みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

償却済み木造戸建住宅の改修費用の申告

木造住宅を居住用に賃貸しています。かなり古いので減価償却はすべて終わって毎年1割のみ残している状態です。昨年300万円かけて屋根、外壁、内装の改修工事を行いました。確定申告上、この費用は、残っている1割の住宅の価格に加算するのでしょうか。それともあらためて項目を立てて毎年減価償却費を計算して費用化するのでしょうか。またその場合は償却機関は15年とか10年になるのでしょうか。教えてください。

投稿日時 - 2005-01-29 12:29:56

QNo.1191375

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

その建物の使用可能期間を延長させたり、またはその資産の価値を増加させたりするための改修であれば、資本的支出して建物に加算されます。
現状を維持するための改修であれば、修繕費として処理できます。

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/07/07_08.htm

なお、固定資産の場合、帳簿価格が取得価格の1割に達しても、その固定資産を使用している場合は、取得価格の5%に達するまで減価償却をすることが出来ます。

参考URL:http://www.m-net.ne.jp/~k-web/shokyak/sihonteki.html

投稿日時 - 2005-01-30 09:22:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ご質問のお話は、改修内容等により異なります。
従いまして税務署や税理士などに相談して下さい。
商工会議所の税務相談であれば無料です。

投稿日時 - 2005-01-29 12:49:57

あなたにオススメの質問