みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宇宙の外側って?

専門的な知識はまったくありません。
ふと疑問に思いすっきりしないので、質問させていただきました。

過去の投稿を見させていただいたところ、
「宇宙のいうのは空に浮かぶ雲のようなもので、
縦、横方向といった特定の方向に大きな広がり
がありますが、それに比べ高さ(厚さ)方向の
ようにあまり広がっていない方向があるのです。
 人間は普段、この雲で言うところの縦、横
方向にしか移動しないんで、高さ(厚さ)方向
に大きく移動すると雲、つまり今の宇宙を
飛び出てしまう可能性のあることに気づかない
でいたんです。
 人間はまだこの宇宙という名の雲を抜け出す
ことに成功していませんが、理論的に外側があり
そうだということになってきているので、
今実験が行われているところです。」
と書かれていました。
あ~すごく判りやすい例だな~とか感心してしまいましたが、では、その雲の外側はなんなんでしょう??
どんな世界なのでしょう?何も無い空間らしいのですが、その外の空間の中にはまた、われわれのいる雲のような宇宙が存在するのでしょうか?

さらに、宇宙には膨張説と縮小説があるそうですが、縮小説の場合、宇宙のその側の空間が膨張しているということですか?

できましたら、その側の空間は何も無い空間だよみたいな回答ではなく、具体的な?回答がいただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします

投稿日時 - 2004-11-13 05:35:04

QNo.1082296

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

いまこの宇宙の大半は水素、酸素などの物質で出来ていますが、この宇宙の外側には、宇宙の始まりに分かれた反水素、反酸素などの反物質で出来た反宇宙が存在する、(もちろん別の宇宙もある)という説がある、と本で読んだことがあります。

物質と反物質は衝突すると互いに光になって消えてしまうのですが、いろいろな研究の結果、存在は確認されています。

それが、ビッグバンのときに飛び散り、一部は消滅し、残った部分がいつしか集まり、複数の宇宙、反宇宙が形成された。という説だったと思います。

反物質でできた反宇宙に反地球があって反人間の反自分がいたら面白いですね。夢があっていいです。

投稿日時 - 2004-11-13 09:15:53

お礼

回答有難うございます^^

>反物質でできた反宇宙に反地球があって反人間の反自分がいたら面白いですね。夢があっていいです。

反物質ですか・・・聞いた事はあります。でもて言うことは私たちがいる世界が反物質でできている可能性もあるということですよね?
おお、なんかわくわくします。笑

確かに面白いですね!考えるだけでわくわくします^^そんな世界が本当にあると思っていたいですね。ホント、夢があります^^

回答有難うございました^^

投稿日時 - 2004-11-15 19:07:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

私は宇宙は黒い玉だと思っています。

宇宙の総質量は巨大ですよね。
宇宙を惑星に見立てれば、巨大な重力惑星になります。

エネルギーが巨大すぎて、宇宙の外とではエネルギー空間が違ってしまい、違う空間となってしまうのではないでしょうか?

E=MC^2って知っててますか?

これを変換すると、M=E/C^2になります。
(質量は、エネルギーと、空間さえあれば発生しうる)

もし、これが正しければ、空間とエネルギーさえ存在すれば、質量が発生します。

宇宙の外は、空間とエネルギーだけの世界かもしれません。

投稿日時 - 2004-11-15 18:09:20

お礼

>E=MC^2って知っててますか?
これを変換すると、M=E/C^2になります。

すみませんその式はわかりません^^;しかし、エネルギーと空間さえあれば質量は発生しうる。そうなんですか。
ということは、
>宇宙の外は、空間とエネルギーだけの世界かもしれません。
というのもなんかすごく納得できてしまう仮説ですね^^おもしろいです。

回答有難うございました^^

投稿日時 - 2004-11-15 19:16:34

ANo.4

参考に
現在私どもが存在する三次元宇宙には数百万のさまざまな形状の銀河星団がその空間に浮いています。同じように私どもの宇宙を1つの銀河と同じと捉えると、宇宙が無数に存在すると考えられます。おそらくそのような拡大宇宙観が正しい宇宙間であると考えられます。例えるならば、朝、木々の葉に水玉が無数に付着していますね。球形のものや少し扁平なものもありますね。その一つ一つの水玉が数百万の銀河星団を有する宇宙ですね。どのような宇宙であれ、マクロ的に見れば身の回りに見れるようなものの配置と同じですね。お手本があるのでしょう。

投稿日時 - 2004-11-13 14:06:18

お礼

おお、なんともわかりやすいというか、納得してしまう例を挙げていただき有難うございます^^
なんか、その例を考えているだけでわくわくしてしまいます。おもしろい!!

>お手本があるのでしょう。
なんかこの一言が余計わくわくさせてくれます^^
お手本があるのならばそれはどういうものなのか・・・人類が知りえる日は来るのでしょうか?笑

回答有難うございました^^

投稿日時 - 2004-11-15 19:13:47

ANo.3

「M理論」と言う物理理論では,この宇宙を「膜」と見ます.
勿論,我々の言う2次元の「膜」ではなく,更に高次元で言うところの「膜」です.
(次元を下げて分かりやすく図示する為に,2次元の膜で表す場合もあります.)
それによると,膜の外側,と言うのはあるようですね.
勿論,2次元の膜の外側=3次元方向,ではなく,
もっと高次元で表現されるものですが.

で,そこは何?と言われると,より高次元の世界,と言う他は,
我々が日常よく使う3次元世界の中で定義された「外側」のイメージから
脱却しないと,難しそうですね...よく分かりません.

投稿日時 - 2004-11-13 11:31:36

お礼

うーん、難しいですね^^;
>3次元世界の中で定義された「外側」のイメージから脱却

うーん、二次元の人がいたら三次元は理解できないとよく言いますが、それは理解できますが、それがわかりながらも私たちが三次元のイメージから脱却できないのはもどかしいですね。むずむずします^^;

あああーーー理解したい納得したい!!!

回答有難うございました^^

投稿日時 - 2004-11-15 19:11:02

ANo.2

#1です。
すごく面白いサイト見つけたんで紹介しておきます。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~spring/SPACE.HTM#book1

投稿日時 - 2004-11-13 09:37:32

お礼

いや、とても興味深いサイトでした!全て読ませていただきました^^

たびたびの回答有難うございました^^

投稿日時 - 2004-11-15 19:08:22

あなたにオススメの質問