みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CD(譲渡性預金証書)とは、

CD(譲渡性預性金証書)のイメージがつかめません。
一般人でも利用できるのですか?第三者に譲渡可能って・・・・用語解説などに記載されているけど、一般の預金(普通預金、定期預金)等とは、どう違うのでですか?お金を預金する際に、何か特別な(一般預金とちがう申し込みなど)が必要なんのですか?どなたか、小学生でもわかるように解説してください。ちなみに、下段は、用語解説からの引用ですが、今一歩ピン(理解)できません。。。。

‐抜粋‐
CDは、譲渡性預金証書(negotiable certificate of deposit)の略称です。第三者に譲渡可能な銀行の預金証書のことをいいます。

投稿日時 - 2005-05-03 20:58:01

QNo.1366274

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「譲渡性」があるというのが最大の違いです。
普通預金・定期預金というのは、「預金者」「銀行」しか存在しえず、「預金者」しか預金の返還を要求できませんし、
「銀行」も「預金者」にしか預金の払い戻しをしません。

しかし、譲渡性預金の場合には、預金者が証書(譲渡性預金証書)を他人に売却することができ、その証書の
購入者は、購入後は預金者と同じ扱いになり、銀行に預金の返還請求ができますし、銀行も正当に払い戻しに
応じてくれます。

期間についての定めはないので、「普通」「定期」などの差はありません。

預金者からしてみれば、
・預けた銀行が潰れるかもしれなくて不安
・満期までに資金が必要になってしまった
というような場合に、他人に証書を売却してしまえば、購入者から資金を得ることができるという
メリットがあります。

ただ、これは普通は企業が利用するもので、個人向けの取り扱いはないと思います(数千万の単位なら
わかりませんが)。

投稿日時 - 2005-05-04 00:27:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

55人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問