みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妻の扶養について

妻の扶養について、おしえてください
保険の扶養の壁が、これから先年収が130万を超えそうならば、扶養を外れなければならないとの事ですが、妻の場合、パート収入と個人事業収入があります。パート収入は30万程度なのですが、個人事業の収入が300万程度、ただし諸経費が250万程度有り所得としては、50万程度です。こういった場合でもやはり収入で見なければならず、扶養から外れなければいけないのでしょうか? また、現在扶養として継続中なのですが、扶養として、認められない場合、さかのぼって払う必要があるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-17 00:24:30

QNo.1222416

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

事業所得については、収入ではなく「収入-経費=利益(事業所得)」で判断します。

給与と事業取得を合せて80万ほどですから扶養になれます。

投稿日時 - 2005-02-17 06:45:45

お礼

明快な回答ありがとうございます。
安心しました!

もしご覧になっていたら、あわせて教えていただければと思うのですが、給与の方も、経費(65万)を引いた所得控除後の方で計算するのでしょうか?

また、1年たってみて給与と事業所得が130万を超えている場合、どのようにお金を支払えばいいのでしょうか
 追加の質問で申し訳ありません、今後のこともありますので、もしよろしければ教えてください。

投稿日時 - 2005-02-17 07:38:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#1の追加です。

所得税では、給与収入-給与所得控除(最低65万円)=給与所得でず。

社会保険の扶養の認定では、給与収入の額で判断されます。

130万円を超えたら、その時から社会保険の扶養を外れて、国保と国民年金に加入することとなります。

投稿日時 - 2005-02-17 08:50:42

お礼

ありがとうございました。
たいへんよくわかりました、ただ、やっぱり給与所得者は損だなーと思いました。スーツなど必要経費などもあるはずなのに・・・
愚痴を言っても仕方ないので、早速手続きしてきます。ありがとうございました

投稿日時 - 2005-02-17 20:10:38

あなたにオススメの質問