みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教えて下さい。

去年の12月に20歳になったので年金を払わないといけないのですが、
仕事も派遣で自分でしないといけないので
払わないといけないなぁと思いつつまだ払っていません。

義務なので払わないといけないのですが、将来本当に年金はもらえるのでしょうか?
貰えたとしても少ないだろうしそれなら自分で毎月積み立てをしようか考えています・・

今のお年よりはどのくらい年金を貰っているのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-05 16:16:12

QNo.1252187

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず派遣のお仕事をしているそうで、もしその派遣先で厚生年金に加入しているのであれば、厚生年金を通じて国民年金にも加入していますので(国民年金2号被保険者といいます)、国民年金加入の手続(これによる加入は1号被保険者と言います)は不要です。

厚生年金に加入していない場合には国民年金に加入が必要です。(1号被保険者になる)

さてご質問ですが、

>将来本当に年金はもらえるのでしょうか?
もらえないと言うことはないので安心して下さい。
あと「将来」のことしか考えていないようですが、年金にはまだ若い方ですと「障害年金」の方が重要です。(これも国民年金にある機能の一つです)
たとえば事故等にあい一級の障害となると、それから一生涯受けられる物です。25歳で障害を負うとすれば女性の平均寿命85歳まで生きると60年間受けることになり、総額は7000万を超えます。

>貰えたとしても少ないだろうし
これは難しい話しですね。公的な年金、国民年金等は全て終身年金(死ぬまでもらえる)ですから、何歳まで生きるのかによってもらえる総額はかなり異なります。
ただ国民年金の老齢年金であれば大体女性の寿命である85歳まで生きれば払込保険料よりは多いと思いますよ。

>それなら自分で毎月積み立てをしようか考えています・・
これは非常に難しいですね。公的年金ではインフレヘッジといって、物価が上昇しても、その分もらえる年金が増える仕組みです。ところが定期の積み立てなどでは、長期的には物価の上昇によりも金利は低いので、金額的には増えていても、物価の上昇には追いついていませんから、実質目減りします。
ただ株式や公社債、外貨などの積極的な運用をすれば物価の上昇より利息を得ることは出来ますが、かなり専門的知識は必要です。

なにより、年金は終身年金なので、たとえば95歳まで生きれば、もらう金額は非常に多くなり、これはとても自分で株式などを活用して運用をしても得られるかどうかは疑問もあります。

>今のお年よりはどのくらい年金を貰っているのでしょうか?

大体平均寿命まで生きたとして、払い込んだ年金金額の5倍以上ですね。

将来的にはご質問者が不安を感じているようにもらえる金額は少なくなりそうですから2倍程度にしかならないかもしれません。(平均寿命まで生きたとして)

ただ障害・遺族・老齢のセットの年金ですから、保障付と考えると損と言うことはあり得ません。
(実は消費税その他の税金も沢山年金につぎ込んでいるので保険料だけでまかなっているわけではないからなのですが)

投稿日時 - 2005-03-05 20:35:43

お礼

No.1サンNo.2サン有難う御座いました。
年金は国がなくならない限りちゃんともらえるんですね。
今噂で将来もらえなくなるって良く聞くので
正直凄い不安でした^^;
お二人の意見を参考にしたいと思います。
本当に有難う御座いました!!

投稿日時 - 2005-03-06 22:25:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

しっかりした考えをお持ちですね。色々ありますが結論から言えば払った方がいいと思います。
25年以上払えば受給資格が出来ます。(国民年金)20年以上(厚生年金)です。国民と厚生は通算できますので
働いている限りどちらかの年金に入っているわけです。
昔と違って雇用形態が不安定(正社員雇用が減ってきた)で、有利な厚生年金加入より若い人でも国民年金が増えているんでしょうか。現時点で国民に満期間40年加入していた人は年間80万円をちょっと切れるくらいもらっています。ギリギリの25年間の人は50万円位でしょう。
厚生のほうは得ていた収入によって違ってくるわけですが、安定した企業にずっと勤務していた人は300万円くらいで?転職して国民、厚生とつないで資格を得た人で通算35年間位になったひとのある人は130万円位?。
ここで問題なのは年金は個人単位になっていますので、
ご主人130万円、奥さん70万円で計200万円。
こんな感じだと思います。
将来、、、、。の件、もらえなくなる時は日本の国がつぶれる以外無いでしょう。しかし、今でも少ない人は一杯います。貯蓄とかで準備している訳です。
いずれにせよ現制度がかわるにせよ継続されますので、払う方がいいですよ。気がつけば払わずに10何年たっていた。そんなものです。
不透明な時代で分からない事が多いですが現時点でする事をする。これしかないと思います。
以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2005-03-05 18:53:46

あなたにオススメの質問