みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

老後のための目標貯蓄額

現在30代前半の世代で
都心近郊に住む、
ごく一般的なサラリーマンの場合、
老後(定年後)のために貯めておいた方が良い
貯蓄額は、いくらだと考えますか?

テレビや雑誌などで色々と言われてはいますが
実際皆さん、どう思われているのか教えてください!

宜しくお願いします!!

投稿日時 - 2005-05-19 10:45:39

QNo.1396616

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

現在の物価換算でお答えします。

厚生年金加入の場合、現役世代の年収の50%支給で、年1%ずつ減らしていき、20年で20%減額する、という法案が可決しました。

現役世代の平均年収600万円弱、65歳給付開始、老人二人の最低必要生活費月・27.4万円、ゆとりある生活費月・39万円というデータがあります。

最低生活費27.4万円×12ヶ月×平均余命22年-年金支給額年300万円×(22-5)年=2,133,6000円
ゆとり生活ですと5,1960,000円になります。

やはり、定年時の退職金を合わせて5,000万円が一つの目標でしょう。

投稿日時 - 2005-05-19 19:11:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

62人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

1:まず、男性の平均寿命は78歳位です。
2:次に、最悪、国民年金で年間79万円と仮定しましょう。
3:実質金利は0%とします。(実質金利=名目金利x0.8-期待インフレ率)
4:定年退職を60歳と仮定し、生活費を月15万円と仮定して計算すると・・・

(78-65)x(15万x12-79万)+5x15万x12=2213万円
ですから、2213万円あれば、理論上、月15万円ので生活ができる事になります。

できれば3000万円位あればもう少し楽になると思います。
下記URLでは、年金の簡単な計算方法があります。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm

投稿日時 - 2005-05-19 13:57:22

ANo.3

60才で3000万あればOK。
人によってこういう数字はかなり変わるからご自身の場合についてライフプランを建てて検討されたほうがよいと思いますよ。

投稿日時 - 2005-05-19 12:42:00

ANo.2

そうそう、たしかにテレビや雑誌などの話だと
なんか大げさのように感じるんですよ。さらに
いえば生命保険屋もすごい金額を言ってきます
からね。

でも老後といっても、家が持ち家なのか、ロー
ン中なのか、賃貸なのか、子供は働いているの
か、大学生なのか、国民年金なのか妻は年金を
もらえるのか?とかで大きく違ってきます。
ですから、みなさんに意見をきいてもあまり参
考にならないと思いますよ。

でもサラリーマンなら退職金1000万以上は
もらえるでしょうし、厚生年金も今は65歳か
ら?月10万以上はもらえるでしょうから、
そんなに貯め込む必要もないと思うのですが。
でも問題は妻ですよね。働いていなかったとす
れば3号被保で年金金が月5万くらいしかもら
えませんからね。そうなると旦那と妻の年金だ
けではちょっと苦しいですよね。

さらに60歳定年後年金もらえるまでの空白の
5年間をどうするかですよ。
夫婦月10万で暮らすにしても5年で600万
必要ですからね。

住宅ローン払って、老後の生活貯めて、子供の
大学費用も出す!なんてなったらほんと大変で
すよ。

親の財産をあてに出来るなら助かりますが・・・。

投稿日時 - 2005-05-19 11:21:26

ANo.1

貯蓄額という観点だけではなく、定年までの資産形成のシミュレーションをされてはいかがですか。

お子さんの年齢構成などを勘案しながら、どの程度のお金が、どの時点で必要なのか、独立して手がかからなくなる時期がいつか。

厚生年金の他に、年金保険のたぐいを手配しているか、何歳になった時点で、いくらくらいの年金額を確保できるか。

定年までの間のアクシデントに対応できるか、自動車事故、火災、地震、病気などのリスクに、保険を手配しているか。こういうリスクに見舞われても、すぐに立ち直ることができるヘッジができているか。

インフレは沈静化しているものの、それに対する備えはできているか、インフレ時に物価に連動して上昇するような資産をどう選択するか。それは、株式と確定拠出型年金でOKか。

などです。こういうことを専門に面倒みてくれるフィナンシャルプランナーが、銀行、信託銀行、保険会社などの金融機関にいます。そういう人たちに、分析してもらうのも手です。

投稿日時 - 2005-05-19 11:01:48

あなたにオススメの質問