こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高齢の親が、子の扶養家族になれる条件は?

高齢の親を持っている場合、
扶養家族になれる条件とはどのようなものでしょうか?
80歳くらいの母は、まだ元気で月3万ほどのパートもしています。
生計を一にしていますが、
今まで母の収入が多かったので扶養に入っていませんでした。

しかし、よく考えたらだんだん働く時間が短くなっているので、
実はもう扶養に入れる年収かもしれないのですが、
130万以下とか、185万とかいろいろな数字が出てきて
年収がいくら以下なら扶養に入れるのかよく分かりません。

(1)親の年収(老齢年金+パート代)がいくら以下であれば
 子の扶養に入れるのでしょうか?

(2)また、もし扶養に入った場合、
 メリットは子の所得税控除のみになりますか?

(3)他に、社会保険の面でのメリットはありますか?
 (80歳なので、後期高齢者医療保険だと、健康保険は関係ないですよね?)

詳しい方、教えていただけると助かります!

投稿日時 - 2011-12-13 19:48:35

QNo.7188070

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>(1)親の年収(老齢年金+パート代)がいくら以下であれば 子の扶養に入れるのでしょうか?
扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
130万円とか180万円は、健康保険の扶養のことです。
お母様は、「後期高齢者医療」に該当なので、健康保険の扶養は関係ありません。

税金上の扶養は、「所得」が38万円以下であることが必要です。
年金の所得は、「年金収入」から120万円を引いた額が「所得」です。
給与所得(パート)は、「収入」から65万円を引いた額が「所得」なのでその収入なら0円です。
なので、年金の「所得」が38万円以下(年金の受給額が158万円以下)なら、扶養にでき控除を受けることができます。
同居なら、所得税で58万円の控除です。

>(2)また、もし扶養に入った場合、 メリットは子の所得税控除のみになりますか?
そのとおりです。

>(3)他に、社会保険の面でのメリットはありますか?
ありません。
前に書いたとおりです。

投稿日時 - 2011-12-13 20:31:18

お礼

分かりやすい計算までありがとうございます!
さっそく確認してみようと思います。

投稿日時 - 2011-12-14 10:34:02

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

No.2です。

追加です。

メリットとして、
貴方の会社で「家族手当、扶養手当」の支給規則があれば、お母様を扶養にすることで手当がもらえるということがあるかもしれません。
それは、会社で確認されることをおすすめします。

投稿日時 - 2011-12-13 20:35:19

ANo.1

 質問者の方がどのような福利組合に入っておられるかで変わってきます

 公務員共済の例を貼り付けておきます。直接にはご自分のお勤め先の福利組合にお尋ね下さい。

http://www.kyousai-niigata.jp/shikumi/7.html

投稿日時 - 2011-12-13 20:11:09

お礼

情報ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2011-12-14 10:34:39