みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マンションで地震に強いのは?

マンションで地震の際、強度が強いのは鉄筋コンクリート造と鉄骨造どちらでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-05 22:35:17

QNo.1203910

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

耐震性には2つの考えがあります。

1つは強く頑丈に造って強度を上げて造る方法です。鉄筋コンクリート造はこの考えが中心に造られています。

もう1つは靭性を高めて、粘り強くする方法です。鉄骨造は強度型で設計するケースも結構ありますが、こちらの考えで設計することが多いです。

これは鉄が粘り強く、コンクリートは粘り強くないという材料自体の特性が関係しています(鉄筋コンクリートはコンクリートのもろさを補うためにも鉄筋が入っている)。

両者をミックスした鉄骨鉄筋コンクリート造や鋼管コンクリート構造という方法もあります。
免震構法も免震装置部分は靭性に富みますが、上部建物部分は強度型で設計されることが多いので、両者をミックスした方法といえます。

強度がどちらが高いかというと鉄筋コンクリート造といえますが、耐震性が高いのはどちらかというと個々の建物により異なり、ケースバイケースですので、一概にどちらがよいかとはいえません。

なお、最近ではこのほかに制振装置を入れることにより減衰性を高めて地震の応答そのものを小さくする方法や、大地震が発生したときにわざと壊れてエネルギーを吸収したりする交換可能な部分を造るような技術もできています。

投稿日時 - 2005-02-07 09:40:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ここで言っている「強度が強い」と言うことが何を意味するのか、と言うことがよく分からないのですが簡単に考えて地震で壊れるか壊れないかと言うことで考えさせてもらいます。 私が阪神淡路の地震、新潟の中越地震などの写真、報道、専門誌での資料で見た結果私は断然鉄骨造の方が地震に対して優れていると思います。阪神の地震の際なんかを見てみるとマンションの2階部分が全部ぺちゃんこになったり1階の駐車場部分の柱が全崩壊したりしていたのは全て鉄筋コンクリート造(RC)の建物です。ちなみに高速道路の崩壊した柱もRC造です。新潟の中越地震でも新幹線の線路の柱が崩れそうになっていましたよね。あれもRC造です。 その点阪神の地震でも中越地震でもその他の大きな地震でも超高層ビルが完全に崩壊したのを見たことがありますか? 超高層ビルはほとんどが鉄骨造(S造)です。ただ、中規模のビルのS造は亀裂が入ったり傾いたりしていた物はS造でも確かにありました。ただ私が言いたいのは建物が傾いても建物が全崩壊しないければかなりの確率で人命は助かります。RCのように1フロアー全て無くなった様な状態で人命は助かりますか?
 ただ、今の分譲マンションでS造と言うのはほとんどありませんので実際に購入するならSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)が私は1番よいと思います。RC造ならそれなりの免震構造がされていないと・・・と思います。

投稿日時 - 2005-02-10 17:12:30

ANo.4

超高層や免震構造など36条による認定となる特殊なものを除けば、
RC造もS造もどちらも耐震性能は同じです。
つまり、中地震(稀に発生する地震:震度5強程度)では修復可能な損傷にとどめ、大地震(極めて稀に発生する地震:震度6強程度)では倒壊・崩壊しない、という耐震性能です。
これは建築基準法に定められている性能ですが、構造設計者はこの性能ぎりぎりをねらって設計するのが普通です。基準法を満足する設計でさえあれば、地震で何が起こっても設計者に責任は発生しないからです。

投稿日時 - 2005-02-07 22:56:05

ANo.2

単純な強度で言えば鉄筋コンクリートの方が上です。
ただし、地震の際には主に横揺れが掛かり、その場合素材自体の重量が重いほど荷重が掛かるため、強度は鉄骨の方が上である場合が多いです。
例えば、普通の男の人と相撲の力士さんが同じ速度で走ってきてぶつかったとき、どちらの方が衝撃が大きいですか?と言えばわかりやすいでしょうか。

強度で言えば以上のようになりますが、地震の揺れをほとんど伝えない工法である「免震構造」と言うものもあります。
この工法を採用していれば、強度にはあまり関係なく地震の被害を抑えるので、「鉄筋~」や「鉄骨造」と言う部分を見るよりは、免震を採用しているかどうかを見る方が良いかと思います。

投稿日時 - 2005-02-06 01:06:30

ANo.1

基本的には鉄筋コンクリート造(RC造)だと思いますが、鉄骨造(S造)も耐震計算をして、安全性を確保してるので、大差な無いと思います。
それより、揺れの方向や、揺れの質によって倒壊するか、しないかの決定的な差が出ると思います。

もっと安全をと考えるのであれば鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などは結構強いと思います。

ただ、頑丈性だけを追求していた以前と違い、今はビルがたわむことによって、揺れを吸収しようという、柔構造の物件が増えてきてます。

投稿日時 - 2005-02-05 22:57:53

あなたにオススメの質問