みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お金の天敵のようなものはありますか?

現在の世界で、お金があればほとんどのことはできると思いますが、お金に苦手なことというものはあるのでしょうか。それが出てくるとお金がすごすごと退場してしまうような、お金の天敵のようなものはあるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-05 08:48:42

QNo.1251488

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お邪魔します。
>お金の天敵のようなものはあるのでしょうか?

面白いですね、ついつい、書き込んでみたくなりますね。

回答は既に出ているようですので、別の視点から、

「私たちが何かを誰かに貸し、売り、与えることが出来るとき、・・・私は余分なものを持っているのですから。ここに、つねに不正の出発点があるのではないでしょうか?」
貨幣の哲学 レヴィナス 合田正人訳

なんと、フランスの銀行家の言葉です。

私はこの言葉に回答できませんが、だれもが余分なものを持たなければ交換は始まりませんが、交換の前に贈与が有ったのではないかと想像しています。

お金は道具です、新しい道具が見つかれば
すごすご退場するのではないかと思います。

投稿日時 - 2005-03-05 10:11:12

お礼

どうもお金が手に負えないゴジラのようになっているのではないかと思いました。ゴジラと戦える、あるいはゴジラをおとなしくできる新しい怪獣を誰か考え出すでしょうか。ご教示感謝いたします。

投稿日時 - 2005-03-05 10:24:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

・国と経済が信じられなくなった時
・愛、平安、友情
・仕事がなくなったとき

投稿日時 - 2005-03-06 12:41:40

お礼

社会が成立する為にはお金以上のものは今のところ無いだろうと思っているのですが・・・

投稿日時 - 2005-03-06 13:45:45

ANo.10

マスターカードの宣伝でしょう。
あれはお金の限界をしめして終わりますからw

投稿日時 - 2005-03-05 20:25:53

補足

もう少し説明をいただけますか?!

投稿日時 - 2005-03-05 21:03:01

ANo.9

新しい道具という表現が、誤解を生んでしまいました。
もう少し詳しく説明するべきでした、反省しています。

道具はゴジラのような怪獣では有りません、確かに、ゴジラは人間が創造した道具ですが、そのフィクションの世界の中でゴジラは、決して道具ではなく、外的脅威です。
道具は、人間が作ったものであり、人間に由来すると言うことを説明するべきでした。

お金に関する憂鬱は、お金の問題点ばかり強調しても解決しません。
お金は、人間の歴史と共に進化し、人間の社会に貢献してきたのも事実でしょう。
交換すること・評価すること・未来に蓄えること、
これらの必要性は、現在の世界に生活する限り、無くす事は出来ません。
人間は社会の中で、各々役割を演じ合い、協力し合う以上、必要でしょう。

しかし、
交換することは、本当に必須でしょうか?
評価することは、本当に必須でしょうか?
未来に蓄えることは、本当に必須でしょうか?

もし、お金に天敵が存在するとしたら

交換もせず、評価もせず、未来に蓄えることも必要でない、
新しい人間が作る、「新しい道具」です。
これは、当然、いまだかって、だれも見たことの無いものです。

そんなものはない、て声が聞こえそうですが、
一寸先は闇と言う事で(笑。

投稿日時 - 2005-03-05 18:30:51

お礼

道具が暴走することもあると思うのですが・・・

投稿日時 - 2005-03-06 13:43:27

ANo.8

#2です。

#7の回答にある、お金のない国は実現しましたよ。
民主カンプチア、すなわちポルポト(サロトサル)政権下のカンボジアです。

ところで、お金を紙幣や硬貨などの物としてみるか、価値としてみるかで答えは変わりますね。インフレで紙幣の数は増えますが、価値の総量は減ります。物としてみれば電子的取引が増加すれば物としてのお金は減りますよ。

投稿日時 - 2005-03-05 18:25:28

お礼

バブルで増えたお金はまさに紙として増えたのではないでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-06 13:42:13

ANo.7

こんにちは。

個人レベルなら、自給自足(食べ物に限らず)出来ればお金など必要ありません。

家族で無人島等隔離された所で生活していけるなら、これもお金は必要ないでしょう。

では、もう少しコミュニティーを広げたらどうでしょうか?数家族で生活した場合は、恐らくお金を使うより、物々交換した方が便利でしょう。

社会全体まで広げた場合で、お金が必要なくなるのは、絶対的な社会主義ではないでしょうか。完全な配給制で、土地や建物その他あらゆる物が共有物、自分自身すら自分だけの物ではなく共有物になると、お金など出る余地は無いと考えます。

この社会がどういう社会かを追求すると面白いのですが、本題と外れそうなのでやめときます。

>お金の天敵のようなものはあるのでしょうか
一言で云えば、私有財産を認めない(認めさせない)社会になるのでしょうか。

投稿日時 - 2005-03-05 13:23:53

お礼

お金は便利な道具だと思っています。特に人が力をあわせるためには今のところ最高の道具だと思っています。社会が無ければ個人は生きていけないと思いますから、私はお金は常に必要と思っています。

投稿日時 - 2005-03-06 13:35:39

ANo.6

継続的に社会生活を行っていこうとするのであれば無理かと思います。(お金を捨てて生きることはできるでしょうが、お金のほうには特に影響がないでしょう。)

局所的な場面でなら、暴力のほうが有効でしょう。

>ゴジラと戦える、あるいはゴジラをおとなしくできる新しい怪獣を誰か考え出すでしょうか。

お金でかなわないからお金の価値をなくす別のものがあればいいというのであれば、仮にそんなものが生まれたとしても、今度はその怪獣とやらに服従せざるをえなくなるだけと思われます。

投稿日時 - 2005-03-05 10:55:20

お礼

お金をおとなしくさせるものならばよいかと思いましたが、ご教示のとおりだと思いました。有難うございました。

投稿日時 - 2005-03-05 11:04:20

ANo.5

手塚治虫先生の漫画で「地球を呑む」というのがあります。
あやふやな記憶&ネタばれなんで、詳しく書けませんが、最後には貨幣経済制度が崩れていきます。
漫画ですが、一度、調べてみてください。

#2さんの言うように、インフレはお金の天敵のひとつだと思います。
政府の貨幣発行が追いつかないような急激なインフレが起きると、お金の信用が下がり、最終的には物々交換になります。

話を戻して、
#1さんの言う事と重複しますが、お金で買えない物が、つまりお金の弱点となりますよね。
例えば、健康。不老不死とまでは行かなくても、若さを保つ方法があるのなら、大抵の人はお金より若さを選ぶと思いますよ。(若い人はお金を選ぶでしょうけどw)
宗教とかもそうですね。死後の世界が確認されて、現世での善悪があの世で反映されると実証されれば、現世でお金を持つ意味がなくなりますね。

ただ、お金を無価値にするモノなり方法なりが発見されたら、今、お金を持っている人たちが必死になってそれを買収するか、潰そうとするでしょうね。w

投稿日時 - 2005-03-05 10:40:24

お礼

天敵というのは、お金を本来の姿になるように抑えるものという意味なのですが・・・

投稿日時 - 2005-03-06 13:40:49

ANo.4

え~~っと、そもそもお金って人が物の価値を定量的に表して取引きする為にあるものですよね。
だから、お金という概念そのものが無い生活や人にとっては何の意味も無いもので、いわば天敵と言う事は出来ませんか?

要はサバイバル生活とか、お金の概念が無い(物々交換主義)少数民族さんの生活とか。
そういう人間の生活様式の変換こそがお金の天敵だと思いますが。 。 。

こうなっちゃあ、いくら札束を現地に持参して行こうがティッシュ代わりにしかならないしねぇ。
何にしてもお金という概念の天敵は、別種の概念でしかないでしょうなぁ。

投稿日時 - 2005-03-05 10:27:03

お礼

お金が暴走しないようにするものは無いのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-06 13:38:42

ANo.2

インフレーションでしょう。つまりお金の価値が下がることです。原因は色々あります。先の回答のように管理通貨制度では国の信用が直接響きますし、敗戦とか、国債のデフォルトとか色々あります。贋金なども信用を下げますのでインフレの原因に成り得ます。

投稿日時 - 2005-03-05 09:08:13

補足

私は、素人ですので思い違いかもしれませんが、インフレではお金がどんどん増殖しているので、インフレが天敵というより、却ってお金を育てているということになりませんか。お金が暴れるのを抑えるような何かを想像しているのですが・・・

投稿日時 - 2005-03-05 09:29:47

ANo.1

いろいろありますが
2つのパターンが考えられます。

1、命や時間などお金では買えないもの
2、その通貨を発行している国の信用の低下

1番の解説は不要でしょう。2番は「お金」自体があくまでその通貨を発行している国がその価値を保障しているものである以上、その国の信用が低下することによりそのお金の価値も低下していしまうということです。場合によっては紙くず同然になってしまったりもするわけですが。

投稿日時 - 2005-03-05 09:02:49

補足

屁理屈みたいで恐縮ですが、1の方はお金は何もできませんが、別にお金がそれで困るということはないと思います。働けないが、圧迫されてしまうこともないと思います。また天敵というほどお金を食い物にするものでもないと思うのですが・・・

投稿日時 - 2005-03-05 09:26:10

あなたにオススメの質問