みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

株式会社定款変更

つまらない質問で申し訳ございませんが、
株式会社の定款を変更したいのですが、
その際、訂正する箇所を二重線でひいて、上の余白に○○字訂正と印鑑(←誰のがいるのか)だけでいいのでしょうか?
また、訂正箇所が多い場合はどうしたらいいのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-01 18:41:42

QNo.1196907

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#2です。

いつ原始定款を作成したのかわかりませんが、このところの商法改正の影響を受け、定款中の多くの事項が無効・強制変更等に該当する事態となっています。

株主総会にて「定款」を決定し直すことが可能ですので、この際、全文改定としてもかまわないでしょう。

ちなみに
1.株券を喪失した際の除権判決の廃止
2.監査役の任期の変更
3.株主名簿閉鎖期間の廃止
等があります。(ほかにもありますが)

司法書士・行政書士等に相談すればアドバイスが受けられるでしょう。

投稿日時 - 2005-02-16 23:52:10

お礼

度々のアドバイスありがとうございます。
早速、定款の見直しをしてみます。
おそらくは法令の原稿そのままだと思うのですが、
設立が昭和ですので、どうなってることやら・・・。
また何かあればアドバイスしてくださいね!!

投稿日時 - 2005-02-17 00:39:49

ANo.3

○設立当初作成した公証人の認証のある定款(原始定款と呼びます)に定款変更の総会議事録を添付しておけばよいです。

○定款条文全体を書き換える必要はないですが、定款変更の回数や条文が多くなってくると、現在有効な条項の一覧性を欠くので、1番2番の回答のような事務処理をするケースが多いようです。

投稿日時 - 2005-02-01 19:17:19

お礼

回答遅くなってしまい、すいません。
いろんなケースがあり勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-16 10:16:11

ANo.2

会社設立時に作成し、公証人の認証を受けた定款(原始定款という)には手をつけてはいけません。

その後に株主総会の特別決議によって変更された場合には、改正後の正しい条文にて定款を作成し、代表取締役が現行定款である旨の記述を最後に行います。
これが現行定款と呼ばれるものであり、有効なものとなります。

原始定款の全部をコピーして訂正を行い、代表取締役が訂正印を押し、現行定款である旨を記載したものでも有効ですが、あまり見かけません。

投稿日時 - 2005-02-01 18:59:12

お礼

遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
袋とじにして、契印する方法ですよね?
後でなって分ったのですが、これが一番無難な方法なんですよね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-16 10:31:11

ANo.1

定款の変更は、株主総会の特別決議事項であり、株主総会を開催して2/3以上の承認を以って
初めて行える行為ですのでご注意ください。

なお、定款そのものの変更(表示方法)は特に規定はありませんが、一から作り直すケースが
多いようです。
いつ改正したかわかるように、表紙に「〇年〇月〇日改訂」と表示しているようなケースが多いです。

投稿日時 - 2005-02-01 18:48:10

お礼

遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
やっぱり、作成しなおすものなんですよね。
う~ん、原始定款、あるかな・・・。
探してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-16 10:27:29

あなたにオススメの質問