みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

もうすぐ全財産1000万!!

もうすぐ念願の1000万が貯まります。
と、いうより全財産がもうすぐ1000万になります。

念願の起業(エステの経営)ができると意気揚々しています。そこで三つお聞きしたいのです。

●起業をするというなら「たかが1000万、されど1000万」ですよね。私が言いたいのは、全財産1000万足らずで起業するならいくらまでを投下資金としてあなたなら使いますか。当然、軌道に乗るまでの運転資金や生活費も視野に入れて。

●起業するにあたり苦手分野等は(税金、会計)人材派遣や税理士に一任するという位置付けですが、やはりビジネスオーナーになるなら知識武装しろ!ということはなんですかね?最低限、何を勉強すれば良いのですか?

●ライフサイクル短命化のこのご時世に起業をするなら、複数企業を視野に入れないといけないと思います。従って
エステサロンをオープンさせたら現場は一ヶ月で卒業。
スタッフを信頼して店を任せ、私は起業家セミナーに参画してアイディアの元やスキルアップしていきたいとの想いです。1ヶ月で現場卒業の私をどう思いますか?又、空いた時間を起業家予備軍の私にふさわしい起業家セミナーに参加して自分の経営者としての器を大きくしたいのです。
起業家予備軍の私にふさわしい講師、会社をご紹介して頂きたいのです。どこで勉強すれば良いのですか?

本当に成功したいのです!!お願いします!!

投稿日時 - 2004-09-24 21:20:27

QNo.1015314

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>「全財産が1000万しかなくて、450万の投下資金を使い商売するのは危険ですかね?」
>もう一度回答お待ちしています。

この問いに対しての私の答えは、ありません。
たとえ、あなたの全財産を100%かけるとしても、危険かどうかは、まったくのケースバイケースだからです。

ただ・・・・・・・・・

今の情報で私が今のあなたに言うとしたら、
「100%自己資金なら、おやりなさい。借金するならやめといたほうがいいですよ。」
くらいです。

ほとんどの人が「そりゃダメだ」といっても、ビジョンを持って、着実に進めてゆく人もいます。
出来上がった地盤を引き継いでそのまんまでも成功なのに、ダメにしてしまう人もいます。

うまくいく人の多くは、他人から見るよりもはるかに多くの正確な「計算」をしてます。
先を見通す力を養っています。見えない苦労をたくさんしています。
特にビジネス(お金)に関しては、冷徹な目と冷酷なまでのシビアさ持っています。

ある程度うまくいって初めて、余裕のある発言ができるようになります。
他人の目に付くのは、そういうところなので、「ヘーエ、XXXってそんなに儲かるのかぁ」ということになるわけです。
例えば、エステサロンしかり、話題の楽天やライブドアのインターネットビジネスしかりです。

でも、実際は「うまく軌道にのる」までには、自分の計算を信じて、ひたすら「地に足をつけて」地道なことをやってきた人たちが多いのです。

プランをもっともっと具体的に煮詰めてください。
それをしないで、夢だけ大きいのでは、シロウトさんの領域をでることはできません。

投資については、具体的になってきましたか?

同じく大切なのは、売上、利益です。
投資とそれに見合う利益がないのなら、「事業としてはNG」。
「趣味」か、「ボランティア」です。

実際の仕事は、お客として店に行くだけでなく、No.1の方がおっしゃるようにその仕事をしないとわからないもんです。

例えば喫茶店、家賃とコーヒーの原価とテーブルがあればよいかというと、違いますよね。
夏はクーラ代(お客が居なくてもかかる)、雨が降れば掃除に倍も時間がかかります。
ランチタイムメニューを増やせば、客は入るが、材料のムダが多くなる。
近くにチェーン店ができれば、店の個性(技術)が必要になる。etc...etc...

そういうところを理解し、先読みできるかどうかなんです。

エステのような専門技能を売るお店では、技術がわからないと、仕事がわからない、仕事がわからないまま上手な経営はできないと思います。
1つの技術で「人に使われるまでに3年、人を使えるようになるには5年」が最低レベルではないかと思います。
逆に1年程度でマスターしてしまう程度の技術なら、その程度の仕事なのでしょうから、先にやってる人、後から来る人も含め、その中で儲かるのには、さらにもう一工夫必要ですね。

エステの中で数年働いて、仕事と、技術、必要な設備、準備、人件費含め経費がわかるとします。

では、いくら入ってくるのか?
---->これが一番大切なところの「読み」です。(No.3の方が書かれているとこ読み直してください)
リピータのお客さんは何人で、フリーの人は月何人くらい?会員制?毎回定料金?

毎月2万使ってくれる人が10人いて、初めて家賃が払える。
電気代にはあと3人、リネンや消耗品にはあと何人って感じで考えてみましょう。
初期投資は別として、開店後3ヶ月で収支トントンに持っていくには、何人の固定客が必要ですか?
それは、その場所・設備・ヒトで大丈夫ですか?

雇われても、ビジョンを持って、何年か働くとこういう計算がスンナリできるようになります。
5年も働いたら、あなたにお客さんがついてくることもあります。
都内ならあなたが開店したときに、少々離れても来てくれる可能性もあります。

自己資金でやるなら、挑戦して損はないです。
なにより、あなた自身の中身を充実できるから・・・・

たとえ貯金がゼロになっても、あなたの子供に「昔、事業を起こしたことがあるんだ」と言えるってことは、やった人しかわからない価値なのです。

(思うところいろいろ書きましたんで変なとこもあるかも・・・・)

プラス思考でがんばってください。

#そしたらどこかでまた、お会いできるような気がします。

投稿日時 - 2004-09-27 18:43:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

私は小さい会社の役員です。以前にも友人の起業の手伝いなどもしました。
起業に一番必要なことは「信念」と考えます。いくらお金を持っていても信念がなければ、絶対に成功しません。お金もうけだけが目的なら、一時期は儲かるかもしれませんが…。他の方も記載されているように、信念があればそれが通じて友人も本気で手伝ってくれるし、お金を融資してくれる人も現れるでしょう。
では信念ですが、「起業をしたい」「成功したい」これではダメです。エステサロンを通じてお客さまにどうやって貢献していくのか。それがお客さまや社会のためになるのか。それを心から信じることです。それがお客様に伝わってはじめて繁盛するのです。失礼な言い方かも知れませんが、起業する前から他の仕事を考えていては、どの仕事も失敗するでしょう。他の仕事は、エステサロンの現場を通じてもっと他の形でお客様を喜ばせたいと思ったときに、やればいいと思います。
●資金については可能なかぎり使う。逃げ道をつくってはダメ。たぶん最初はやらなければよかったと思う時も多いはずです。後戻りできない状況を作っておく。いやでも本気になります。
●まずその会社に関わるすべてのこと把握する必要があります。当然会計や税金などもです。しかし税理士が入るのであれば大枠を把握できればよいです
●エステの次にどんな仕事を起業したいのかわかりませんが、先に記載したようにやりたい仕事があれば自然とわかるはずですが…。どんな職種でも共通したこととしては、人材育成でしょうか。

正論のようなことばかり言っていてと思うかもしれませんが、事業を行なっていくにはほんとに重要です。これがなくても一時的に儲かる場合もありますが、決して長くは続きません。まずはこれを固めて、次に他の方がおっしゃっている収支等を具体的に詰めていく必要があります。
ただお金を儲けたいとか起業家になりたいだけなら、絶対にやめたほうがよいです。

投稿日時 - 2004-09-28 14:26:18

ANo.5

「エステ」のプロとしてご自分でもいろいろやるのですか?それとも「自分は経営者」で「技術はスタッフ任せ」なのですか?それも重要なところですね。

スキルアップなら賛否両論ではありますが私は「ナポレオンヒル」系のセミナーをおすすめしますね。あとネットワークビジネス系のグループのトップと親しくなるのもいいでしょう。月に7桁以上稼ぎ自らも複数の会社を持っている、ある意味立派な企業家ですよね。
文面を読む限りではそういった人たちとたくさん会って話を聞いてモチベーションを持続させるのがいいように思えます。私も「自らの師」と呼べる人がいて2年くらいお世話になりました。その人の出合ったおかげで今の仕事も見つかりましたし。結果としてその人の元から離れることになりましたが今でも尊敬している人ですね。やはりそういった存在の人も重要だと思います。

投稿日時 - 2004-09-25 16:08:14

ANo.4

もう少し情報が欲しいですね。
と申しますのも起業の前段階における勉強はされているようですが、
・業種特有知識・マーケティングに関する知識の部分で、見えない部分、
・人的な支援がどの程度期待できる状況か
が把握できないからです。

オペレーションは従業員に任せっきりで、新しいポートフォリオの形成されること(新事業探し)を考えておられるようですが、

サービス業での起業(シーズ期)で重要なのは、
・時間をかけた、従業員・協力者との人間関係の形成
・業種特性・地域特性に合ったマーケティング
・資金調達

が重要で有ると言えます。

これらを見る上での必要な情報が見えませんので、何とも申し上げようが御座いませんが、
私の顧問先などでも、上記3項目を固めず、時間的に焦り、企業存続の危機となっているパターンをよく目にしますのでご参考まで。

投稿日時 - 2004-09-25 15:28:03

ANo.3

1,000万ですか。頑張って貯められましたね。
これを生かすも殺すもあなた次第です。

まず成功したいとのお話ですが、毎日、新聞(特に日経)は読まれてますか?ビジネス雑誌を読まれていますか?またビジネスに必要な数字を把握されていますか?そして業界紙をくまなく眼を通しておられますか?自分から率先して営業活動をされた事ありますか?
まずはこれらがクリアされていれば始めてスタートです。

経営の基本は『入』『出』のバランスです。これをどう組み立てられるかが重要なポイントです。一番重要なところを他人に任せるなど以ての外です。相談されるのは良いですが・・・。

★シュミレーションしてみて下さい。

・まずは『出』から。店の維持費、従業員の給料、広告宣伝費、その他固定費など。

・ここから、では毎月、どれだけの『入』が必要なのか?
どれだけの会員を集めないといけないのか?
そのためにはどういう手段が必要なのか?
どういう広告媒体が有効なのか?それにはいくらかかるのか?

こういう風にどんどん詰めて考えていって下さい。
そうすれば自ずと必要な事が見えてきます。足りないことも。

また起業した以上、軌道に乗るまでは自分が一番エステシャンとして働いて下さい。1ヶ月で現場を捨てれば、先は自ずと見えています。

成功したどんな経営者の話を読んだり聞いても、軌道に乗るまでは昼夜を惜しんで働いています。そういう本読まれた事ありますか?

まずは、優秀な企業家、経営者の『思考』をしっかり身に付けて下さい。これにはまず本を読むこと、そして接する事ですね。

ちなみに起業家(自称も含め)の99%は失敗している事も念頭に置いて下さい。
健闘をお祈りします。

投稿日時 - 2004-09-25 00:18:06

ANo.2

1000万=起業=会社経営=オーナー社長=信頼できるスタッフがいる=次のプランに向かって充電
というストーリですね。

夢は果てしないですが、ホントにやるなら、地に足をつけること。
夢を夢で終わらせないための最低限の条件です。

エステサロン、どこに開店しますか?
そこは家賃はどれくらいで、どんな改装が必要ですか?
経費はどれくらいかかりますか?
顧客は何人くらい来そうですか?
1人あたりいくらくらい売上げさせてくれますか?
黒字かトントンにできますか?

「自信」だけじゃなく、それを一度、紙に書いてみましょう。

----------
>本当に成功したいのです!!

すごく矛盾してますが・・・

あなたのために協力を惜しまない友人とか、ここで見ず知らずの人に質問しているようなことを一緒に考えて行動してくれる仲間やパートナが必要です。

「オレ1000万使えるんだ」と言わなくても、やってくれるような関係です。
お金はその後でもいいかもしれませんし、人を雇うことなどは、さらにその先です。

投稿日時 - 2004-09-24 22:00:28

補足

回答有難うございます。補足させて頂きます。

エステサロンは都内に出店予定。
家賃は20万が理想的。
初月の始めに取れた申し込み件数は、あるサロンは2件というのを聞いたことあります。初月から黒字かトントンになるかは正直やってみないとわかりません。

言い忘れましたが、エステサロンの投下資金は450万です。
それ以外、広告宣伝費、内外装費と3ヶ月分の運転資金300万ぐらい必要だと思います。

ykkw2001さんのおっしゃる通り初月から「黒字かトントンか!?」が重要だと思います。サービス業は立地が命だから、私が知っているサロンも立地の良し悪しで1ヶ月目から黒になる場合もあるし3ヶ月経ってようやく黒になる場合もあると言っておりました。

「全財産が1000万しかなくて、450万の投下資金を使い商売するのは危険ですかね?」

すいません、もう一度回答お待ちしています。

投稿日時 - 2004-09-24 23:12:25

ANo.1

1.)1000万円は一円も投下資本に使ってはいけません。貯金してください。
2.)勉強は現場でして下さい、貴方がやりたいと思う会社に
ただでもいいからと雇ってもらう事です、
この場合の生活費は今の蓄えから使ってもやむをえません。
貴方が働けない仕事を起業する事は不可能です。
3.)現場の修行は最低三年必要です、石の上にも三年と言います。
一番肝心な事は貴方が他の経営者の信頼できるスタッフになる事は可能ですが
信頼できるスタッフを雇う事は不可能だと言う事です。
貴方が信頼できるスタッフになった時、賢明な経営者は資本を出してくれるでしょう。
残念ながらここで具体的に紹介する事は出来ません、
信念をもってここと思う扉を叩いてください。
貴方が誠実ならば開く扉はかならずあります。
繰り返しますが信頼できるスタッフを雇う事は不可能です。

投稿日時 - 2004-09-24 21:53:21

あなたにオススメの質問