みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

固体、液体、気体

例えば、水の場合、固体:氷、液体:水、気体:水蒸気と3種類ありますが、それはすべての物質にあてはまるのでしょうか?例えば、絶対温度まで下げても、固体にならないような物質はあるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-05-19 14:40:58

QNo.1396996

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

すいません、蛇足かもしれませんが捕捉です。
固体化しない物質は、質問内の様に温度のみであれば、ヘリウムが該当します。ただ、これも超高圧下であれば固化します。
プラズマは固体液体気体に続く第4の物質とも言われています。ただ電気を帯びて、それにより性質が異なります。

質問の意図に合っていたか不安ですが、温度のみの変化であれば他の方も挙げられた様に昇華したり、ヘリウムの様に固体にならない物質があります。

投稿日時 - 2005-05-19 16:12:24

お礼

2度に渡って詳しいご回答有難うございました。

投稿日時 - 2005-05-19 16:43:45

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

同じ質問をもう一つしていたんですね。そこが消されてしまったので,そこで投稿したのと同じのをコピペします。


最も沸点の低い元素は「ヘリウム」で,その沸点は-268.934℃だそうで,絶対零
度でも加圧しないと凍らないんだそうです。(絶対零度は-273.15℃)

そのため,リニアモーターカーではその特質を生かして,液化ヘリウムを用いて
超伝導を作り出し,車体を浮かせています。

投稿日時 - 2005-05-19 16:44:33

お礼

申し訳ありません。
うっかり者で2度もリターンキーを押したら2度投稿されてしまいました。すぐに削除のお願いを管理者にしたのですが。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2005-05-19 16:50:58

ANo.3

温度は物質を構成している分子の運動で、低いと遅く、絶対零度では停止します。これは理想的な話ですが、どんな物質であろうと絶対零度であれば運動が停止するので、固体化しない物質は存在しない、という理論的結論が生まれます。
専門家ではないので現実上の例外の知識は足りませんが、核物質がどうとか…。

液体には常圧ではならない場合があります。昇華する物質は常圧では液体が無いといえますが、例えばドライアイスは約5気圧ほどで液体になります。

気体は、温度には理論的上限が無いので、理論的に気化させられない物質は無いのですが、高温により物質が分解したら気化したとは言えないかもしれません。プラズマになった状態を気化とみなせば別ですが。

参考URL:http://piza.2ch.net/log/sci/kako/941/941192117.html

投稿日時 - 2005-05-19 15:03:41

ANo.2

重箱の隅をつつかせていただきます

>>絶対温度まで下げても
絶対0度のことですね?



ドライアイスなどは固体からいきなり気体になりますよね。この反応のことを「昇華」といいます。
ちなみに、酸素は一度液体になってから固体になります。
(スペースシャトルのあのでっかい茶色のタンクの中身の半分は液体酸素なんですよ)

絶対零度(-273.15℃)ではすべての物質が固体になります。(詳しいことは高校の物理で習います)

中学の理科の教科書に書いてあるはずですあれば読んでみてください。

「昇華」と「絶対温度」gooの国語辞典で調べてみてください。。

投稿日時 - 2005-05-19 14:56:38

お礼

ありがとうございました。
確かに絶対零度ですよね。
うっかり者ですみません。

投稿日時 - 2005-05-19 16:45:39

ANo.1

 例えば、二酸化炭素なんかは冷やすと液体にはならず、固体(ドライアイス)になり、暖めるとやはり気体に戻るだけ(この事を“昇華”と言う)です。液体は無いってことですね。
 あと酸素なんかも、液体酸素はあっても固体酸素は聞いたことないですでねぇ。

投稿日時 - 2005-05-19 14:53:15

お礼

早速のご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-19 16:46:23

あなたにオススメの質問