みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅ローンについて

数年前に同居している母と私の名義で土地と家を購入しました。
合計で4300万円を住宅金融公庫から35年ローン(ボーナス払いなしの均等払いで月々18万位の返済)で借入れしたのですが、母と私で各50%の負担(所有権も半々)で片方が死亡した場合、その分のローンはなくなるというものです。
このような状況の中でちょっと問題が・・・実は母が勤めている会社が銀行から借金をしているのですが、その保証人に母自身がなってしまい、土地と家はその担保になっております。
要するにもし会社が倒産した場合、土地と家を取られる可能性があるのですが、母の会社と関係のない私にはどのような影響があるのでしょうか?土地も家も現在住んでおり半分に分けられる物でもないので、全部失ってしまうのではないかという不安があります。
今の内に母の名義を私に移す事も考えたのですが、この場合母が死亡しても当然私の借金として100%を払わなければならず、現実的に返済不可能な金額になってしまいます。
何とか回避したいのですが、なにか良い方法はないでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-24 17:56:22

QNo.1054499

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 ご質問の中で「片方が死亡した場合、そのローンがなくなる」というのは正確には公庫の団体信用生命保険のことだと思うのですが。

 ところで「母の名義を私に移す・・云々」というのは、既に抵当権が設定されている(担保物権になっている)ことからも意味がありません。

 まず、抵当権の設定内容は登記簿謄本で確認したのでしょうか。お母さまの持分(1/2)にのみ設定されているのは間違いないのでしょうか。あと抵当権者(借入先金融機関)がどこかも確認してますか。

 共有物件に抵当権を設定する場合、銀行などでは通常、抵当権の実行性(競売で落札できる)のため共有者の持分にも担保提供してもらうと思うのですが。

 実際に「土地と建物が半分に分けられない状態」の場合、現実的には競売になっても買取希望者(入札者)が現れないケースもあります。
 懸念されてるようにお母さまの会社が倒産して借入金の返済をできない場合、抵当権者が競売の申し立てをすることを回避するのは無理でしょう。

 ただ、住宅ローンの残高はそれほど減っていないと思いますので、住宅公庫以外の抵当権者にとって実際の担保の価値はあまりないと思います。

 事実関係、例えば、抵当権の内容、お母さまの会社の借入金の担保内容(他にも担保提供している可能性大)、お母さまの会社の経営状況(本当に倒産する可能性があるのか)などをお母様と一緒に確認する必要があるように思いますが。

 抵当権者である金融機関の対応によっても状況が変わってきますので、正確な事実を確認の上、住宅公庫で実際に相談されてはいかがですか。

投稿日時 - 2004-10-24 19:42:52

お礼

早速ご回答戴きありがとうございます。
現在、母の会社の借入金の担保内容等の確認をしているところです。
また、ご指摘のように抵当権の内容ももう一度確認したいと思います。
母の勤める会社は今のままの状態だとあと1年もつかどうかという状況らしいのです。
いずれにしても住宅公庫で実際に相談した方が良いみたいですね。

投稿日時 - 2004-10-24 22:13:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問