みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

メンデルさんの遺伝の法則

生物の実習でエンドウの遺伝のシミュレーションをやりました。丸遺伝子(以後、赤と表現する)と、しわ遺伝子(青)、黄色子葉遺伝子(黄)と緑色子葉遺伝子(緑)の区別をつけた楊枝をそれぞれ100本用意し、
二つのコップに赤、青それぞれ50本ずつ入れ(O(1)、O(2)とする)そして、別の二つのコップに黄、緑それぞれ50本ずつ(S(1)、S(2))入れました。(つまり、O(1)とS(1)に入っている楊枝は一種類の相同染色体である。O(2)とS(2)に入っている楊枝はもう一種類の相同染色体です。)そして、O(1)から一本O(2)から一本取り出し、そしてS(1)から一本S(2)から一本取り出します。それを1セットとし1班500回やりました。そして、二遺伝子雑種の分離比を求めました。(例えば、O(1)が赤、O(2)が緑、S(1)が青、S(2)が黄だったら優性の法則(?)で丸遺伝子で黄色子葉遺伝子となります。)理論上の値だと「丸ー黄」:「丸ー緑」:「しわー黄」:「しわー緑」=9/16:3/16:3/16:1/16≒56%:19%:19%:6%ですけど僕の班では52%:20%:22%:7%と少し理論値と違いました。全部で11班あるので総数は5500個のデータになりほぼ期待通りの結果となりました。ここで質問なんですけど、このデータをいくつまで減らしても理論値との違いがあまり変わらないのでしょうか?(いくつサンプルがあれば十分なのでしょうか?)統計学が入ってますけどよろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-06 21:13:43

QNo.1205443

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

一般に、試行回数が多いほど誤差が少なくなる可能性が高くなります。何回やればよいかは、どのぐらいの精度を必要とするのかによって違います。

(参考)
http://www.minatoresearch.com/tools/sample.html
このページでは、簡単に計算できるのでやってみてください。たとえば、500回やって52%という結果が出たのなら、回答割合に52%、サンプル数に500と入れます。計算を押すと47.53~56.46と表示されますが、これは真の値がその区間にはいる確率が95%であることを示します。

また、以前に関連する質問に答えました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1194191

参考URL:http://www.minatoresearch.com/tools/sample.html,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1194191

投稿日時 - 2005-02-06 21:44:57

あなたにオススメの質問