みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

事業主貸と元入金の相殺についてです。

 前期末の貸借対照表には、資産として「事業主貸」、資本として「元入金」「青色申告特別控除前の所得金額」があります。
 
 翌期首には、元入金の計算として、
当期首元入金=前期末元入金+青色~所得金額-事業主貸
という計算をすると思います。しかし、事業主貸の金額のほうが前二者の金額の合計額を上回るため、当期首元入金の金額が、マイナスとなってしまいます。

 この場合、元入金の金額がマイナスのまま、貸借対照表に計上されて良いのでしょうか。どなたかご教示下さい。よろしくお願い致します。 

投稿日時 - 2005-02-17 16:24:46

QNo.1223344

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

前年の利益以上に、事業主貸が発生してしまったために、元入金を食いつぶしてしまったのですね。

その場合は、貸借対照表の貸方(右側)にマイナスで計上するか、借方に「元入金」を計上することになります。

投稿日時 - 2005-02-17 17:11:50

お礼

 御回答をありがとうございました。貸借対照表の貸方にマイナスで計上します。別件で質問をしました折には、再度ご教示下さい。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-02-17 17:31:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

当期首元入金=前期末元入金+青色~所得金額-事業主貸+事業主借

ではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-02-17 17:03:57

お礼

早々に御回答をありがとうございます。
 ただ、私の場合、事業主借が無いものですから、「+事業主借」を記入しなかったのです。申し訳ございません。

投稿日時 - 2005-02-17 17:11:33

あなたにオススメの質問