかないと、学校(教師)はパンクしてしまいますよ。

投稿日時 - 2005-11-09 23:38:27

ANo.31

今大学1年の男です。
数多くの意見が溢れている中で、私も臆せず思ったことを書こうと思います。

(1)は良いでしょう。(2)から。
とくに目に留まったのがアイロンはOK、ヘアアイロンはNG、ということです。
前の回答者に、中学生には必要ない、外側より中身を磨くべき、と仰っている方がいらっしゃいますが
このように、この辺の問題はもはや修学旅行云々を離れ、その人の普段の生活の価値観に大きく依存してきます。

先に言ってしまえば、私はヘアアイロン等はOKだろうと、思っています。
女の子も修学旅行でお洒落がしたいでしょう。もしかしたら好きな男の子との
チャンスかもしれない。少なくとも中3ならば男子の視線が気になったりする子は少なからず居るでしょう。
ただ一方で、確かに風紀が乱れるかもしれない。世間が期待する「健全な修学旅行」とは違った雰囲気になりえてしまう。
前にでた盗難だとか、そんな単語は本来和やかで健全であるべき修学旅行には似合わない----。
まぁ要するに肯定するべき訳が、否定するべき訳が、確かにあるんです。
ただこれは大体世の中の物事全てがそうなんであって、じゃぁどうするんだというと
単に肯定理由のプラス分、否定理由のマイナス分、あわせて残るのは0より高いのか低いのか、それに尽きます。単純な削りあい。

この削りあいとやらが難しいんであって、そこにここの価値観が入れ混じる。
私は、そのような修学旅行に本来不似合いなものによってできる全体の違和感よりは、
個々の、お洒落がしたい、だとかそういう感情を優先したい。
ちなみに女性天皇の是非については、今までの伝統よりは、今を生きる人の立場などを優先したい、と思っています。
まぁつまり修学旅行以前の私の根本的な価値観がそう判断させるわけです。

これまで長々長々長々と書いてきましたが、これからが正直本題で(笑)、学校側がちゃんと深く考えた上で
ルールを取り決めているのならば、まぁ自分については良くは(good)ないけれどいい(not bad)です。
しかし。中学高校を経て思うのですが、学校というのはmp3プレイヤーだとかヘアアイロンだとか、
そういった「新しいもの」をとにかく否定する気がします。明確な理由はなしに。
否定の理由だけを語り、肯定の理由は聞き入れず。
そして更に正直に言うなら。上のようなことを深く考えてくれる教師というものに出会ったことがない。
質問者さんの書いた教師のセリフを見る限り、その教師も決して人生の先輩といえる経験豊かで要領の良い方だとは思えない。
・・・逆に生徒はやたら本人にとって新しいものを欲しがります。
例えば中学生でも麻雀をやりたがる人が居ますがどうしても麻雀じゃなきゃダメというわけでもないでしょう、普通。
少し気が変われば嘘のように醒める一時的な感情。

両者・・・いや特に大人である学校側が、そういった相互のことを考え、
【ルール】を設定してくれれば、と思います。
・・・あー結局何が言いたいのかはっきりしないレスですね^^;。申し訳ない。

投稿日時 - 2005-11-04 17:40:31

ANo.30

中学3年生の男です。

MP3プレーヤーがダメなのは分かりますが、
斜めがけのリュック、くるぶしソックスがダメというのはどう考えてもおかしいですね。
自分の修学旅行の時も、MP3やMD、携帯電話などの電化製品は持って行ってはダメでした。

でもそれは先生が一方的に決めるものではなく、
各クラスの学級委員が話し合って決めたことでした。

くるぶしソックスや、斜めがけのリュックなどの服装は特別規制されませんでしたが。

お子さんの学校は公立なんでしょうか?
公立でしたら、厳しすぎると思います。

学校にMP3のことで文句を言うのは少し親バカと思ってしまいますが、靴下・リュックの事での文句は当然だと思います。

投稿日時 - 2005-11-04 16:41:37

ANo.29

世の中にはしていいこと、悪いことがあり、法律・常識・習慣・規約・決め事などの「ルール」で細かく分けられています。(身近で簡単な例ではゴミの分別)
最近の(特に若い)人にはその「ルール」が守れない人が多く、自分の若かった頃と比較しても、
その行動には呆れることが多いのですが、大人になって「ルール」が守られない人間でもいいのであれば、中3のうちからどんどん「ルール」を破っていてもいいと思います。
「ルール」自体に疑問があったりとか、納得いかないのであれば、説明を求めたり抗議したりすればいいでしょう。そういう行動・能力も必要なので、
次に今回のようなことがあれば、今後のプラスになるような行動を身に付けられるよう、ご子息と話し合ってはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2005-11-04 16:39:59

ANo.28

(1)権利の意味を取り違えているのではないでしょうか?没収したのは学校側の義務と責任であると思います。一週間という期限は学校が独断で決めたものかもしれませんので、もっと期間を短くして欲しいのなら交渉すべきでしょう。

(2)『持っていってはいけないもの』の基準は常識や良心、相手を理解する気持ちの中しかないと思います。

mp3をもって行きたいのなら、なぜ事前に学校側に申請するなり、もっていって良いのかを確認したりしなかったのでしょうか?
おそらくダメと知りながらこっそり持って言ったのではないでしょうか?それならば自業自得です。

また学校側と交渉して、もしmp3を持っていってもいいということになったなら、そのもって行くという権利に対して、集団生活を乱さないという義務も負うことになります。

『持っていってはいけないもの』の基準を学校が決めているのは、ある意味、中学生や親にはそれを判断する常識がないと判断しているからかもしれません。もし親に常識があると主張したいのでしたら、権利に対して義務も果たすべきです。

実際、(こうゆう言い方は角が立つかもしれませんが)レベルの高い学校ならば校則はゆるいはずです。レベルの低い、治安の悪い学校ほど校則は厳しくせざるを得ません。それは治安の悪い学校の生徒や親は『持っていってはいけないもの』の基準を持っていないからです。レベルの高い学校の生徒や親の場合は自分で判断できるでしょう。

投稿日時 - 2005-10-20 15:41:22

ANo.27

迷惑をかけてはいないと思いますが、規律は守れていない、という状態だと思います。

1.生徒側
  ⇒常識的に迷惑をかけていないので、「迷惑をかけている」という学校側の主張はおかしいのでは。

2.学校側
  ⇒規律を守らせたい。規律を守っている他の生徒にとっては、毒になっている:迷惑をかけている。

という差異が生じているのだと思います。

投稿日時 - 2005-10-15 14:08:53

ANo.26

jidaidreamです。

責任、ルール、教育、意見を言う権利、そしてmp3に関して、概ね下記の方々に共感なので、私はあえてmp3以外のことを書きます。

【なぜ、花札はダメか?】
歴史的背景はわかりませんが、江戸時代中期から現在のような形となり、昭和時代においては、とばく(賭け事)の一種に使われていたと、聞いたことがあります。少なくても、役で、「花見で一杯」「月見で一杯」など、中学生が使う言葉でないことは、ご理解いただけますよね?

【ヘアアイロンはダメ?】
ドライヤーは髪を乾かすことが最大の目的です。
ヘアアイロンは、髪を乾かすことだけでなく、
カールやストレートなどスタイリングデザインを
楽しむための物です。中学生女子に「オシャレをするな」とまでは言いませんが、修学旅行にそこまで
必要でしょうか?中学生なら、外見の前に中身を磨いていただきたいと願います。

【ななめリュックはダメか?】
ななめリュックでも何の不都合もなく歩けるように
感じますが、万が一、転んだときなどどうでしょう?
荷物がブラ~ンと何処に行くかわかりません。手をつこうと思っても、荷物が邪魔で手をつけないかもしれません。それだけでなく、大事な成長期に片方の肩だけに負担を掛け続ければ、背骨の成長に大きなダメージを与えます。先生の言葉足らずであろう理由や、他の子に荷物を持たせるなど、理不尽を感じますが、
私が書いた「禁止する理由」を理解できませんか?

【くるぶしソックス??】
これだけは、理由がわかりません。
ごめんなさい


学校の先生は、『持って行ってはいけないもの』という安易な言い方をしておりますが、何も考えずに、
線引きしているわけではありません。
ドライヤーとヘアアイロン、リュックとななめリュックetcいろいろ比べた中で、中学生の集団行動・学校教育に見合うもの選定しているわけです。

文句や意見を言う前に、なんでそういうルールがあるのかお考えになられたらいかがでしょう?

投稿日時 - 2005-10-09 17:50:30

ANo.25

mp3は、既に回答が出てる通りです。
修学旅行は、今の子供に絶対的に不足してる「対人関係構築力」を養わせる場の一つです。その場において「一人、殻に篭って音楽を聴く」など言語道断。
「内気で無口で級に友人が一人も無く話し相手がいないので、修学旅行でもそうするしかない」自分の愛息をそんな人間に育てたいという事なら別ですが。

タスキ掛けバッグ禁止も、当然と考えます。
修旅に登山や沢歩き等、足場の悪い所を歩く内容があれば、そんな所をタスキ掛けで不都合もなく歩けますか?
悪路が無い、舗装された道しか歩かないにしても、「より安全を考慮して」禁止したくなるのは教師の立場を考えると自然の事です。
万一にも転倒事故でケガ人が出たら、社会的に非難されるのは学校と教師ですから。それが「理不尽」とは..(?_?)

親として、子をどのような人物に育てる気ですか?また、貴方自身はどんな親に成ろうという考えなのか、ゼヒお聞きしたいです

投稿日時 - 2005-10-03 20:48:05

ANo.24

どうも、去年中3でした。
はっきりいってmp3は集団旅行に必要ないね。
トランプはOKなのに花札はダメなのは花札は賭けのイメージがあるから。自分らはトランプも禁止だったなぁ。ドライヤーはOKだがヘアアイロンはダメはアイロンじゃ中学生として必要ないから。ドライヤーは風ひかないためにもいる。、肩に斜めかけするタイプのリュックはダメなのは歩きづらい。

脱がされたり没収は少々ひどいね。自分らは修学旅行だからミタイナ的で没収とかはなかったですよ。
でも
学校側も色々と頭を悩まして考えているんですよ。
これなのにあなたの保護者が理不屈な理由でワーワー騒ぐと学校がもっと困るでしょうね。
子供に規則をやぶったらしかられるぐらい教えといてください。学校で学ぶ5教科よりもこの先大切ですよ。

まぁ今回は子供に謝らせて子供に返してもらったら?

投稿日時 - 2005-09-18 22:28:39

ANo.23

1)ありません。
2)ルールは皆で決めるもので、押し付けられるものではありませんし、既存のルールは、それ相応の目的に合ったものであるという説明を行う責任を追います。
 
 今回の生徒さんの行為に対する学校側(その先生)の対応としては、多様化する現実のニーズから、逃避している、むしろ開き直っているような印象を感じます。保護者会と、学校側で懇談会を行っても良いと思います。
今回の事件は氷山の一角で、しがらみで動けなくなった学校組織に苦しんでいる、教師や生徒の立たされた境遇は、もっと悲惨なものであります。
 保護者の助言はとても大切なものです。現場だけでは見えない視点を持っています。それに、教養育は社会全体で作り上げ、運営してゆくものです。保護者会の活動を活発化し、納得いかない思いを「意見」に作り変え、社会的な価値を高めて、学校側に提示すれば、学校側は、「生徒たちが、保護者たちがそう言っているのだから」と、教育の重荷をふっと、降ろすことができます。重荷が降りれば、学校側もとても柔軟になります。保護者の意見を聴く事で、学校が一身に負っていた責任が分散されるのです。
生徒、保護者、地域、行政、これらが上手くコミュニケーションを活発化しながら意見交換を行い、各々が組織する団体(生徒会、保護者会、学校を見守る会、学校、私立なら企業、等)にリスクを分散し、よりよい教養育を行いましょう。学校側が、保護者の助言をはねつけるとは思えません。是非、進言してください。

投稿日時 - 2005-09-16 12:54:34

ANo.22

空気を読まない発言で申し訳ありませんが、回答させていただきます。

これまでの回答者の仰られていることは尤もだと思いますので、それらに見受けられなかった事(見落としているかもしれません)を書きます。

帰宅時にそれを返してもらえないのは、「親に確かに返す」という意味では正しいかもしれませんが、一週間、引き取りたくても引き取れないのであればそれはおかしいでしょうね(所有権は質問者にあるので)。

また、何らかの規則違反があったとして、それの対応がひどいことも確かだと思います(例えば、斜めかけリュックを持ってきたとて他の子のリュックに小分けするという対応は不適切だと思います。そのリュックを使ったとして、手で持つなどひとの邪魔にならないように持つことは出きるし、そうしどうすることだって出来るはずです)。

また、こうした規則に反感を感じられたなら、事前であれば説明を求める権利があると思いますが、それは事後でも変わらないことです。或る程度質問者側の落度が認められますが、学校側の指導に良くない所があるのなら、それを指摘するのに事前だろうが事後だろうが関係ありません。

しかし、回答者のみなさまの仰る通り、学校側のやっていることは或る程度正しいので、その点を御了解ください。

投稿日時 - 2005-09-04 22:29:13

ANo.21

『義務を果たさない者に、権利を主張する資格なし。』

何のための義務教育でしょう。
社会に出た時に集団の中で生きていく為のことを学ぶ
貴重な場なのではないでしょうか。

もし、息子さんが社会人になった時に規律違反を犯したら
それでも「理不尽な規則で抑え付けやがって」と
反論するのでしょうか。

最近、子供のモラル低下が嘆かれておりますが
むしろ親のモラル低下の方が著しいようですね。

団体の「和」を重んじる風潮がまだ色濃く残る日本社会で
息子さんがうまく生きていく為の術。
先生の言い方で上手く伝わってないようなら
親である貴方が息子に言い聞かせるのが筋。

将来息子さんが社会に出た時に恥ずかしくないように
お母さん、貴方が考えを改めて接してあげてください。

投稿日時 - 2005-08-10 21:33:59

ANo.20

ってか 学校で決められた事は 『ルール』なんだから守らなければならないのでは??守らなくて良いなら最初から『ルール』なんて存在しないんだから。
この意見 取られた子供が書いてるのかと思ったら親が書いているんですね。子供の立場だったらムカつくとかあって言い分も分かるんだろうけど。
なら なおさら言わせてください。 
親立場で 自ら 決められた『ルール』がおかしい。守らなくても良い という意見を出すのはは子供にとって良くないのではないのでしょうか??

実際 もし高額の電気機器を持って行き 子供が盗難にあったら あなたはどうしますか??
ルールを破った子供を怒りますか?それとも 盗難を解決しない学校を責めますか?
実際 私の友達は宿でプレステの小さいやつ を持っていき 紛失しました。(もちろん 違反だから学校に届出は出せません、没収されなかったから良かったものの悲惨でしょう?)

このような 規則があるのは私立学校か公立中学ですかね?
とにかく ルールがあるのに守らないのが悪い、社会に出ればルール=法を守らなきゃ罰せられるのだから。。。(実際 今騒がれてる飲酒問題が例でしょう?)
それを 教えるのが学校であり、親だと個人の意見で思います。

投稿日時 - 2005-07-27 19:22:06

ANo.19

いろんな人にいろいろ言われてるみたいですが・・・。

結局は自分が一番なんですから。
自分が思っていることをすればイイと思います。

いつまでも覗いている人も居るみたいなので
とりあえずは解決済みにでもしたほうがいいのでは?

投稿日時 - 2005-07-26 17:12:48

ANo.18

気持ちは解らなくありませんが
学校は理不尽なところです、集団生活を
させるためには押さえつけなければいけない事も
ありますしソレが教育であると思います。

投稿日時 - 2005-07-12 11:20:51

ANo.17

民主主義を採用しているわが国では、法に反する規則はすべて無効と、法によって定められています。よってあなたの主張は、法的に正しければまったく間違ったものではありません。「学校がつくったルールに従わなかったから罰を受けるのは当然」などという考えは、民主主義をまったく理解していない、きわめて安直な発想だと思います。その点でmezoforuteさんの考えは、所属コミュニティのルールに盲従することよりも、はるかに正しい見解であると思います。
しかし、これを盾に学校側を一方的に非難することは私は支持いたしかねますね。学校側にも考慮すべき事情はあるように思えますから。
例えば、ウォークマンのような高価なものを持っていって、盗難にあった…よく聞く話ですよね。こういうときに分別のない人は、学校側にその責任を追及します。最も悪いのは明らかに盗っ人であるのに、おかしな親が学校に乗り込んでくる…よくある話です。(mezoforuteさんがそうだと言っているわけではありませんよ)
これじゃあ学校側もたまったものではありませんよね。学校の本来の目的である生徒の教育にも差し支えが出ることにもなりますし。
なので、こういった学校側の事情も考慮しつつ、ご自分の主張をなさることをお勧めします。

投稿日時 - 2005-06-28 20:18:40

ANo.16

突然の割り込み、すみません。
早速、本題に入りますが、そもそも学校教育の一環として修学旅行に行くわけですから、持ち物などの規定も学校と同様に、勉強に不必要なものは持ってこないというのが当然ではないでしょうか?
しかもしおりなどにもはっきり明記されているんですよね?
でしたら、わざわざ持ってくるなと言われてるものを持っていったわけですからそれなりの罰を受けるのは当然ではないでしょうか?

それに、お子さんの通っている学校の規則が気に入らないなら、他校に変えればよいのでは?

投稿日時 - 2005-06-27 21:29:27

ANo.15

皆さんが書かれているように、修学旅行中に音楽を一人で聴く行為を起こさせない為、と言うこともそうだと思いますが、やはり、高額な物を持って行く事により、盗難事件などが起きないとも言い切れません。
初めから持って行かなければ問題が起きないからという理由で妹の学校では駄目だと言う理由を説明していました。
確かに、理不尽な校則ってどこにでもあります。
しかし、駄目なものは駄目なんですよね。
妹の学校は、ルーズソックス没収されたら卒業式まで返さないという決まりで卒業式に紙袋いっぱいの靴下が帰って来ました(笑)

もし、本当にお母さんがなぜいけないかを理解できないのなら、先生になぜ駄目なのかを聞いたほうが良いと思います。そすれば自分の子供にも説明できると思いますし・・・。

投稿日時 - 2005-06-05 01:03:53

ANo.14

こんばんは。
規則っていうのは難しいですね。何の苦もなく従えるものもあれば、従ってたまるかと思えるようなものもあります。規則だから、もちろん従う方が安全で有益に決まっているのですが、誰に対しても100%そうであるとは言えないのですね。例えばつい数年前、飲酒運転の罰則が非常に厳しくなりました。あれはどう考えても正しい改正ですが、そのために私のバイト先だった個人経営の居酒屋さんは経営悪化して、閉店のやむなきに至りました。離婚の危機まであったようです(実話)。だが要するに、大多数の安全と利益を守るためには、自分個人の不利は呑まねばならぬ時もあるということでしょう。
が、規則を守らされる側としては、特にこちらに何の相談もなく決められる規則に対しては、疑問や不満を持つ時もあるでしょう。それが一見守って何の役に立つのかと思うような規則ならなおさらです。だから、理由を聞ける機会があれば聞くというのは悪くないと思います。事前に聞くのがもっとよかったのかもしれませんが、気付いたのが今なら、今聞くしかありません。
大事なのは、そういう時、自分の言い分は正しくて相手のはおかしい、という点から話を始めないことです。今の教科書問題と同じで、彼我の状況をまずよく見てから始めないと、思わぬ恥をかきかねません。「絶対謝罪しない」という決心はひとまず忘れて、とりあえず、疑問に思った規則の質問から始められてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2005-05-31 22:07:39

ANo.13

修学旅行は集団でのルールとかを守る訓練だと思います。校則には確かにおかしい事もたくさんありますが・・・まずなぜ子供が怒られたかというとmp3を聞いていたではなくルールを破ったからではないですか?mp3の件は子が謝らないなら親が子供に理解させ謝らせるべきだとおもいますが・・・。電化製品とかを細分化して説明しないと持ってきて良い!悪い!を理解できませんか?集団行動の中で一人で音楽を聴く必要があるのですか?それは何の為ですか?mp3とかがもし盗難にあったらどうしますか?子供の躾は学校ではしてくれませんよ。親が基本的な事を教えるべきではないでしょうか?迷惑をかけなければ何してもいいんですか?私が親なら叱りますよ・・・。
あなたも子供の意見に同調するなら子供は「迷惑かけないなら何しても良い。親もそれは認めてる。」と言う事を自身を持って覚え、確信してしまいますよ!将来は大丈夫ですか?今子供の考えを正すべきではないかと私は思います!

投稿日時 - 2005-05-31 01:38:22

ANo.12

規則がおかしい(とは必ずしも私は思いませんが)ということと、規則を意識的に破ったという行為の是非は別問題です。規則を破った上で、謝罪も反省もしなければ取り上げられることもやむを得ない範囲だろうと思います。
さらに付け加えるならば、「人に迷惑をかけない」というのは見知らぬ他人同士が守るべき最低限のマナーであって、集団には(学校に限らず、社会でも会社でも)もう少し積極的なモラルやマナーがあります。修学旅行はそうしたことを学ぶ場でもあったのではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-05-30 23:35:35

ANo.11

そういうものです。

しかし謝る事だけは躾としてされた方がいいと思います。
ルールが最初から決められていて破る事は悪い事。
そのルールがおかしいと思うならば、最初からこれはおかしいと最初から異論をはさむべきです。

なかなか事前におかしいとは言えないものですので、これからでもおかしいと異論を挟んでも良いかと思います。
しかし、先にルールを破った事に関して謝罪はするべき。
謝罪しないと異論を挟む資格は無いと思います。


また、家族でご飯を食べる時に毎日毎日子供が漫画を読みながらご飯を食べたりTVばかり見て何も会話してくれなかったらどう思われるでしょうか。
折角の修学旅行で、お友達と楽しむ場で一人mp3を聴いているより学校生活最後の思い出を充実させて欲しいと思わないでしょうか。
お子さん本人にとっては迷惑な事かもしれません。
好きにさせてくれよと思うかもしれません。

家族旅行や家族でお出かけの時に一人つまんなそうに子供が音楽を聴くだけでいやいやついて来たらがっかりしませんでしょうか。


その為に出来たルールかと思います。
実際にその行為自体が迷惑がかかるかどうかはかからないかもしれませんが、ルールを破る事は確実に迷惑な行為かと思います。

また、ルールは時代で変わるものです。
一度作られたルールでそれが昔の名残で単に残っているだけというものもあるかと思います。
実際に必要なルールかどうかを再検討する機会も無しにルールはルールだからとして残しているものもあるんだと思います。

それが今の時代に合わないのがくるぶしソックスや斜めかけリュックなのかもしれません。


なので、そのルールはおかしい、というのは全く賛成です。しかし、先にルールを破った事に関しては謝罪の必要があると思います。

質問者さんの家でも家独自の変なルールとかありませんか?
お子さんに対してTVは1日何時間とかTVゲームは何時間とか、何時から何時の間までとか、何時までに寝なさいとか。
また、無くても質問者さんが子供の頃に、そういったルールは無かったでしょうか?
子供心には理不尽なルールに思えるでしょう。

それでもそのルールは破ったら叱られるのが当然です。
お子さんが反論してきてもうまく説明できず、とりあえずそれは駄目なんだと叱る事もあるかと思います。


世の中、他人に叱る事は難しい。
他人に躾するのは難しい。

あまり心地良い意見ではないでしょうし何でわかってくれないんだ!と憤慨されるかと思いますが、意見を聞かせてという事ですので、私の意見はそのルールが正しいかどうかはわからないが定められたルールを破ったのならば謝罪はすべきです。

投稿日時 - 2005-05-30 13:16:00

ANo.10

他の方と同意見なのですが、お子さんに納得できるようきちんと説明できない教師の力量不足もあるのでしょうね。

投稿日時 - 2005-05-30 12:03:07

ANo.9

事前にルールの説明はあったのでは? 保護者向けが間に合わなくても、子供向けに書面なり口頭なりで。例えば「“トランプ”はOK、“花札”はダメ」とかね。
それに納得がいかないのであれば、修学旅行に行く前に議論をしておかなければならないわけです。無視して怒られてから「それは納得いかない」といっても、取り合ってもらえないでしょう。
そもそもルールを聞いていなかったのであれば、本人の責任ですね。本人の責任であれば、保護者のその尻ぬぐいをすることもあるでしょう。

理不尽なルールがあると思うのでしたら、別の場できちんと話をするべきでしょう。今回の話と一緒に話をすると、注意を受けたからいちゃもんをつけているバカ親としかとられないでしょう。保護者同士で意見交流をしてから、PTA総会などで質問するのもよいと思います。

投稿日時 - 2005-05-30 08:56:55

ANo.8

私の個人的な意見を書きます。(少し辛口ですが。)

あなたがあげた理不尽だという規則、私にはそれほど理不尽だと思えません。それどころか、私の時代(まだ20代ですが...)はもっと厳しかったと思います。もちろん厳しいとは思いましたが、理不尽だとは思いませんでした。(もちろん電気製品はすべてだめ、ソックスはしろ(デザインはワンポイントのみ)、靴は黒の革靴かしろのランニングシューズ、かばんは学校指定の者のみ)

社会に出ればもっと理不尽な規則もあります。会社によっては、今の学校の規則と比べても理不尽なこともあるでしょう。そんなときにどうするのでしょうか? 今の規則を守れないようであれば、社会のルールも守れるかどうか怪しいものです。
高校は社会に出る前の試練とでも考えれば良いと思います。決められたルールを守って生活をする、これが重要です。もし納得がいかないのであれば、本人が納得がいくまで話し合う、もしくは生徒会などで取り上げていくべきでしょう。それが集団生活(とこれからの社会での生活)のルールでしょう。

投稿日時 - 2005-05-30 08:54:15

ANo.7

 修学旅行となれば保護者説明会なるモノがあったはずです。無くても携行品の注意事項たる説明書や手引きが生徒・保護者に配布されたはずです。修学旅行に限らなくても校則に則った判断ならば、今回の処置も妥当だと言えると思います。
 校則の内容の理不尽さや矛盾はこの場合置いておきます。何故ならそれが施行されているからです。
 もし、反論があるのならばもっと以前に行ったはずだからです。

 リュックの件も駄目だと分かっていてそれで行かせる方も悪いですね。
 mp3も同じです。携帯も駄目でしょう?

 一週間という時間についてはこれと言った理由は無いと思います。旅行が終わってからとか、反省の意味を含めて単に区切った言い方をしただけだと思います。

 規則を守らないで注意を受けたことについて、規則そのものが悪いと言うのは、話になりません。
 まずは注意を受けたことについては謝罪をするべきでしょう。
 納得のいく規則ではないが破ったことは事実ですからね。
  
 しかし、反論として規則そのものに納得いかないと言うのであれば別な機会にやるべきです。正式に申立をするべきです。あれもこれもと口頭で伝えるよりも第何条についてはコウ、第何条については・・と文書にするのです。他の保護者の賛同も得られればもっとよいでしょう。その際に同じ内容の文書を校長と県の教育センターと町の教育委員会と少なくとも三カ所に提出するのです。

 不思議な校則は全国にあるようです。私たちの中学時代は男子は5分刈りの丸坊主でした。当時はそう決まっていたから誰も反論はしませんでしたね。時代が移り「変だよ」という声が大きくなってから、校則も変わったようです。
 逆に決まっていると思われていた事が実は決まっていない「自由」な事だったと気づいたことも多い物です。小学生のランドセルがそうでした。校則でうたっていない限り何色でも良かったんですよ。

投稿日時 - 2005-05-30 08:46:31

ANo.6

妥当性は内容で決まります。
少なくともmp3については無茶な規則だとは皆さん思っておられないようですね。
その場合、あなたの息子さんが謝罪拒否をした、ということは教師もそのままでは済ませられなくなります。つまり指導の仕方を論議しなくてはならなくなるからです。
指導は納得が必要ですがあなたの息子さんは納得していません。だとすれば1週間というのは無茶な設定とはおもえませんが。
返還して当然、というのは無理でしょう。のどもと過ぎれば熱さ忘れる、ということで、指導の一環であるはずです。

投稿日時 - 2005-05-30 08:06:02

ANo.5

> 没収品を一週間も返さない権利が学校にはあるのでしょうか?
> また、そんなことで親が受け取りに出向く必要もあるのでしょうか?
> 『持っていってはいけないもの』の基準ってどこにあるのでしょうか?

これらは学校または教育委員会に直接お聞きになったほうが良いと思います。

確かに校則の中には行き過ぎた箇所があるようです。

しかし、mp3 が没収されたのは仕方が無いと思います。(電化製品だからということではありません)

修学旅行というのは、参加者同士の交流を深め、団体行動というものを学習する場だと思います。(単なる旅行なら、学校がわざわざ企画する必要は無いでしょう)

そのような中で「一人で…」というような単独行動はふさわしくないと思いますし、それなら修学旅行に行かずに学校で自習でもしたら良いと思います。

世間で自分勝手な行動をするのが良くないことを、あなたが息子さんにどのように教育しているか分かりませんが、団体行動というものをもう少しお考えになったほうが良いと思います。

投稿日時 - 2005-05-30 05:15:56

ANo.4

 一番に問題になるのは、あなたが理不尽だと思っているその規則の数々が「予め定められていたか」どうかです。
 mp3プレイヤーが電化製品に分類されるのは想像がつくことだと思います。その上で、修学旅行前に「電化製品を持っていくことを禁じる規則」があったのかどうか。あったのであれば、学校側の対応はきわめて正当なものです。もし持って行くつもりであれば、事前にその許可を求めるべきであったはずですし。そのような規則がなかったのであれば、学校側の対応は不可解そのものですので、糾弾してもかまわないとは思いますが。

 規則を破ってからその正当性を問うのは順番が違います。校則であれば、入学当初にすべて分かっているはずですから、その時点で改正を求めるなり十分な説明を求めるなりできたでしょう。

投稿日時 - 2005-05-30 04:11:49

ANo.3

こんにちは。

規律がある団体生活で違反をした者は、
処罰されるのはやむおえないことでしょう。
「迷惑かけてない」といくら主張したところで、
それは、単なる後付けの言い訳にしか過ぎません。
団体行動を乱しかねない行為をした事に間違いないので、
管理する側(学校)からすれば十分に迷惑な行為です。

例えば、mp3で各々音楽を聴くという事を許した場合、
みんな個人で音楽を聴くことになってしまい、
学校の狙った集団での学習効果に悪影響が出る可能性があります。
極端な例とおっしゃるかもしれませんが、
ルールを作る際にどこかで線引きをしなくてはいけません。
クラスで何人までOKというわけにはいかないでしょう。

一見理不尽なルールにも根拠はあるものです。
確かにおっしゃる通りに、おかしいと思えるルールもありますが、
なんらかの根拠はあるでしょう。
個人的には、先生方の単なる偏見に基づくものがあるとは思います。
くるぶしソックスの理由なんかがまさにそれ。
素直に「服装として認めていない」とかにすればいいのに…。
理不尽なルールでも守るという事は、
我慢を覚えるのに役立つという解釈は好意的すぎかもしれませんが、
ルール厳守にはそういう効果もありますね。

納得いかないルールーは、是正されてしかるべきですが、
これを根拠に今回の問題を訴えたところで、
息子さんがルール違反をしたのは間違い無い事実であり、
これを弁護する材料にはなりにくいです。
裁判で被告人が「法律がおかしい!」って言っても、
聞く耳持ってくれないのと同じです。
おかしいと思っていたなら、せめて当事者になる前に言わないと。
でないと、「罪を逃れるためだ」と言われちゃいます。
(この場合、出発前に先生と話し合うなりできたはず。)

納得いかない部分があるのは十分わかりますが、
謝罪しないのは悪いことだと思います。
どうあがいても、ルール違反は揺るぎのない事実ですから。

投稿日時 - 2005-05-30 04:10:22

ANo.2

くるぶしソックスは危ないからというの意味わかりませんね。斜めがけリュックがダメも良くわからない・・・。
確かに理不尽な規則ばかりですよね。

でも私の意見としては質問者様の息子さんのmp3はやっぱりダメじゃないかと思います。
たとえばみんなで修学旅行行ってて、一人音楽聴いてる子がいたら、まわりの友達は「私だって聴きたいのに」と思う子もいるでしょうし。(そこで、じゃああなたも持ってくりゃいいじゃんと考えてはダメです。)

私と質問者様の「どこまでがオッケーか」の考えが違うように、どの学校もそれぞれの基準を持っていて、それに納得いかないのは多々あると思います。それを頭ごなしに「あなた達は間違ってる!」と逆上しては、「親バカだろう」と思われてしまうのがオチです。学校の考える基準に反したことは謝罪するしかないと思います。その上で、納得行かない例を穏やかに話せば、学校側の考えが変わるというのもありえるんじゃないかと思います。

ちなみに私の学校では、くるぶしダメとか無かったですけど、やっぱり携帯やMDを持ってたら没収でした。でもそれに「そんなの間違ってる!」って考えることはありませんでした。

なんだかまとまりの無い文章になってしまってごめんなさい。

投稿日時 - 2005-05-30 03:09:53

ANo.1

専門家ではありませんが、一人の社会人としてのアドバイスです。

mp3は団体旅行に必要ないと思いますね。

ルールを守らなかった事に対するペナルティを受けるのは当然だと思います。
それに対して文句を言うのは筋違いだと思います。
権利のはき違えだと思います。

1)親は子供の保護者です。子供がしでかした事への対応に親が出るのは当然だと思いますし、ましてはルール違反ですので子供を指導する立場の親が理由とその原因を聞くのに良い機会だと思います。
貴方がそのことで文句を言う機会としても良いんじゃないでしょうかね?
今回の事は予測されていたにしろ教師にしてみれば余計な事柄です。彼らに時間的余裕を与えても別に問題はない期間だと思います。

2)理不尽と感じるなら、その学校のルールを変更させるか、その学校を選ばなければ良いと思いますがどうでしょうか?

ただ、謝罪するつもりがないなら、何故、ルールを守らなかったか焦点になるかと思います。

最初からルールがおかしいのだというので謝罪しないと言うのならそれはおかしい考えだと私は思います。

ルールを守ることで団体生活である修学旅行に参加したのですから、それが守れないし謝罪ができないのでは本末転倒だと思います。

投稿日時 - 2005-05-30 03:02:49

あなたにオススメの質問