こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ラグビーでボールを拾わない一瞬の静止状態は、何で?

 最近ラグビーのワールドカップをテレビで見ています。以前から好きだったのですが今一ルールが分かりません。ルールサイトを覗いてもよく分かりません。教えてください。
 敵味方入り乱れて倒れている状態で、ボールはその中にあります。その内ボールが出てきました。テレビで見ている私からはボールが見えます。多分両陣営の競技者も見えていると思うのですが、すぐにはボールを拾わないし、奪いにも行きません。
何故なんでしょうか。例えばサッカーで言うオフサイドみたいに”このラインからは出てはならない”なんていうことのような気もするのですが。それとも相手権利?のボールの場合、相手がボールを拾わないうちは動いてはいけないとか?
はっきりしません。教えてください。

投稿日時 - 2011-09-17 21:47:37

QNo.7017619

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私は競技経験のないただのファンです。
ただ,ラグビー観戦歴は長いですし,
母校は花園に連続出場してる学校だったので,
冬の体育の授業はラグビーばっかりでした。


ご質問のプレーは,ラックという状態です。
ラックとは,地面にあるボールを敵味方の両方の選手が体を密着させて奪い合うプレーです。

ラグビーは,ご存じの通り,オフサイドという反則があります。
ラグビーで言うオフサイドは,
その位置にいる選手はプレーに参加できず,参加すれば反則となります。

ラックの中でのオフサイドラインは,両チームの最後尾の選手の足のラインです。
だから,ラックに参加するためには,自陣側のオフサイドラインより後,
つまり,密集の後から入るしかないわけです。
密集の横から入った場合は,オフサイドの反則となります。
ましてや,直接ボールにはアプローチできません。

ちなみに,ラックに参加せずとも,ラックの横(オフサイドポジション)にいた選手が,
ラックからボールが出たと同時にプレーに参加することもオフサイドです。

ですから,ディフェンスの選手は,ラックの状態の時には,
オフェンス側がボールをラックから出してラックの状態が終了するまでは,
オフサイドラインより後で待つ必要があります。

オフェンス側は,相手の陣形を見ながら,自分たちのポジション取りをします。
そして,タイミングを計って,ボールを出します。

質問者さんが言われているのは,この状態なわけです。
ですから,質問者さんの理解で,ほぼ正解です。



余談ですが,
かつての自分にとっても,ラックは理解が難しかったです。
ラグビーは難しいと,一般の人に思われているのも,この辺の影響が大きいのでしょうね。

意図的ではなくラックからボールが出なかった場合,
直前に前進していたチームのボールでスクラムになり,
どちらのチームも前進していなかった場合は,攻撃側ボールのスクラムで再開です。

ちなみに,オフサイド以外でラックで犯しやすい反則に,
オーバーザトップ(ボールの前方に倒れ込んで相手側にボールが出るのを妨げること)
ノットロールアウェイ(タックルした選手が速やかにボールから離れずにいること)
ノットリリースザボール(タックルされた選手が速やかにボールを放さないこと)
ラッキング(ラックに飛びかかったり,ラックを故意に崩そうとすること)
ハンド(ラック内のボールを手で扱うこと)
などがあります。

ただ,テレビで見ていても,どちらが前進していたかとか,
どちらが反則を犯したかと言うことは,
なかなかわかりにくいです。
スタジアムならなおさら。
だから,結局はレフリー次第ですね。



さらに余談。(笑)
せっかくW杯があって,ジャパンも頑張っているのに,
イマイチ世間の認知度が低いです。

2019年には,日本でW杯が開催されるというのに,
寂しい限りです。

質問者さんや私のような,プレー経験はなくとも観戦するのは好きという人が
少しでも増えたら良いと思います。

それには,まず,カナダとトンガに勝たなければいけませんね。

協会はじめ,関係者の方々は普及に力を入れているとは思いますが,
さらなる取り組みで,ラグビーを盛り上げて欲しいです。
理解できたら,本当に魅力的なスポーツなので。
(それまでのハードルが…)

みんなでスクラムを組みましょう。(笑)

投稿日時 - 2011-09-17 22:56:04

補足

>ハンド(ラック内のボールを手で扱うこと)
ラック内のボールを手で扱えないなんて初めて知りました。
本当に詳しいご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-17 23:29:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

例えばサッカーで言うオフサイドみたいに”このラインからは出てはならない”なんていうことのような気もするのですが。

ラクビーもオフサイドがありますよ。「ボールを持っているプレーヤーより前にいるプレーヤーは、プレーに参加することが禁じられています。ボールに触れることはもちろん、ボールより前で相手チームの妨害をしたりすることも禁止されています。このように、ボールのある位置より前からプレーに参加した場合の反則を言い、相手チームにペナルティキックが与えられます」

すぐにはボールを拾わないし、奪いにも行きません。

オフサイドエリアにいる選手はプレーしてはいけないので動けないのですね。

投稿日時 - 2011-09-17 23:00:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-