みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「単体フォノイコライザー」、それとも「フォノイコライザー内蔵のアンプ」?

 現在、アナログ・レコード用に、オーディオテクニカの「AT-PEQ3」というフォノイコライザーを使用しています。 しかし、最近、音質的にもの足りない感じがしてきて、(A)「単体フォノイコライザー」の情報収集をしているところです。

 他方、現在使用しているプリメイン・アンプにも不満が出てきて、(B)「フォノイコライザー内蔵のアンプ」の情報収集も始めました。 (B1)デノンの「PMA-2000(4)-N」と、(B2)マランツの「PM-17SA ver.2」が良さそうな感じがしています。

 そこで、予算が10万円ほど(もちろん分割払い)という場合、上記の(A)と(B)のどちらが良いか、判断に困っています。 私が住んでいるのは地方都市で、比較試聴が困難なので、全国の皆様のお知恵を拝借したいのです。

 よく聴くジャンルは、第1に、ポップス(とくに、女性ボーカル)、第2に、クラシックです。

 また、現在使用している機器は、つぎのものです。
(アナログ・プレイヤー) テクニクス SL-1200 MK4
(カートリッジ)     スミコ Pearl
(フォノイコライザー) オーディオテクニカ AT-PEQ3
(プリメイン・アンプ) (1)城下工業 SW-T10
   (2)バクーンプロダクツ SCA-7511KR(100V仕様)
(スピーカー) ビクター SX-LT55

 現在のアナログ・プレイヤーの音質を考えると、10万円の「単体フォノイコライザー」はもったいない気もして、「フォノイコライザー内蔵のアンプ」をも選択肢に入れました。

 たいへん長文になり、申し訳ありませんが、アドバイスを宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-07 22:49:54

QNo.1207406

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

前回はどうも。

まず、単品フォノイコかプリメインか、ですが、バクーンの製品を聴いたことがありませんのでその点を含んで頂いた上で、今後レコードを継続的に発展させていくなら単品フォノイコ、CD中心ならプリメインをお薦めします。
利便性という点でもレコードが永続的なメディアでないことは確かですから、本気で趣味として続けられるのでない限り、単品で購入されると将来ムダになる可能性があります。

プリメインですが、私のイメージではDENON=豚骨ラーメン、marantz=硬水ミネラルウォーター、という印象です。豚骨は毎日食べ続けるには濃すぎ、ミネラルウォーターも硬度が高すぎます。たまに口にする分には、口当たりが変わって良いのですが....

10万円クラスのプリメインであれば、ヨーロッパ系の製品や、日本であればCECなども候補に入れられてはいかがでしょうか。ヨーロッパ系の製品は、概して音楽性が高く、良い耳で設計されていることの分かるものが多くあります。

いずれにしても、評論家や店員、マニア、あるいは某巨大掲示板の意見だけでお決めにならないでください。お好みのソフトを持って、できるだけご自身の耳で聴きにいかれるのが最良です。オーディオショップの少ない地域の方には辛いかも知れませんが(私のところもそうですが)、10万円の無駄金を使うより、5000円の交通費の方がよほど有意義だと思いますよ。

投稿日時 - 2005-02-08 23:54:09

お礼

今回もアドバイスをしていただき、どうも有り難うございました。 限られた予算のもとでは、(A)アナログ・レコード優先か、それとも、(B)デジタル・ソース優先か、を決断しなくてはならないということですね。 また、ヨーロッパ系のプリメイン・アンプというと、オーディオアナログの「プリモ セッタンタ」+オプションの「フォノボード」あたりが、選択肢の1つでしょうか。

投稿日時 - 2005-02-11 21:53:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

takatajunです。何度もすみません。

あまり色々機種を紹介してもなんですが(笑)

将来の発展性を考慮すれば「アキュフェーズ」も候補に入れられてもいいかと思います。

インテグレートタイプ「E-530」です。
同社の音色はデノンに比べていわば“あっさり系”で癖に無いのが特徴ですね。ですから、“粘りっけ”を好む人には不向きかもしれませんが、bandai2004さんはどちら?(笑)

PHONOイコライザーは装備していませんから、専用を購入することになります。とりあえずは今のテクニカを暫くお使いになってみて、不満が出てきたときにお求めいただくといいと思います。

下にURLを貼り付けましたのでご覧になってみてください。

参考URL:http://www.accuphase.co.jp/

投稿日時 - 2005-02-11 22:17:07

お礼

何度もアドバイスをしていただき、とても感謝しています。 さっそく、アキュのホームページで、「E-530」を見ました。音質もE感じがしますが、お値段もとてもEみたいですね。

投稿日時 - 2005-02-12 23:41:58

ANo.5

i-q

あくまで、個人的な意見です。デノンの1500R(2)を使っています。最初は低音が強いかなと思いましたが、今では全然気になりません。生き生きとした音で、聞いていて飽きない。不満があるとすれば、部屋が狭く大音量で聞けないことぐらいです。
イコライザーは単体には及ばないですが、テクニカのAT-PEQ3より2000(4)の内蔵の方が音はいいと思います(推測)。

投稿日時 - 2005-02-09 01:59:45

お礼

アドバイス、どうも有り難うございました。 デノンの1500R(2)は、「価格ドットコム」のプリメイン・アンプの人気ランキングでも、堂々の第2位となっており、とても評判が良いようですね。 私も、できればデノンのアンプも試聴してみたいです。

投稿日時 - 2005-02-11 21:59:00

ANo.3

#1です。再び。

最近2週間ほど前なのですが、知人のアンプ選びに付き合って、大阪の某オーディオショップで試聴したのがマランツとデノンでした。

プリメインアンプで双方とも30万円強の製品です。

久しぶりにマランツの音を聴いたのですが、過去の印象と同じでした。

デノンは先にも書きましたが、非常に繊細で綺麗な音色で、楽器の特徴をよく捉え、それぞれの楽器も見事に融合しました。出しゃばり過ぎず、引っ込みすぎず、そのバランスは見事でボーカルも際立っていました。

一方のマランツは、楽器をやや強調する部分があり、そして各楽器がやや個人プレー的に聞こえました。そしてこれも昔からの特徴である乾燥質の音色。
僕自身の好みを言いますと、この乾燥質に馴染めず“サービス過剰”とも言われるマッキントッシュを選んだ次第です。

さて、ここで結論を書くとなると難しいのですがbandai2004さんがお聞きになられるジャンルからすれば、僕はデノンをオススメします。

上に書きました印象が「水彩画」「油絵」に当てはまるかどうか、僕のような絵画に造詣な無い人はこういうたとえはしないほうがよかったかも。

投稿日時 - 2005-02-08 20:32:02

お礼

再度のアドバイス、本当に有り難うございます。デノンのほうが、私の好みに合うかもしれませんね。

投稿日時 - 2005-02-11 21:44:45

ANo.2

私自身デノンの「PMA-2000/4N」にダイヤトーンの「DS-57HR」を接続して聞いているのですが、全体的に元気の良い音、特にボーカルなどは前に出てくる感じです。

それに対して、店頭での試聴なのですがマランツの「PM-17SA ver.2」はボーカルが少し薄味になるような感じの音色がしました。

個人的には、デノンの「PMA-2000/4N」をお勧めしたいのですが、最終的にはbandai2004さんの好みになってきますので、店頭で試聴できる店があれば、いつも良く聴くCDを持っていって聴いて観られてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-08 01:20:08

お礼

「PMA-2000/4N」のユーザーさんのご意見を直接伺えて、とても有り難いです。 追加的な質問になってしまい恐縮しますが、「PMA-2000/4N」の内蔵フォノイコライザーの特徴を教えていただけると大変助かります。

投稿日時 - 2005-02-08 17:30:25

ANo.1

またお会いしましたね。

今お使いの真空管式アンプは出力が1.6w×2ですから、ビクターのSX-LT55を駆動するにはあまりにも出力が低すぎますね。

許容入力の大きなスピーカーに小出力のアンプを繋ぐことは危険でさえあります。

音量を上げようとするとアンプのほうが先に歪はじめ、乱れた波形をスピーカーに送り込むことになります。乱れた波形はツイーターを破損することになります。

逆に大出力アンプで駆動すれば音量を少々上げても波形が乱れませんから、一瞬ならスピーカーの許容入力を超えても大丈夫です。

さて、肝心のアンプ選びですが、デノンは綺麗な音、日本の美学だと言った評論家が居ました。
同社の製品を聴く機会が何度か有り、又CDプレーヤーを所有する友人も居ます。

綺麗な音で、絵画に例えると“水彩画”のような味わい、とでも言ったらいいのでしょうか。

一方のマランツは、やや個性が有り、“綺麗”というより、音楽をそれらしく聴かせる…。やや濃いめ音でしょうか。絵画で例えると“油絵”でしょうか。

「油絵」の最たるものは、僕も使っていますマッキントッシュなのですが、マランツもやはりアメリカンサウンドでしょうか。
その「濃さ」マッキントッシュほどではありませんが。

投稿日時 - 2005-02-08 00:16:31

お礼

前回は、どうも有り難うございました。今回も、お世話になり、たいへん感謝しています。 takarajun様のご意見は、「デノン=水彩画」、「マランツ=油絵」ということですが、○ちゃんねるなどを覗きますと、逆の意見が多いように思われるのですが。 確認していただけると、ありがたいです。

投稿日時 - 2005-02-08 17:23:15

あなたにオススメの質問