みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

西洋と日本との文明の違い

坂本竜馬の漫画を最近読み始めました。黒船が来てみな文明の高さに驚いていた時代です。同じ時代にして、なぜ西洋は黒船などさまざまな文明の発展を遂げているのに、日本は、こんなにも遅れていたのでしょうか?日本にもすばらしい発明家もいたそうですが、なぜでしょうか?文明の長さの違い?日本の制度の為?宇宙人の存在?まったく、歴史に詳しくないですので、どうのように調べたらいいのか分からなく、ここへ質問いたしました。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-03-10 22:56:35

QNo.1262150

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

江戸末期における日本文明と西洋文明にはその方向性が違っているだけで文明の質的には大差がなかったという認識を私は持っています。もし、大差があったのなら明治以降の短期間で西洋に追いつくことは出来なかったでしょう。

では、なぜ西洋文明の高さに驚いていたかというと、それは西洋文明が「軍事技術」に重点を置き、また戦争が続いたためにその面での発達が大きかったのに対して、日本は江戸初期の元和偃武以来、武器を捨て平和を維持し続けてきたためにその面での発達は止まっていたからです。

この軍事面において大差があり、しかも西欧列強が軍事力を(背景に)用いて開国を迫ったことが彼我の差を大きく感じさせた原因です。列強に征服されないで日本が独立を維持していくためには、西欧の軍事力およびそれを可能にしている軍事関連工業などを導入して真似をしなければなりませんでした。そしてひとたび西洋的な軍事技術などを理解し、自国で生産できるようになれば、列強の一角を占めることは可能
であり、また実際にそうなったことは歴史が示しています。

しかし、よく考えてみれば「戦争をしないで(その時代の最先端の)武器を捨てる」ということが実現できた社会は世界史の中で江戸期の日本だけと言えるほど珍しい出来事です。当時は下の方の述べているような「技術制限」はしておりませんが、人々の考え方が軍事技術開発(富国強兵)という方向に向かなかったのであり、その必要性を感じなかったということは素晴らしいことではありませんか。

投稿日時 - 2005-03-11 09:11:27

お礼

回答ありがとうございます。ほとんどのなぞが解けました。日本も西洋もそれほど、差はなかったのですね。日本とは別の道を歩んでいたため、日本人には西洋に対して驚きがあったのですか。ということは、西洋の人も日本を見て、別の面での文化のすばらしさに驚いたのでしょうね。改めて、日本の良さが分かりました。ありがとうございます

投稿日時 - 2005-03-11 11:59:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

今風に言えば徳川幕府による情報統制が行われた訳です。鎖国と言えば、「出島」での統制が有名ですが・・・では、日本人自身が往来する事を制限する方法は?国内から海外へ勝手に往来するのを防ぐ為、幕府は、外洋に渡航出来るような複数の帆を持つ構造船の製造を制限したのです。当然、勝手に出て行けば「罪」になります。しかし、この間、日本は歴史上類を見ない平和な時代を向かえます。文化面で大きな進歩を遂げていきます。米相場などは、現代の先物取引・デリバティブが制度として発生します。これは金融ビジネス的には驚くべき事です。平和な時代が、知識・知恵を民間レベルで醸成する土壌が作ったと言えます。文盲率は非常に低く、多くの民間人が趣味で本を読んでいました。幕府の情報統制とは別に、書物による知識流布が広がっていくのです。これらが文明開化後にいっきに日本が飛躍していく原動力になっていったと思います。

投稿日時 - 2005-03-11 08:49:34

お礼

回答ありがとうございます。文明の違いを黒船や大砲などだけで比べるのが間違っていたようです。勉強になりました。文化面で世界と引けをとらないすばらしい発展をしていたのですね。

投稿日時 - 2005-03-11 11:53:48

ANo.2

徳川幕府は幕藩体制による支配を強固なものとする為に、外国との貿易を幕府が独占し、また庶民を幕府に従順にさせるためにキリスト教を禁止し、外国人と庶民との接することを極力避けようとする等を目的に鎖国を行ないました。
この政策により、それまでは割と自由に日本にいた外国人達を次第に追い出して、ついには1639年(将軍家光の時代)ポルトガル人を追い出して、以降は長崎で中国とオランダの二つの国とのみ幕府直轄の下に貿易を行なうようになったのです。

ペリーが黒船でやってきた時は1853年ですから200年以上は鎖国をしていたことになります。

その間、一般の庶民は西洋の文明を目にすることはなかったのでしょうが、幕府の上層部は長崎を通してある程度の西洋の情報は持っていたと思われます。

現代でもお隣の北朝鮮は外国人の自由な訪問ができないようなので鎖国みたいなものですね。
従って、北朝鮮の一般人の生活レベルがかなり低いようですね。

ただし、徳川幕府の鎖国政策は西洋に比べて遅れてしまいましたが、その間日本は諸外国から支配されることも無く、大きな戦さも無く、全体的には平和な時代をもたらしたといわれています。

投稿日時 - 2005-03-11 05:29:57

お礼

回答ありがとうございました。とても勉強になります。新に疑問に思うのは、200年の鎖国がなければ、日本も黒船などを持ち、ペリーに対抗できるようなん国になっていたのでしょうか?西洋に侵略された他の国々は、なぜそのような西洋との文明の差があったのでしょうか?お礼に質問して申し訳ありません。

投稿日時 - 2005-03-11 11:35:43

ANo.1

江戸時代、徳川氏の統治政策として、技術進歩の制限がなされておりました。技術の大幅な革新が社会構造を大きく変えてしまうということを良く知っていたということですね。

因みに、黒船がきたときに、当時の知識階級の人間は技術面では驚きませんでした。洋学の普及により、蒸気船の原理についてはすでに知っていたからです。

投稿日時 - 2005-03-10 23:06:16

お礼

回答ありがとうございます。勉強になりました。幕府の安泰のため、それを乱すものを排除するようにしていたということでしょうか?これは、日本人独特な考えなのかもしれません。

投稿日時 - 2005-03-11 11:27:52

あなたにオススメの質問