みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ミトコンドリア イヴについて

こんにちは。

人類共通の祖先はアフリカの1人の女性、という説がありますが
その女性自身はどうやって誕生したのでしょうか?
またその女性が子を産むための男はどこからきたのでしょう?

それともミトコンドリアDNAの分岐を遡ると
1つの種類にたどり着くから1人の女性と言っているだけで
実際は集団を指しているのでしょうか。
イヴが人類の起源というのは納得できるのですが、その起源がどう発生するのかわかりません。
突然変異で一人だけ誕生したのか、それならその交配相手は何なのか。

生物や進化の事は無知なので分かりやすくおしえていただけませんでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-17 18:47:57

QNo.1045792

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、500年前アフリカでチンパンジーから突然変異で人類が誕生。
アフリカでというのは、最古〈およそ440万年前の〉の類人猿の化石が、発見されたからです。
また新人の化石も、アジア・ヨーロッパでは、10年前のが最古であるのに対し、アフリカでは15から11万年前の新人の化石が発見されています。

誕生からどのぐらいかは諸説ありますが、やがて人類はアフリカから世界中に広がっていきました。
そして、その地方にあわせて突然変異の方向も変わったのです。

No2で説明した様に、各地域の女性を、人類とチンパンジーを比較したように、ミトコンドリアDNAを比較すると20年前に分岐していった事がわかったのです。
その分岐直前の女性がミトコンドリアイブです。
ですから、ミトコンドリアイブというのは、最初の人類という事ではなく、現代人の共通の祖先〈おばあちゃん〉という事になります。
もちろんミトコンドリアイブにも祖先はあり、それをさかのぼっていくと最初の人類に行き着きます。

投稿日時 - 2004-10-17 23:50:34

お礼

>ミトコンドリアイブというのは、最初の人類という事ではなく、現代人の共通の祖先〈おばあちゃん〉という事になります。

なるほど、納得しました。
どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2004-10-18 00:24:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

貴方の細胞にあるミトコンドリアはどこから来たのでしょう?

人間は、卵と精子が受精して誕生します。
卵は細胞質を持っていますが、精子は不必要な細胞質を削ぎ落とした形をしています。
ミトコンドリアは細胞質中に存在しますので、卵には母親のミトコンドリアが含まれていますが、精子にはほとんどミトコンドリアがありません。
ということは、受精卵には母親由来のミトコンドリアがありますが、父親由来のミトコンドリアは(ほとんど)伝わらないのです。

つまり、貴方の細胞にあるミトコンドリアは、母親から受け継いだもの、という事になります。
ミトコンドリアは、母親からのみ子供に伝わるのです。

と、いうことは、ミトコンドリアの起源をたどって、どんどん時代をさかのぼって考えるには、女性だけを記した家系図を延々と作ってみれば良いことになります。
すると、最初の起源として一人の女性にたどり着くはずです。これが、イブ。

女性と書くとまるで人間のようですが、イブが人間である必要はありません。類人猿かもしれないし、もっと以前の哺乳類ですら無かったかもしれない。
なにしろ真核細胞(核のある細胞)とミトコンが出会ったのははるか太古の昔ですので、今の地球とは全く違った様子だった時代の話です。イブは、起源となった最初のミトコンドリアを指した名前、ということです。

ともかくも、ミトコンだけをたどっていくとひとつの起源にたどりつくはずで、しかもミトコンは母系遺伝する、という事から「人類の祖先は一人の女性」という言われ方をします。
けれども、実際にはある日突然人類が誕生したわけではなく、ゆっくりとした進化を経ながら現代人につながっているはずです。

人類のミトコンをたどれば原人や猿人につながり、さらに猿人のミトコンをたどれば哺乳類の祖先につながり、さらにさかのぼると動物の祖先につながり、結局は原始的な生命にまで戻ることになるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-18 09:21:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

投稿日時 - 2004-10-21 02:42:18

ANo.2

No1です。
訂正します。今確認のため資料を読んだところ中途半端な記憶なのに気づきました。
500万年前の所まではあってます。

次に、アフリカ・アジア・ヨーロッパ・ニュージーランド・太平洋の女性のミトコンドリアDNAの違いを調べ、
その結果、20万年前のアフリカ女性から分岐した事がわかりました。
この女性がミトコンドリアイブです。

間違えてどうもすみませんでした。これからは、記憶に頼らないで資料を確かめてから回答します。

投稿日時 - 2004-10-17 21:02:33

お礼

丁寧な回答ありがとうございます。

重ねて質問になってしまいますが
・500万年前チンパンジーが突然変異して人類が誕生。
・遡ると20万年前のアフリカ女性にたどり着く。
この2つの間も人類がいたということでしょうか?
その人類から突然変異でイブが生まれ、イブ以外から生まれた人は現代人に繋がらず滅んだという解釈であっていますでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-17 21:19:27

ANo.1

細胞核のDNAは、両親のDNAが半分ずつコピーされますが、ミトコンドリアDNAは母親からしかコピーされません。
ですので女性の名前が付けられました。
また、その変化は突然変異で起こされるのですが、その突然変異とは、時間的に一定の割合で起きます。
人とチンパンジーのミトコンドリアDNAの違いは、10%で、そこから人類の発生〈最初の突然変異〉は500万年前と推定されます。この最初に突然変異を起こした女性がミトコンドリアイブです。

投稿日時 - 2004-10-17 20:30:21

あなたにオススメの質問