みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供の教育

自分自身に子供がいるわけではないのですが、家庭教師をしていて、将来自分に子供ができたときのことを考えると、なんだか不安になってきましたので皆さんのご意見を伺わせてください。

私は小学校・中学校と公立の学校に通いました。世間では幼稚園から「お受験」をさせる家庭が増える中、決して高いレベルとは言えない教育環境だったと思います。しかし、中学2年生の2学期から塾に通い始め、勉強に真剣に取り組んだ結果、都内で超難関高と言われる高校に入学できました。自分の親は父親は典型的な文系サラリーマンで、母親は高卒ですし、家庭での教育がよかったとも思えません。

自分の子には、小学校・中学校で受験をさせたくはありません。遊びの中から友人関係や社会の大切なことを学ぶ子供の頃に、夏休みにひたすら塾通いをさせ、旅行にも行かず、冷房の効いた室内でひたすら受験勉強をさせることがいいことだとはどうしても思えないからです。私は小学校時代は学校で出された宿題もさほどきちんとはやりませんでしたし、中学に入っても1・2年生はひたすら部活に打ち込んでいました。

人間、その気になれば学校のレベルが低かろうが、なんだろうが、一生懸命勉強すれば自分の行きたい高校や大学に行けると思っています。

自分の子にも、本当の意味で「ゆとり」のある教育(学校に限らず)を受けてもらいたいと思っていますが、今の教育体制の中で、自分が経験したような生活を送り、ある時期、真剣に勉強すれば希望の高校に合格できるような学力を得ることはできるでしょうか。

自分の子に自分の生き方を押し付けるのは良くないことであるとは思いますが、少なくとも小さい頃から受験漬けの生活を送らなくても、自分自身がちゃんとやれば高いレベルの教育環境に身をおくことはできると信じているのですが・・・。

投稿日時 - 2005-03-17 15:21:41

QNo.1274811

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私は、まさしくあなたと同じ考えの、首都圏に住む母親です。私自身が学校で酷い成績をとったり先生に嫌われながらも、ズルい手ひとつ使わずに、ほしいものを全部手に入れてきましたし、息子は、見学の上で本人が一番気に入ったアウトドア系の幼稚園に行かせて、地域の小学校、地域の中学校へと、進みました。本人が受験したければサポートするつもりでしたから「これこれという選択肢もあるよ」と伝え続けてきましたが、当人には、いっさいその気がなかったので受験はしていません。息子の友達も塾に行っていない子が何人もいますが、みんな、真面目で元気でとってもいい子たちです。もちろん、塾通いの末に受験で進学した友達もいい子ばかりですが。

ただし、その経験から言って、こうも感じています。
(1)今の学校の先生は、生徒の大半が塾に行っているという前提で授業を進めている感じがあり、また、授業に付いていけない生徒を、塾や家庭教師のようには丁寧に見てくれない。
(2)それもあって、私のような意志の強い人間は別として、生徒によっては(息子のように)、どんどん勉強が遅れて劣等感を抱いて、劣等感ゆえに勉強する意欲が更に低下してしまう。
(3)かくして、親は仕方なく、塾や家庭教師に頼って自信を取り戻させようとする。逆に言えば、家庭教師や塾で勉強している子のすべてが受験漬けなわけではない。
(4)しかし、経済的な理由、もしくは、(息子のように)子供がどうしても拒否する、などの理由によって、塾や家庭教師をつけられない家庭は(1)も手伝って勉強面で取り残される。

今、息子は、不登校中です。学校も友達も先生も大好きなのに、なぜだか行けなくなりました。どうやら勉強がネックになっているようです。ですが、そこで、更に感じました。

(1)息子の話を聞くにつけ、学区の中学でも充分に満足できる。不登校になったとはいえ、息子の中学のサポートは、専門家も認める、ほぼ万全なものです。
(2)そして、「希望」の学校かどうかは分からないが、どんな子にも義務教育以降の進学の道はあり、それは必ずしも、バカが集まる不良校とは限らない。
(3)また、確かに息子は、成績こそドツボだが、エコロジーや洋画にも関心があって自分の意見をちゃんと持っている、人望のある人間に育ったと思う。

と、とりとめもなく書きましたが、結局、塾や家庭教師をつけなかった我が子は「順調」とは言えない道を歩んではいます。でも、不登校は貴重な経験でもあると私は思って、たいへん不器用ながらも頑張っていますし、だいいち、今までどうやっても、本人が塾にも家庭教師にもつこうとしなかったのだから、親として後悔はありません。

投稿日時 - 2005-03-17 17:12:08

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>遊びの中から友人関係や社会の大切なことを学ぶ子供の頃に、夏休みにひたすら塾通いをさせ、旅行にも行かず、冷房の効いた室内でひたすら受験勉強をさせることがいいことだとはどうしても思えないからです。

同感ですね。勉強によって学力はつきますが、人間性や社会性は人間関係によって育まれるものですから、子供のうちに友達と遊んだり、家族みんなで旅行に行って色々なものを見たり、聞いたり、触ったり、こうした経験の積み重ねをすることは大切だと思います。

子供のときから活発な運動を行い、体力をつけることは、生涯にわたる健全な身体の維持にもつながります。学力があっても健康でなければ非常に問題ですね。

子供の時からずっと受験漬けの毎日で、ほとんど友人関係を持たないまま大人になってしまった男性の話が、数年前にテレビで紹介されていたことがあるのですが、その男性は大学を卒業できたものの、他人と話すことができず、就職活動できなくて、家にひきこもってしまったというものでした。めずらしいケースだと思うのですが。

勉強も大切ですが、遊ぶことも大事なので、相互にバランスよく調節していくことが必要だと思います。



>人間、その気になれば学校のレベルが低かろうが、なんだろうが、一生懸命勉強すれば自分の行きたい高校や大学に行けると思っています。

人間がその気になっても、希望校に入学できる可能性が難しくなる場合があります。それは障害を抱えている人です。「知的障害」だけでなく「学習障害」というものもあり、本人は勉強が大好きでやる気があり、必死にやっているけど、周りの人の勉強についていけなくて、学習に偏りがあります。読みの障害・書字困難・算数の障害・非言語性の学習障害も「学習障害」です。

また、勉強したいという気持ちがあっても、不適応状態になってしまったら、身体化(拒食、不眠など)・行動化(不登校など)・情緒上の障害(精神障害など)を引き起こしてしまい、学習の妨げになります。

こうした問題は非常に難しいですね。


>今の教育体制の中で、自分が経験したような生活を送り、ある時期、真剣に勉強すれば希望の高校に合格できるような学力を得ることはできるでしょうか。

私の意見としては…自分の子供にはどのような高校が合うのか、どのような学習方法によって学力をより身に付けられるのか、家族で話し合い、専門の人と助けもかりて、様々な情報や資料を集めながら考えていくことが必要だと思います。

子供を育てていく中で、子供を見ていくうちに「もっと友達と遊んでほしいな」や「塾に通わせないと勉強がまずいな」と、親としての願いや思い、悩みが出てきます。子供の成長過程で必ず『課題』が出てきますから、その課題を親も協力して解決へと導き出し、子供を適切に支援することによって、体力が身に付き健康を維持できるだけでなく、希望の高校に合格できるような学力を得ることが可能につながると思います。

参考になれば、嬉しいです。

投稿日時 - 2005-03-17 19:55:48

ANo.4

確率の問題だと思います。
高いレベルの教育環境に身を置くことを目的にするならば、 ←重要
やはり塾やそれなりの進学校へ行かせた方がそうなる可能性は高いでしょう。
もちろん、あなたのように公立の学校からでも
不可能ではありませんが確率は低くなるように思います。
自分自身がちゃんとやれば確率は高くなりますし、
ちゃんとの度合いによってもまた変わってくるでしょう。
ちゃんとできるかどうかは親の教育はもちろんですが、
子供の性格、友達関係、運等が多分にからんできます。
ですので単純にちゃんとやればできるというのは間違ってはないと思いますが、
ちゃんとできるかどうかが問題でしょうね。

投稿日時 - 2005-03-17 19:25:30

ANo.2

私も質問者さんと全く同じ考えなので、嬉しいです。

>人間、その気になれば学校のレベルが低かろうが、なんだろうが、一生懸命勉強すれば自分の行きたい高校や大学に行けると思っています。

私もそう思います。
今の学校教育は、20年前に較べればむしろラクに付いていけるものだと思うので、
公立で十分だと思っています。

ただ、自分の子供を持って、よその子も見て少し考え直したこともあります。
人間って、生まれもったものがバラバラというか、個性があるんですね。
勉強が楽しく思えない、いい高校や大学に行きたいとちっとも思えない子もいます。
そういう子は乳幼児期の育て方が悪かったんじゃないか?
という意見もあるだろうけど、そうとも思えないんです。
例えば、小さい頃に自然の中で思いっきり遊んだ子でも、
勉強ができない子はいっぱいいます。田舎の子がみな天才なはずがないですから。

子ども自身も望んでいるなら、お受験コースまっしぐらの人生もアリだと思っています。
(ただ、私も塾へ行かず公立から国立大に行ったので、お金をかける必要はないと思ってます)
親がいくらお膳立てしても、子供に「やる気」がなかったら全て水の泡だと思うので、
親がすべきことは「子供の好奇心の芽を摘まないこと」、
「やる気を見せたら存分にやらせてやること」、そして
「期待通りの育ち方をしなくても、子ども自身が幸せなら一緒に喜んでやること」
だと思っています。

投稿日時 - 2005-03-17 16:22:44

ANo.1

子供の教育は一言では語りつくせませんが、勉強についてのみ…
私自身も含め、親から強要する事はしませんでした。
夏休みの宿題などはもちろん手伝いません。
『できるとこだけやれば良い!』でした。
ですが裏工作をしました。

勉強するだけで良い子呼ばわりされるんだよ。
力があれば好きな大学には入れるんだよという感じですね。
私もその口車に乗せられ、特に辛い勉強したという実感もなく大学へ行き好きな仕事についています…

私の生き様でもある『人望が厚ければお金に困らない』という感性を受け継いでくれたようで
実にそこが嬉しくてしかたがないですね。

受け継ぐと言えば、怖いのはその性格。
「血は争えない」とは、よく言ったもので
恐ろしいまでにそっくりな我が子を見守ることが怖かったです。
案の定?刑事事件的な問題を起こすようには育ちませんでしたが、
私の若い頃よろしく学校では実に破天荒なようですね…
私生活においても、欲がなく、自分を押すのであまり困りはしませんでしたが
言う時は恐ろしく高い要求をする所などはそっくりです。
そこはもう、俺の子だなぁと唸るだけですね…
『進学先私立でなく公立にする!』それを聴いた次の瞬間に差額分を要求されましたからね…
末おそろしや…でも産み育てて良かったと思います。
もし娘がいなかったら今の生活は考えられなかったですからね…

怖いと言いましたが安心してください。
あなたとあなたの選んだ人の性格を持つ子供が産まれるだけです。
あなたはその子の味方、その子はあなたの味方です。
親子でなければそういう関係はありえませんからね。本当に大切な存在です。

あとはどの程度で育てるかです。
甘やかしになるか才能を伸ばせるか…しっかり育てるか腐らせるか…
それはあなたの腕の見せ所という訳です。
押し付けたら拒否…ならば誘導すればいいんです。
今のところ誘導に引っかかっているようですが…
時に娘の誘導に引っかかっている自分がいて…
そんなこんなで楽しい我が家。です。

投稿日時 - 2005-03-17 15:56:15

あなたにオススメの質問