みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

春分・秋分の日のもとめ方

以前の質問で祝祭日のもとめ方を『エクセル技道場』に掲載されていると教えていただいたのですが、その中で

A1に2001(年)を入力するとB1にその年の春分・秋分の日が表示される。
B1に
春分の日は=DATE(A1,3,INT(20.8431+0.242194*(A1-1980)-INT((A1-1980)/4)))
秋分の日は=DATE(A1,9,INT(23.2488+0.242194*(A1-1980)-INT((A1-1980)/4)))
となるそうなのですが、なぜこのような計算式なるのでしょうか?
ちなみにこの式は1980年から2099年に適用されるとのことです。

投稿日時 - 2001-08-28 18:35:37

QNo.125748

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>INT(*******+0.242194*(A1-1980)-INT((A1-1980)/4))
この部分がなぜそうなるかですよね?
まず1年は365日としていますが厳密には約1/4日長くなるため4年に1度閏年が必要になります。
その約1/4の厳密な値が[0.242194]であると思います。(あまり自信なし)
そしてその値を考慮した1980年の春分及び秋分の日の日付がそれぞれの頭の数字(********の部分)になっているはずです。
あとは1980年からの年数が分ればいいわけですから、上記のような数式で計算できるわけです。
とりあえずこんなところでしょうか?ご理解頂けましたか?
もし詳細な数字や春分及び秋分の日の定義がお知りになりたいようでしたら、カデコゴリーを「天文学」で質問なさると、より詳細な回答を頂けると思います。

投稿日時 - 2001-08-28 20:07:49

補足

ありがとうございます。
1年が365.242194日であるから0.242194というのはなんとなく分かるのですが、20.8431と23.2488の根拠は何なんでしょうか?

投稿日時 - 2001-08-28 20:54:08

お礼

すいません。よく読んでませんでした。
1980年の春分・秋分の日の日付ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-08-28 20:56:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

table_1969さん、こんにちは
天文学的に太陽の位置を精密に求めるんだそうです。
くわしい事は参考URLを見てください。
○春分日、秋分日の計算式 (1980年~2099年の期間に適用)
《春分》
{ 20.8431+0.242194×(年-1980)-[(年-1980)÷4] } =α
《秋分》
{ 23.2488+0.242194×(年-1980)-[(年-1980)÷4] } =β

2100年~2150年の期間に適用)

春分日→20.8431の部分を(21.8510)
秋分日→23.2488の部分を(24.2488)

参考URL:http://www.silkroad.ne.jp/sakura/web/main/tips/base21.htm

投稿日時 - 2001-08-28 20:08:33

補足

ありがとうございます。
1年が365.242194日であるから0.242194というのはなんとなく分かるのですが、20.8431と23.2488の根拠は何なんでしょうか?

投稿日時 - 2001-08-28 20:53:32

お礼

すいません。よく読んでませんでした。
1980年の春分・秋分の日の日付ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-08-28 20:57:17

あなたにオススメの質問