みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

作品の多い作曲家

バロック、古典派、ロマン派、の作曲家たちで最も、作品が多いのは、誰ですか、交響曲は、ハイドンが、104作品残しましたが、これが最高でしょうか、また、ベートーベンは、モーツアルトより、長生きしましたが、作品の数は、モーツアルトより、ぐっと少ない感じです。たとえば、交響曲の数は、モーツアルト、41作品に対し、ベートーベンは、9作品しかありません、モーツアルトとベートーベンは、作曲の仕方が、かなり、異なっていたのでしょうか

投稿日時 - 2005-02-24 21:02:32

QNo.1236370

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

単純に作品「数」の多い作曲家と言えば、やはりギネスブックに載っているモーツアルトでしょう。
交響曲の曲「数」で言えば質問者様の書かれている通りハイドンだと思います(自信なし)。
ただ、ハイドンは知りませんが、バッハやモーツアルトは、すでに作ってあった自分の作品の楽器「編成」や、ソロパート担当の楽器を入替えたり(たとえば、クラブサン協奏曲を移調してバイオリン協奏曲にしたり・・・逆だったかな?(^_^;))して発表曲数を増やして(?)いますから、純粋な意味での「作曲」数というともっと少なくなると思います。
また、モーツアルトやバッハ(厳密にはこの二人も同じ時代ではありませんが)の時代と、ベートーベン以降の作曲家の活躍した時代の背景にも違いがあります。
モーツアルトやバッハは、毎日のように教会での集会などで「新曲」を発表し、演奏しなければならない、音楽的に「浪費」の激しい時代に生きておりました。また、ヴィヴァルディなどは、まだ協奏曲のジャンル確立の黎明期におりましたから、実験的にいろいろと作曲を繰り返し、「200曲の異名同曲を書いた」なんて言われています。(でも、ブルックナーも「9曲の同じ交響曲を書いた」と言われていますが(^_^;))
しかし、ベートーベンの時代には、曲は一つの芸術作品としてそれだけで独立した価値(つまり、何かのイベントのBGMなどではなく、)を認められるようになり、一般市民対象の演奏会も盛んに行われるようになりました。ですから、同じ曲の焼き直しでは聴衆は満足してくれるはずもなく、作曲家は常にオリジナリティあふれる新曲を作曲するようになりました(理由はこれだけではないですけど)。このような理由で「ベートーベンは人類最初の「作曲」家である」という研究者もおりましたね。
蛇足ながら、モーツアルトの交響曲41曲中、第37番はミハエル・ハイドンの交響曲の第一楽章にモーツアルトが序奏を書き足しただけで、そういう意味では彼作曲の「交響曲第37番」とは言えません。

投稿日時 - 2005-02-25 08:08:26

お礼

なるほど、時代の背景も、あったわけですね、芸術としての音楽を、最高峰に導いたのが、ベートーベンだと思います、オリジナルの作品を仕上げるために、ひとつの曲を作るのに、時間をかけた、そのために、決して、多作にはならなかったというところでしょうか、奥の深い作品をねじっくり観賞したいと思います

投稿日時 - 2005-02-25 20:53:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

モツの交響曲の数とベトの交響曲の数を比べて、41曲と9曲で、ベトの方が少ないと言っているが、曲の長さが違うのだから、その比べ方は通用しないでしょう。ハイドンの交響曲は100曲以上あるが、ベトより短いでしょう。
 交響曲だけを挙げて、作品の数を比較されているようですが、曲の長さが違うから、長生きしたからといって、たくさん作曲できる、というような考え方は通用しないでしょう。
 また、曲の内容の深さもあるのでは?それと、作曲技法にどれくらい凝ってるか、とか。
 マーラーの交響曲9曲とベトの交響曲9曲ではCDにしても、枚数に違いが出てくるでしょう。マーラーはギーレンで13枚。ベト全集はどれも5枚が多い。ハイドンは何枚か。
 単純に作品数だけで比較して、「多く作曲した」とするには、誤りがあるのではないだろうか。数は多くても、曲の時間が少ないとか。
 そういうのを知った上で、作品数を知れば、作品の数に対する捕え方も違ってくると思います。
モ ツの曲はケッヘル番号540くらいある。正確には知らないが。ベトの作品番号は125くらいまである。正確には知らないが。

以上回答になっていないが、作品数を知る上での考え方の一例。回答の種類はアドバイスとした。
 

投稿日時 - 2005-02-25 00:18:59

お礼

モーツアルトのK番号は、626までです、ベートーベンの作品番号は、135までです、作品の長さだけではなく、曲の内容を深くするために、ひとつの作品を仕上げるのに、時間をかけたということも、いえると思います、作品の数にとらわれず、よき作曲家のよき作品を聞くようにしたいと思います

投稿日時 - 2005-02-25 21:02:55

あなたにオススメの質問