みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚詐欺(?)不倫の清算について

友人の話なのですが彼女は×1で子供がいます。
ある男性と知り合いその時相手は独身だと言ってました。
その後付き合い「結婚しよう」という話が出てきました。
彼女はその言葉を信じていましたがその後男は既婚者であることが判明しました。
別れを切り出すと「離婚しようとしている」「もう少し待ってくれ」といわれ、
信じた彼女は、結婚に向け相手の家のカーテンやその他生活が出来るように
新調しました。男がその時はそれを提案し、彼女が料金を振り込み払っていました。
その後妊娠(中絶しました)、お金を貸す(70万程度)などがありましたが
結局男は離婚する意思が無いことがわかり別れました。
その後お金の返済について調停があったのですが
70万円の現金のやり時には借用書がありました。

がカーテン等の支払いのための証書はありません。振り込み記録はあります。
この件に関して相手から取ることはできないのでしょうか。

また今回の件で相手の奥さんが不倫を理由に彼女に慰謝料を請求してきました。
確かに後に事実が分かった後も付き合いをしていましたが
その場合は彼女が負けになるのでしょうか。
中絶等の理由から逆に訴えることはできないでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-04 17:17:41

QNo.1028396

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> カーテン等の支払いのための証書はありません。
> 振り込み記録はあります。
> この件に関して相手から取ることはできないので
> しょうか。
おそらく、無理でしょう。
話の方向としては、いくつか考えられます。
(1) 「カーテン等の支払いのため」借りたが、後に返した。または、「彼女」に立て替えてもらっていた。
(2) もらった。
(3) 貸していたお金を返してもらった。
などなど。
裁判をした場合、実際にどういう話の展開になるかは、相手次第です。
相手が「もらった。」と言ってしまった場合、は特に水掛け論になります。(最も証明が難しいと思われる)
相手が「もらった。」と思っていたのか、「借りた」と思っていたのかを確認する手段は、事実上、無いといっても言いかもしれません。
ですから、返還を求めることはできるけれど、事実上は困難です。(こういった債権を回収する場合、債権の存在確認訴訟が必要となりますが、無駄骨かもしれません。)

> 確かに後に事実が分かった後も付き合いをしていまし
> たがその場合は彼女が負けになるのでしょうか。
婚姻の事実がわかった後の不倫は、ほぼ間違い無く、「彼女」に損害賠償(慰謝料)の義務があると考えられます。(民709)

> 中絶等の理由から逆に訴えることはできないでしょ
> うか。
誰を?「逆に」ということは、相手の奥さんでしょうか?
損害賠償請求をする場合には、
(1) 他人の権利を侵害したということ
(2) 「彼女」が受けた損害と、相手(又は奥さん)の行為の間に、因果関係があること
が要件。
まず相手(か奥さん」が、「彼女」の権利を侵害しましたか?人工中絶は、強制的になされたものではない限り、本人の自由意思によるものとされます。つまり、因果関係はないということになります。もちろん、相手などが「彼女」を蹴るなどして中絶に至らしめた場合は、傷害罪などになりますが...本件は、そんなのではないですよね?
ただ、「彼女」が、結婚に向けての準備の中で、妊娠し、相手が結婚していることが判明したために人工中絶したというのであれば、損害賠償の余地がないとは言えないかも。可能性は薄いですが...
いずれにしても、基本は、人工中絶というのは本人の自己責任。特別な事情がない限り、「彼女」が相手の奥さんを相手取った訴訟はできないと考えられます。

蛇足ですが、同じような質問・回答は、過去ログにもあると思います。それが、なかなか回答をもらえなかった理由だろうと思います。

投稿日時 - 2004-10-04 21:11:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問